40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

シャンプーで婦人病に?!本当は怖い、シャンプーの話

   

1x1.trans シャンプーで婦人病に?!本当は怖い、シャンプーの話

数十年の間に、子宮内膜症や子宮筋腫の若年化が進んでいます。これは、昔はほとんどなかったことですが、確実に10代での発症率が増えているのです。

しかも急激に!全国で治療を受けているだけで12万人もの子宮内膜症の人がいて、病気に気付いていない人はもっといると見られています。

その原因のひとつがシャンプーだったら……。一体どういうことか、ご紹介しましょう。

シャンプーに含まれる環境ホルモン

合成界面活性剤が皮膚バリアを破壊し、有害な化学物質が皮膚から浸入します。その有害な物質の中には「環境ホルモン」も含まれているのです。

環境ホルモンは「内分泌かく乱物質」が正式な呼称であることからも、体内のホルモンを乱すものだということは、容易に想像がつきますね。

これは女性ホルモン「エストロゲン」に似たはたらきをし、すでに動物では環境ホルモンが雌化を引き起こしていると実証されているのです。

●妊娠中の胎児に与える影響

1x1.trans シャンプーで婦人病に?!本当は怖い、シャンプーの話

また、最近増えているのが、不妊症、早期出産、奇形児出産、死産など出産にまつわる事故です。

これらの出産事故が増えている原因として、環境ホルモンが少なからず影響していると考えている研究者や産婦人科のドクターも多くいます。

彼らは、実体験として間近で出産事故を目撃し、身をもってそう感じているのです。生まれてくる赤ちゃんに、先天性の障害が多いのも最近の傾向です。

これから妊娠〜出産を考えている女性はとくに、シャンプー・リンスから見直してみてはいかがでしょうか。

実際に、シャンプーを変えたら子宮内膜症が軽くなったという体験談も報告されています。

●今すぐにできる、予防策

1x1.trans シャンプーで婦人病に?!本当は怖い、シャンプーの話

何度も言いますが、日用品、特にシャンプー・リンスを見直してください。

合成界面活性剤や有害化学物質が含まれていませんか?パッケージに成分表が表示してありますので、自分の目で1度確認してみましょう。

ややこしいカタカナがたくさん出てくるので、面倒に思いますが、毎日使い続けることで、毒はどんどん体内に蓄積されてしまいます。

今すぐできることですから、トライしてみてくださいね!

シャンプーを安全なものに変えることは、婦人病の予防や未来の赤ちゃんに対する思いやりでもあるのですね!

「今大丈夫だから問題ない」のではなく、毎日蓄積しています。いつか臨界点に達するその前に、危険は遠ざけておきましょう。

参考書籍-「経皮毒」竹内 久米司(著), 稲津 教久 (著)

71

 - シャンプー, 婦人病 , ,

『シャンプーで婦人病に?!本当は怖い、シャンプーの話』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

女性の卵子は胎児期に一番多い?早発閉経の原因とは?
女性の卵子は胎児期に一番多い?早発閉経の原因とは?

最近取り沙汰されている生殖異常。男性の精子減少や女性の婦人病増加も、問題視されて …

現代の大人は胎児期に汚染の影響を受けている?
現代の大人は胎児期に汚染の影響を受けている?

高度経済成長期の日本、つまり今から30〜40年ほど前は、現在の中国のように大気汚 …

婦人科を受診するのは勇気がいる?早期発見が重要なカギ!
婦人病が増加している背景とは?①

婦人科系の病気は、年々増えており、しかも10代等、年齢が若いうちから発症すること …

安全なシャンプーって結局どんなシャンプー?
安全なシャンプーって結局どんなシャンプー?

合成界面活性剤がよくない、洗いすぎはよくないと、よくない情報はよく見かけるけど、 …

シャンプーが婦人病の原因に?
シャンプーから毒が入っていくる?

経皮毒とは、皮膚から有害化学物質を吸収してしまうことです。やっかいなことに、痛み …

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?
婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART1】

皮膚から有毒な化学物質が吸収されてしまうことを「経皮毒」と呼んでいますが、この経 …

シャンプーは経皮吸収されやすいってホント?!
シャンプーは経皮吸収されやすいってホント?!

日本では、ほとんどの女性が毎日髪を洗っていますね。 特に若い頃は1日2回シャンプ …

硫酸系やアミノ酸系シャンプーで起こるアレルギーとは?
硫酸系やアミノ酸系シャンプーで起こるアレルギーとは?

硫酸系洗浄剤がお肌に悪いことは、よく知られるようになってきました。 しかし、お肌 …

毎日使う日用品が変わった!どんなものが身体に優しいの?
婦人病が増加している背景とは?③快適・便利な日用品

生活環境の劇的な変化が、現代の女性たちの婦人病を増やす原因になっているのではない …

女性の社会進出と婦人病の増加の関係性とは?
婦人病が増加している背景とは?④女性の社会進出

またまたショッキングなタイトルですが、女性の社会進出が本当の意味で普通になったの …