40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

母親から胎児へ栄養を運ぶ胎盤は、万能ろ過装置ではなかった?!

      2016/11/16

1x1.trans 母親から胎児へ栄養を運ぶ胎盤は、万能ろ過装置ではなかった?!

お母さんと赤ちゃんを繋ぐ大切な胎盤。赤ちゃんが栄養をもらう胎盤にはバリアー機能があって、化学物質から守られているという考えが、実は間違っていたということがわかってきたそうです。どんな影響があるのでしょうか?

 

実際にあった公害のおはなし

1x1.trans 母親から胎児へ栄養を運ぶ胎盤は、万能ろ過装置ではなかった?!

1950年代の水俣病、1960年代に起きたサリドマイド事件をご存知でしょうか?水俣病は「メチル水銀」に汚染された魚を食べたことによる脳障害や神経障害、サリドマイド事件とは、妊婦の「つわり」の症状改善のために服用した母親から先天的な手足の奇形児が生まれるという事件です。

胎盤は栄養以外の有害な物質を排除すると考えられていたにもかかわらず、母親の身体を通して赤ちゃんへ影響を与えてしまった例です。

これにより、母親の体内に入った化学物質は、胎盤を通過し、実際に口にした母親以上に影響が出てしまうことが実証されてしまいました。

 

公害だけじゃない!現代の経皮毒

1x1.trans 母親から胎児へ栄養を運ぶ胎盤は、万能ろ過装置ではなかった?!

現代では、環境ホルモンと言われるものや、日用品の中に、エストロゲン作用を持つ化学物質があることがわかっています。これらが、日頃使っているシャンプーやリンスなどに入っていたらどうなるでしょうか?

産婦人科医の池川医師は、著書「女性を悩ませる経皮毒」の中で、羊水や胎盤、へその緒からダイオキシンやビスフェノールAなどの環境ホルモンが多数検出されていると指摘しています。

大気汚染や食物汚染、日用品による経皮毒によって、少しずつ吸収された環境ホルモンが、赤ちゃんに伝わってしまう危険性は、全くない!とは言えないようです。

 

日用品に気をつけましょう!

大気汚染など環境にも気をつけなければなりませんが、一番身近な日用品に目を向けてみましょう。婦人病やホルモン異常による病気が多くみられる現代では、このように毎日の便利な生活の中にこそ、危険が潜んでいます。毎日使うシャンプーやリンス、洗剤や化粧品などをもう一度よく見直してみましょう。

できる限り化学物質を使用していない日用品を選ぶことで、次の世代の子どもたちを、病気から守ることができるかもしれません。

 

いかがでしたか?女性が化学物質を避けることで、赤ちゃんを守ることができます。今一度、日用品の成分表に目を通して、化学物質の少ないものを選ぶようにしましょう!

28

 - 経皮毒 , , , ,

『母親から胎児へ栄養を運ぶ胎盤は、万能ろ過装置ではなかった?!』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

0代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化
30代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化

性の早熟化と同じように、閉経や更年期障害にも若年化が進んでいます。 早くに生理が …

ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?
ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?

経皮毒(皮膚から有害物質が浸透して蓄積すること)の危険性は、毎日使う「洗浄」する …

経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?
経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?①

「内分泌攪乱(かくらん)物質」と呼ばれる環境ホルモンは、私たちの身近な製品や食品 …

女性ホルモンってどんな働きをしているの?いまさら聞けない女性ホルモンのお話
女性ホルモンってどんな働きをしているの?いまさら聞けない女性ホルモンのお話

女性ホルモンって、一生のうちにスプーン一杯分しか分泌されないらしいのです。 そん …

更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性
更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性

平均年齢で起こってもいろいろな症状を引き起こす閉経ですが、それが若年で起こればそ …

入浴時には経皮毒の危険がいっぱい!気をつけたいこと5点
入浴時には経皮毒の危険がいっぱい!気をつけたいこと5点

経皮毒を吸収しやすい部位があることは、以前にご紹介しました。それだけではなく、経 …

スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ
スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ

米国生殖生理学会評議員や日本薬理学会学術評議員など歴任する稲津教久氏は、数々の著 …

bi_089_01
薬に経皮毒物質?必ずある副作用と化学物質に注意!

病院で処方される薬、何の疑いもなく飲んでいませんか? もちろん生活や命を脅かす症 …

もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情
もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情

日本は、水道水がそのまま飲める、世界でもまれにみる水質を誇っています。 が、もう …

コラーゲンやケラチンは、肌に塗って栄養になるの?
コラーゲンやケラチンは、肌に塗って栄養になるの?

なんとなく肌によさそうな「コラーゲン」や「ケラチン」。確かに皮膚にコラーゲンは存 …