40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ

      2018/07/13

1x1.trans スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ

米国生殖生理学会評議員や日本薬理学会学術評議員など歴任する稲津教久氏は、数々の著書で「経費毒」の危険性を説いています。

その稲津氏がすすめるのが「スローエコロジー」。経費毒から身を守り、未来の子どもたちや地球を守るにはどうしたらいいのか、ご紹介します。

スローエコロジーとは?

1x1.trans スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ
すでに蓄積されている有害物質を、「心」と「身体」と「地球」から排除することがスローエコロジーであると氏は説きます。

難しく考える必要もなく、ただ健康でクリーンな環境で暮らすために、食生活や日用品の使い方に気をつけて、化学物質を身体に入れず、地球にまき散らさない生活を長続きさせましょう、ということなのです。

それには心の健康も大切。たくさん笑って、泣いて、免疫力を高めながら美しい環境を取り戻していきましょう。

スローエコロジーの方法

では、実際にどんなことを実践すればよいかをご紹介します。

①化学物質を身体に入れない

一度入るとなかなか出て行かず、蓄積されてしまう経費毒は、まず入れないようにすることが大切です。食品、日用品に気をつけましょう。

②便利・気持ちいいだけを見ない

商品を選ぶ時、利便性や使用感だけを見て選ぶと、その成分までに気が回らないことがあります。有害性が疑われるものに手を出さないよう、多少不便で使い心地が悪くても、安全性の高いものを選ぶようにしましょう。

③買わない・使わない・つくらせない

1x1.trans スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ
有害物質をこの世からなくすためには、消費者として賢くなり、強い意志を持って商品選びをしましょう。

④結果や効果は気長に待つ

健康は一朝一夕には手に入りません。一生健康でいることが必要なのですから、長く続けていくことが必要です。

⑤環境汚染にも自覚を持つ

環境から受ける影響は計り知れません。どんなに食品や日用品に気を使っても、空気まで吸わないようにすることは不可能です。ひとり一人が自覚を持ち、まずはゴミを減らすなど、できることから始めましょう。

⑥無理をせず、楽しく過ごす

「これならできそう!」と、誰もが思いますが、忙しい現代人はなかなか自分の思った通りに生きられないようです。そんな中でもできるだけ楽しく、心地よく過ごすことで心を健全に保ちましょう。

いくらいいことでも「やらなきゃ!」と、義務になっては楽しくありません。

気長にできることからスローエコロジーを始めていきましょう。

140

 - 経皮毒 , ,

『スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

月経前緊張症(PMS)ってなに?知って上手につき合おう
月経前緊張症(PMS)ってなに?知って上手につき合おう

ほとんどの女性が、生理前になんらかの身体または精神的な変化を感じているのではない …

地下鉄サリン事件に見る、経費毒の恐ろしさとは?
地下鉄サリン事件に見る、経費毒の恐ろしさとは?

1995年3月20日に起こった、地下鉄サリン事件。 ある宗教団体が起こした同時多 …

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?
婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART1】

皮膚から有毒な化学物質が吸収されてしまうことを「経皮毒」と呼んでいますが、この経 …

経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?
経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?

皮膚の強力なバリアをくぐり抜け、皮膚から浸入する経皮毒。ただし、この経皮吸収は、 …

乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。
乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。

環境ホルモンが、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持っていることは、何度もご …

経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?
経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?②

前回は、私たちの体内に化学物質が取り込まれる3つのパターンをご紹介しました。この …

経皮毒は体内に長く残留する!毎日使う日用品の危険
経皮毒は体内に長く残留する!毎日使う日用品の危険

強力な皮膚バリアーを打ち破り、経皮毒は容赦なく体内に侵入してきます。 日用品であ …

日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?②
日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?②

経皮毒とは、皮膚から有害物質が吸収されてしまうことですが、身体の場所によってその …

子宮内膜症ってどんな病気なの?そのしくみを知りましょう
子宮内膜症ってどんな病気なの?そのしくみを知りましょう 

よく耳にする病気ではあるけど、どんな病気かよく知らない「子宮内膜症」。 どんなし …

シャンプーが婦人病の原因に?
シャンプーから毒が入っていくる?

経皮毒とは、皮膚から有害化学物質を吸収してしまうことです。やっかいなことに、痛み …