40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?②

      2016/11/16

前回は、私たちの体内に化学物質が取り込まれる3つのパターンをご紹介しました。この経路によって、解毒できる割合が違うことはご存知でしたか?体内に入り込んだ化学物質がどうなるのか、見ていきながら、安全性を確かめましょう。

 

体内に入り込んだ化学物質は、どのように排出される?

1x1.trans 経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?②

有害化学物質が体内に侵入する経路は

1.経口吸収

2.吸入(呼吸)

3.経皮吸収

の3つがあります。

 

取り込む量が一番多いのは食べ物や飲料水による「経口吸収」ですが、これは、消化器、肝臓を通った後に血液やリンパ液に流れていくので、尿、糞便、汗や唾液、呼気などに混じって排出されてしまいます。特に肝臓で90%以上が解毒されると言われており、すごい機能と感心すると共に、有害物質を取り込んでしまうと、それだけ肝臓に負担をかけていることを知ることができます。

 

吸入や経皮吸収した毒の排出は?

1x1.trans 経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?②

この2つの経路で入り込んできた化学物質は、消化器も肝臓も通らず、直接血液やリンパ液に取り込まれてしまうので、危険性が高いと言われています。

まず血液やリンパ液に取り込まれた後、各臓器に運ばれるため、毒素が全身に周り、蓄積される可能性が高いのです。

大気汚染や環境が原因である吸入は、吸い込まないように防御するしかありませんが、皮膚から浸入する経皮吸収は、自分が使う日用品を見直すことで、防ぐことができます。

普段使用しているシャンプーや化粧品など、有害な化学物質が使われていないか、気をつけたいですね!

 

1x1.trans 経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?②

有害物質が侵入するのは、ほとんど口にするものからが多いと思いますが、実は侵入した化学物質が、排出されにくく、体内に蓄積しやすいのは経皮吸収だということがわかりますね。

あまり認識されていない経皮吸収ですが、人の身体にとっては、食べ物よりもずっと防御作用が弱いのですね。もっと慎重に、ヘアケアやスキンケア用品を選らんだ方が良さそうです。

23

 - 経皮毒 , ,

『経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?②』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】
婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】

PART1でご紹介したように、経皮毒の危険性は得体が知れないだけに、知らないうち …

bi_089_01
薬に経皮毒物質?必ずある副作用と化学物質に注意!

病院で処方される薬、何の疑いもなく飲んでいませんか? もちろん生活や命を脅かす症 …

シャンプーが婦人病の原因に?
シャンプーから毒が入っていくる?

経皮毒とは、皮膚から有害化学物質を吸収してしまうことです。やっかいなことに、痛み …

あなたの経費毒危険度チェック!日頃どのくらい意識している?
あなたの経費毒危険度チェック!日頃どのくらい意識している?

あなたは普段の生活で、どのくらい経費毒の危険を意識しているでしょうか?決して神経 …

経皮毒をうけないための、安全な使い方を考えよう!
経皮毒をうけないための、安全な使い方を考えよう!

経皮毒の影響は、計り知れないほど深くて怖いことがわかってきました。では、わたした …

bi_076_01
プラスチックに潜む、経皮毒の危険性

もはやプラスチックなしの生活は考えられないというくらい、わたしたちの生活はプラス …

更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性
更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性

平均年齢で起こってもいろいろな症状を引き起こす閉経ですが、それが若年で起こればそ …

スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ
スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ

米国生殖生理学会評議員や日本薬理学会学術評議員など歴任する稲津教久氏は、数々の著 …

日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?
日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?①

皮膚から有害物質が吸収されてしまうという経皮毒。身体の部位によって、吸収率が違う …

日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?②
日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?②

経皮毒とは、皮膚から有害物質が吸収されてしまうことですが、身体の場所によってその …