40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?

      2016/11/16

1x1.trans 性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?
世界的に見て、婦人病が増えているのは明確ですが、特に気になるのは性の早熟化です。

「最近の子どもは発育が良い」と喜んでいる場合ではありません。胎児の成長過程のどこかで、環境ホルモンの影響を受けたことが原因ではないかと指摘している人もいるのです。

では、女性の月経異常についてご紹介しましょう。

正常な初潮とは?

1x1.trans 性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?
はじめての月経を迎えることを初潮と言いますが、何が通常か明確にしておきましょう。

  • 平均12歳ではじまる
  • 10歳より以前にはじまると「早発月経」
  • 15歳以降にはじまると「遅発月経」
  • 18歳以上ではじまらないと「原発性無月経」

こうして見てみると、以外に正常の範囲は狭いように感じますね。では、中でも性の早熟化についてみていきましょう。

早発月経でおこる不具合

1x1.trans 性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?
どうして早発月経がよくないのでしょう?
それは、通常月経開始時期に見られる乳房の発育や陰毛の発生などの二次性徴が早く起こり、身長が急激に伸び始める時期が通常より早くやってきます。

すると、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌がはじまり、その作用で骨の成長が阻止されて、身長が伸びずに低身長となってしまうのです。

小学校低学年の時は大きかったのに、高学年から他に追い抜かれ、中学生になった頃にはすっかり小さい方…という子がいませんでしたか?

その子は大抵発達がよく、生理も早く始まった子です。このように、性の早熟化は、身体の成長を止めてしまう可能性があるのです。

原発性無月経について

性の早熟化とは違いますが、18歳を過ぎても月経がはじまらない場合は、

  • 性染色体異常
  • 先天的異常(子宮や卵巣がないなど)
  • 視床下部や脳下垂体の異常
  • 卵巣の異常

などが考えられるので、早く婦人科を受診しましょう。早期治療がカギとなります。

いずれにしても、胎児期になんらかの環境ホルモンの影響を受けた可能性は否定できません。もし将来子どもを望む場合やその子どもの将来を考えたら、なるべく有害物質から遠ざかる生活を目指したいですね!

52

 - 環境ホルモン, 経皮毒 , , ,

『性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!
消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!

どんなに経皮毒に気をつけても、呼吸することで入ってくる大気汚染や、すべての生き物 …

人間にもあてはまる?世界各地の野生動物に生殖異常?!
人間にもあてはまる?世界各地の野生動物に生殖異常?!

わたしたちの身体は、ホルモンが分泌されることによって、身体の代謝や神経伝達など生 …

これだけは知っておきたい!代表的な環境ホルモン~PART3~
これだけは知っておきたい!代表的な環境ホルモン~PART3~

知らないうちに、忍び寄る環境ホルモンの影響。病気になってから後悔しても遅いのです …

食物連鎖のトップは人間。濃縮汚染から守るためには
食物連鎖のトップは人間。濃縮汚染から守るためには

食べ物には気をつけていても、知らず知らず汚染されたものを口にしていることがありま …

子宮内膜症の治療ってどんなことをするの?
子宮内膜症の治療ってどんなことをするの?

急増している婦人科の病気に「子宮内膜症」がありますが、生理痛が異常にひどいなど月 …

入浴時には経皮毒の危険がいっぱい!気をつけたいこと5点
入浴時には経皮毒の危険がいっぱい!気をつけたいこと5点

経皮毒を吸収しやすい部位があることは、以前にご紹介しました。それだけではなく、経 …

経費毒を身体の外に追い出すには、どうしたらいいの?
経費毒を身体の外に追い出すには、どうしたらいいの?

どんなに気を使って生活しても、現代の日本に住む限り、100%経費毒を排除すること …

bi_078_01
アメリカ五大湖汚染は、人へも影響している?その影響とは?

「奪われし未来」を書いたシーア・コルボーン氏は、アメリカ五大湖に生息する野生動物 …

ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?
ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?

経皮毒(皮膚から有害物質が浸透して蓄積すること)の危険性は、毎日使う「洗浄」する …

bi_081_01
現代人に見られる異常は「継世代毒性」?

母親から子どもへ引き継がれてしまう毒性は、孫の代にまで及んでいます。 特に環境ホ …