40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

お腹の中の赤ちゃんが、アトピーを発症?継世代毒性の怖さ

      2018/12/17

1x1.trans お腹の中の赤ちゃんが、アトピーを発症?継世代毒性の怖さ

ダイオキシンに代表される「環境ホルモン」は、直接経皮吸収した人だけでなく、母親から胎児へと受け継がれてしまうのが怖いところです。

この数十年で婦人病が増えたのもそれを象徴しているようですが、乳幼児のアトピーが増えていることも気になるところです。どのように考えられているのでしょうか?

先天的な免疫機能異常が増えている

先天的というのは、生まれつきという意味合いですね。

先天的に免疫機能が異常、つまりアレルギーやアトピーの素因をもって生まれてくる赤ちゃんが増えているということです。

幼児の6人に1人はアトピー性皮膚炎を発症しているとも言われていて、大人になってからその他のアレルギー症やアトピーになって苦しむ人もいるのです。

どうして先天的な免疫機能異常が増えてしまったのでしょうか?

継世代毒性による免疫異常

1x1.trans お腹の中の赤ちゃんが、アトピーを発症?継世代毒性の怖さ

アレルギーには、アトピー性皮膚炎だけでなく、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息などがあります。

アレルギー疾患は、特に皮膚に湿疹ができる皮膚炎の症例が多く、一度発症してしまうと皮膚の抵抗力が極端に低くなってしまいます。

これは胎児の時に母親から継世代毒性によって化学物質におかされ、なんとお腹の中でアトピー性皮膚炎を発症して、皮膚が真っ赤になって生まれる赤ちゃんもいるのだとか。

一度発症すると、治療には長い年月がかかります。大切な赤ちゃんにアレルギーを受け継がせないためにも、日頃から日用品には気をつけたいですね。

継世代毒性を断ち切るには

1x1.trans お腹の中の赤ちゃんが、アトピーを発症?継世代毒性の怖さ

特にこれから子どもを生む女性は、できるだけ早い段階で今使っている日用品を見直し、合成界面活性剤が使用されていないものに変えましょう。

環境ホルモンは、一度体内に入ると排出されにくく、身体に溜まりやすい性質があります。つまり、できるだけ入れないようにするのが早道なのです。

自分にアレルギーはなくても、体内に経皮毒が溜まっている可能性は十分にありますから、日用品の見直しをしてみてくださいね。

母親にアレルギーはでなくても、赤ちゃんに出てしまうのは、継世代毒性なのかもしれませんね。
知ることは本当に大切です。

175

 - アレルギー , , , ,

『お腹の中の赤ちゃんが、アトピーを発症?継世代毒性の怖さ』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

現代の大人は胎児期に汚染の影響を受けている?
現代の大人は胎児期に汚染の影響を受けている?

高度経済成長期の日本、つまり今から30〜40年ほど前は、現在の中国のように大気汚 …

アレルギー反応って何?どうして起こるの?
アレルギー反応って何?どうして起こるの?

最近は小さな子どもから大人まで、アレルギーを訴える人が増えました。現代は、弱肌・ …

bi_079_01
衣類や手袋からも経皮毒?!アレルギーの原因となることも

なんと、私たちの着る洋服や、ゴムの手袋にも経皮毒の危険が潜んでいるというのです。 …

危険物質から、あなたの大切な赤ちゃんを守ろう
危険な日用品から赤ちゃんを守るために知っておきたいこと2

危険物質から、あなたの大切な赤ちゃんを守ろう!② お母さん達にとって、赤ちゃんは …