40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】

      2016/11/16

1x1.trans 婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】
PART1でご紹介したように、経皮毒の危険性は得体が知れないだけに、知らないうちにじわじわとわたしたちを蝕んでいきます。では、今回は月経異常から見る婦人病について見ていきましょう。

生理痛は身体からの警告?!

1x1.trans 婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】
女性の多くが生理痛や月経不順に悩まされています。何が原因なのでしょうか?複雑化した社会で女性の活躍の場が広がりましたが、それによってストレスが増えていることもあるでしょう。

多忙なための不規則な生活や、食生活の乱れ、現代生活での冷えなどが挙げられます。

正常な状態ならば、月経に痛みは起こらないものなので、生理痛がひどい人は、身体が何かメッセージを送っているのかもしれません。

環境ホルモンも月経痛を引き起こす?

1x1.trans 婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】
内分泌かく乱作用があるとして有名になった環境ホルモンは、経皮毒などによって知らないうちに体内に忍び込んでいます。

もしかしたら、これらが蓄積したため、月経痛や月経不順が起こっているかもしれません。体内に溜まってしまった有害化学物質は、免疫機能を弱め、性ホルモンの分泌をかく乱し、女性に本来備わっている月経の周期を乱すと考えられているのです。

どうすれば、婦人病を予防できるの?

洗剤や化粧品など、経皮毒を疑われる日用品を見直し、工夫したら月経痛が軽くなったという例があるそうです。

このように、高い意識を持って身近なところから対策をしていくことで、かなり予防できることがわかりますね。

また、あまりにもひどい月経痛や月経不順は、子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣のう腫などの婦人病を併発している可能性もあります。もし以前より悪化したり、異常に痛んだりする場合は、婦人科を受診しましょう。

いかがでしたか?“知らないうちに忍び寄る”のが恐ろしい経皮毒ですが、ちょっとした知識と工夫で予防することができます。特に女性は、次世代に影響を与えることになりますので、しっかり予防したいですね!

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART1】 

50

 - 婦人病, 経皮毒 , , , ,

『婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

現代の大人は胎児期に汚染の影響を受けている?
現代の大人は胎児期に汚染の影響を受けている?

高度経済成長期の日本、つまり今から30〜40年ほど前は、現在の中国のように大気汚 …

婦人病の原因は、母親から受け継いだ有害物質かも?!
婦人病の原因は、母親から受け継いだ有害物質かも?!

  妊活中、妊娠中の方にぜひ知っておいていただきたいことがあります。そ …

0代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化
30代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化

性の早熟化と同じように、閉経や更年期障害にも若年化が進んでいます。 早くに生理が …

bi_081_01
現代人に見られる異常は「継世代毒性」?

母親から子どもへ引き継がれてしまう毒性は、孫の代にまで及んでいます。 特に環境ホ …

シャンプーは経皮吸収されやすいってホント?!
シャンプーは経皮吸収されやすいってホント?!

日本では、ほとんどの女性が毎日髪を洗っていますね。 特に若い頃は1日2回シャンプ …

乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。
乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。

環境ホルモンが、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持っていることは、何度もご …

経皮毒は体内に長く残留する!毎日使う日用品の危険
経皮毒は体内に長く残留する!毎日使う日用品の危険

強力な皮膚バリアーを打ち破り、経皮毒は容赦なく体内に侵入してきます。 日用品であ …

あなたの経費毒危険度チェック!日頃どのくらい意識している?
あなたの経費毒危険度チェック!日頃どのくらい意識している?

あなたは普段の生活で、どのくらい経費毒の危険を意識しているでしょうか?決して神経 …

経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?
経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?①

「内分泌攪乱(かくらん)物質」と呼ばれる環境ホルモンは、私たちの身近な製品や食品 …

日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?②
日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?②

経皮毒とは、皮膚から有害物質が吸収されてしまうことですが、身体の場所によってその …