40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

危険な日用品から赤ちゃんを守るために知っておきたいこと2

      2016/11/16

1x1.trans 危険な日用品から赤ちゃんを守るために知っておきたいこと2

危険物質から、あなたの大切な赤ちゃんを守ろう!②

お母さん達にとって、赤ちゃんは天使のような存在。たっぷりと愛情を注ぎ、慈しみ、手をかけて育て、成長していく我が子の姿を見るのは、とても嬉しいことです。けれど、赤ちゃんを世話するのに使う製品に危険な物質が含まれていて、我が子に害を及ぼしたら。。。こんなに悲しいことはありません。今回は、前回に引き続き、ベビーケア製品にも含まれる、身体に害を及ぼす危険物質についてご紹介します。

 

保存料・防腐剤に使われるパラベンに注意を

前回紹介した発ガン物質とは別に、深刻な問題があるのが、パラベン類という保存料のグループです。シャンプーや化粧品に昔から使われている保存料、防腐剤です。10年間の膨大な数の研究から、パラベンが弱いながらも、エストロゲン(女性ホルモンの一つ)作用をもつことが分かってきました。

エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれ卵巣内細胞より分泌され女性らしさを作るホルモンです。エストロゲンは乳がんの進行に影響を与えることが分かっております。

保存料や防腐剤として使われているパラベンが、女性らしさをつくるエストロゲンと似た作用があるという事が研究により分かり、乳がん患者の乳房にパラベンが蓄積されていたという報告もあります。化粧品に使用されているパラベンが皮膚より吸収されてしまった事が原因とされており、「経皮毒」とよばれています。

また、実験でオスの子どものマウスの皮膚に塗ったところ、ホルモン作用の異常が生じたそうです。その結果、男性ホルモンのテストステロン濃度が減り、泌尿器の異常をきたすといった実験結果も発表されています。

1x1.trans 危険な日用品から赤ちゃんを守るために知っておきたいこと2

近年問題の「経皮毒」

こうした、皮膚から化学物質が吸収される「経皮毒」は問題になっており、著書、インターネットなどで見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。現在、特に日本では「経皮毒」が直接的な病気の原因だという結び付けが難しいようですが、研究結果、ヨーロッパでの規制などを考えると成分を明確にするメーカーの商品を使いたいですよね。

「経皮毒」についての研究結果もどんどん出てきていますので、今後は「経皮毒」についてもじっくり書きますね。素肌に使うものだから、きちんと判った上で使用したいですものね。

 

1x1.trans 危険な日用品から赤ちゃんを守るために知っておきたいこと2

14

 - アレルギー, ベビー用品, 発ガン物質

『危険な日用品から赤ちゃんを守るために知っておきたいこと2』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

日用品に潜むガンの危険?!具体的な発がん性物質とは?
日用品に潜むガンの危険?!具体的な発がん性物質とは?

洗剤や化粧品には、添加剤がたくさん配合されていますが、その中には発がん性を指摘さ …

ベビー用品にもちょっと待った!経皮毒の可能性
ベビー用品にもちょっと待った!経皮毒の可能性

ベビー用品に限らず「弱酸性」「低刺激」という文言を信じ切っていませんか? ベビー …

危険物質から、あなたの大切な赤ちゃんを守ろう
危険な日用品から赤ちゃんを守るために知っておきたいこと3

危険物質から、あなたの大切な赤ちゃんを守ろう!③ 当たり前に使っていた商品に有害 …

アレルギー反応って何?どうして起こるの?
アレルギー反応って何?どうして起こるの?

最近は小さな子どもから大人まで、アレルギーを訴える人が増えました。現代は、弱肌・ …

bi_079_01
衣類や手袋からも経皮毒?!アレルギーの原因となることも

なんと、私たちの着る洋服や、ゴムの手袋にも経皮毒の危険が潜んでいるというのです。 …

化粧品やパーソナルケア製品の発ガンリスクを知っていますか?
化粧品やパーソナルケア製品の発ガンリスクを知っていますか?

様々な化粧品やパーソナルケア製品に、合計70種類もの発ガン性が疑われる物質が?? …

危険物質から、あなたの大切な赤ちゃんを守ろう
危険な日用品から赤ちゃんを守るために知っておきたいこと4

危険物質から、あなたの大切な赤ちゃんを守ろう!④ 赤ちゃんにも使われる製品を通し …

現代の大人は胎児期に汚染の影響を受けている?
現代の大人は胎児期に汚染の影響を受けている?

高度経済成長期の日本、つまり今から30〜40年ほど前は、現在の中国のように大気汚 …

危険物質から、あなたの大切な赤ちゃんを守ろう!
危険な日用品から赤ちゃんを守るために知っておきたいこと1

危険物質から、あなたの大切な赤ちゃんを守ろう!① 赤ちゃんが生まれると、お母さん …

お腹の中の赤ちゃんが、アトピーを発症?継世代毒性の怖さ
お腹の中の赤ちゃんが、アトピーを発症?継世代毒性の怖さ

ダイオキシンに代表される「環境ホルモン」は、直接経皮吸収した人だけでなく、母親か …