40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART2】

   

1x1.trans 胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART2】

さて、PART1で述べたように、性分化の時期をすぎても、胎児はまだまだ危険にさらされています。

その理由は大きく4つもあり、過去の環境ホルモン汚染問題と無関係とは思えない障がいが増えているのです。

赤ちゃんはどうして影響を受けやすいのでしょうか。

胎児が化学物質の影響を受けやすいのは?

いわゆる「安定期」に入った赤ちゃんでも、胎児が化学物質の影響を受けやすい状態に変わりはありません。

身近にあふれる石油化学物質は、分子が小さいため胎盤を通り抜けてしまうからなのです。

胎児が影響を受けやすい理由を挙げてみましょう。

1x1.trans 胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART2】

①皮膚バリア機能が未熟

大人の皮膚のバリア機能は強いもので、簡単には破られませんが、まだ成長段階で機能が未熟な胎児から新生児期の赤ちゃんには皮膚バリア機能が完全ではありません。有害なものが入ってきたり、触れたりしても、防御できないのです。

②肝臓での代謝・解毒機能が未熟

肝臓は解毒作用をもっており、毒性のものが入ってきても、代謝できる機能があります。

例えば皮膚や口から有害物質が入ってきたとしても、肝臓で解毒して毒性を消すことができるのです。ところが胎児や新生児はまだ肝臓機能が未熟。しかも皮膚バリアも未熟なので毒がそのままたくさん入ってきていると考えられます。万全の気を配って、胎児や赤ちゃんを守らなければなりません。

1x1.trans 胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART2】

③血液—脳関門の機能がまだ働いていない

大人の脳には、血液との間に「血液—脳関門」と呼ばれる生体膜でできた関所があります。

そこでは、脳に悪影響を及ぼす化学物質が簡単に脳へ通り抜けないようにしているのです。この関所で外部からの有害化学物質の脳への影響を最小限に食い止めています。

ところが、生後6ヶ月までの赤ちゃんは、まだ「血液—脳関門」の機能ができあがっていません。つなり、この時期は体外からの異物や有害物質、環境ホルモンが脳へ運ばれてしまうということなのです。

以上3つとPART1で述べた不可逆的反応によって、胎児期から新生児期の赤ちゃんは、非常に危険な状態というとなのです。大切な赤ちゃんを、全力で有害物質から遠ざける努力をしなければなりません。

参考文献:「経皮毒からの警告」

94

 - 環境ホルモン , ,

『胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART2】』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

妊娠中は要注意?!胎児が受けると危険な環境ホルモン
妊娠中は要注意?!胎児が受けると危険な環境ホルモン

脳の発達障がいや異常行動には、環境ホルモンが影響していると考えられています。 し …

1兆分の1グラムで障がいを引き起こす?!環境ホルモン
1兆分の1グラムで障がいを引き起こす?!環境ホルモン

月経周期によって、体調や気分までも左右される女性。これが女性ホルモンの働きによる …

bi_082_01
環境ホルモンが関係しているかもしれない?健康被害

アカゲザルの実験で、ダイオキシンが子宮内膜症を引き起こす危険因子かもしれないとい …

環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?
環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?

あるアメリカの実験で、子宮内膜症の起こる要因となる衝撃的な事実が明らかになりまし …

脳の発達障がいが増えているのは、環境ホルモンの影響?
脳の発達障がいが増えているのは、環境ホルモンの影響?

アメリカ五大湖のPCB汚染で明らかになった、子どもたちの知能低下や発達障がい。こ …

女性ホルモンと同じ作用を持つ環境ホルモンとは?
女性ホルモンと同じ作用を持つ環境ホルモンとは?

すでに叫ばれて久しい「環境ホルモン」ですが、耳にしたことはあっても、本当にその恐 …

ヒトの精子が減少している?!環境ホルモンの関与とは?
ヒトの精子が減少している?!環境ホルモンの関与とは?

ここ数十年で、婦人病が増えていることは何度も書いてきましたが、実は男性の方へも環 …

環境ホルモンって結局なに?ほんの少しが命取りになる?
環境ホルモンって結局なに?ほんの少しが命取りになる?

1997年に出版された「奪われし未来」で注目を浴びた環境ホルモン。 日本でもかな …

これだけは知っておきたい!代表的な環境ホルモン~PART3~
これだけは知っておきたい!代表的な環境ホルモン~PART3~

知らないうちに、忍び寄る環境ホルモンの影響。病気になってから後悔しても遅いのです …

これだけは知っておきたい!代表的な環境ホルモン~PART2~
これだけは知っておきたい!代表的な環境ホルモン~PART2~

環境ホルモンと呼ばれる物質は、私たちの生活するごくごく身近に存在しています。「知 …