40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

現代の大人は胎児期に汚染の影響を受けている?

      2016/11/16

1x1.trans 現代の大人は胎児期に汚染の影響を受けている?

高度経済成長期の日本、つまり今から30〜40年ほど前は、現在の中国のように大気汚染真っ最中。

ダイオキシン汚染もピークでした。その当時に生を受けた人が、今は次の世代を産み育てています。

では、胎児の頃に受けた影響はどう連鎖しているのでしょうか?生まれながらにして汚染の影響を受けている可能性を示唆します。

胎児期に汚染の影響を受けた現代の大人たち

1x1.trans 現代の大人は胎児期に汚染の影響を受けている?

少子化が問題となって久しいですが、単に生活水準の問題だけでなく、精子や卵子の数が減り、原因不明の婦人病が劇的に増えていることも、少子化の一端にはあります。

母親のお腹にいた、最も危うい胎児期に有害な化学物質の影響を受けたからではないか、という考えがあります。
現代の大人たちは、知らないうちにリスクを背負って生まれてきたのです。

特に婦人病は発症の増加と若年齢化が目立って増えており、やはり胎児のときの影響が原因ではないかと言われています。

悪い要素を引き継いでしまう?

1x1.trans 現代の大人は胎児期に汚染の影響を受けている?
現代の大人たちが初代だとしましょう。その子どもたち、孫たちはどうなっていくのでしょうか?

心配されているのは、有害化学物質の影響を受けた世代から生まれた子どもたちは、不安要素を引き継ぐのではないかということです。

有害化学物質は身体に蓄積されやすい話は以前にもしましたが、生まれた時に影響を受け、生活の中でも有害化学物質に囲まれています。

蓄積をくり返した母親から、さらに赤ちゃんが生まれると……、この赤ちゃんも生まれながらにして有害化学物質の影響を受けていることになってしまいますね。

このような悪循環は、どのようにしたら断ち切れるのでしょうか?

アトピーやアレルギーが増えているワケ

環境ホルモンは、免疫力を低下させると言われています。

そして先天性アトピーの子どもは、生まれつき免疫機能が不全だとされています。

この事実から、環境ホルモンの影響を疑わざるを得ませんね。今やアトピーやアレルギーは、幼児の8割近くいると言われており、有害化学物質の影響を受けた母親から生まれた子どもたちも、引き継いで影響を受けていると言えるのではないでしょうか。

有害化学物質の悪循環から逃れる方法はないのでしょうか?
生まれながらに受けた影響だから仕方ないとあきらめず、次の世代のためにも不安要素を取り除きましょう。

参考文献:女性を悩ませる経皮毒

67

 - アレルギー, ダイオキシン, 婦人病 , , , ,

『現代の大人は胎児期に汚染の影響を受けている?』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

毎日使う日用品が変わった!どんなものが身体に優しいの?
婦人病が増加している背景とは?③快適・便利な日用品

生活環境の劇的な変化が、現代の女性たちの婦人病を増やす原因になっているのではない …

女性の卵子は胎児期に一番多い?早発閉経の原因とは?
女性の卵子は胎児期に一番多い?早発閉経の原因とは?

最近取り沙汰されている生殖異常。男性の精子減少や女性の婦人病増加も、問題視されて …

母乳からダイオキシンが検出された?!【PART2】
母乳からダイオキシンが検出された?!【PART2】

前回、母乳から環境ホルモンであるダイオキシンが検出されたという衝撃的な記事をご紹 …

危険物質から、あなたの大切な赤ちゃんを守ろう
危険な日用品から赤ちゃんを守るために知っておきたいこと2

危険物質から、あなたの大切な赤ちゃんを守ろう!② お母さん達にとって、赤ちゃんは …

アレルギー反応って何?どうして起こるの?
アレルギー反応って何?どうして起こるの?

最近は小さな子どもから大人まで、アレルギーを訴える人が増えました。現代は、弱肌・ …

bi_077_01
ダイオキシンが母乳から!赤ちゃんの危機

20年前、日本人女性の母乳から欧米諸国のなんと100〜200倍に相当するダイオキ …

婦人科を受診するのは勇気がいる?早期発見が重要なカギ!
婦人病が増加している背景とは?①

婦人科系の病気は、年々増えており、しかも10代等、年齢が若いうちから発症すること …

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】
婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】

PART1でご紹介したように、経皮毒の危険性は得体が知れないだけに、知らないうち …

シャンプーで婦人病に?!本当は怖い、シャンプーの話 
シャンプーで婦人病に?!本当は怖い、シャンプーの話

数十年の間に、子宮内膜症や子宮筋腫の若年化が進んでいます。これは、昔はほとんどな …

bi_079_01
衣類や手袋からも経皮毒?!アレルギーの原因となることも

なんと、私たちの着る洋服や、ゴムの手袋にも経皮毒の危険が潜んでいるというのです。 …