40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

薬に経皮毒物質?必ずある副作用と化学物質に注意!

   

1x1.trans 薬に経皮毒物質?必ずある副作用と化学物質に注意!

病院で処方される薬、何の疑いもなく飲んでいませんか?

もちろん生活や命を脅かす症状があるので、薬を飲んだり貼ったり、塗ったりするのですが、これらがすべて安全であるとは限りません。

医薬品はその特性から、食品添加物として禁止されているものを使用しているケースさえあるのです。

医薬品に禁止添加物?

医薬品は食品などと違って「生命」関連製品であることから、効果・安全性・安定性を厳しい規定があります。

内服薬には安定剤や防腐剤、小児用シロップには着色料、人工甘味料などが添加されており、これらは有害化学物質です。

しかも、食品添加物としては禁止されているものの添加されていることがあります。それは、品質維持のためや、薬効を効率よくするために吸収を高めるためなのです。

外用薬に経皮毒物質?

1x1.trans 薬に経皮毒物質?必ずある副作用と化学物質に注意!

軟膏や点眼液、湿布剤など、薬は飲むものばかりではありません。

これらの外用薬には、保存料として安息香酸が使用されており、有害化学物質で経皮毒物質です。

目、鼻、口、喉などの粘膜への障がいを指摘されており、多量に摂取すると過敏症やけいれん、運動失調などの症状が出るとされています。

つまり、これらの外用薬を長く使用すれば、いずれかの障がいが出る可能性があるということです。

外用薬の酸化防止剤も危険

1x1.trans 薬に経皮毒物質?必ずある副作用と化学物質に注意!
水虫薬や湿布剤に酸化防止剤として使用されているのが、ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)とブチルヒドロキシアニソール(BHA)です。

皮膚障害や発がん性の疑いがあり、特にBHAは環境ホルモンではないかとも言われています。

どちらも、ラットに与えて行動を観察する調査が行われましたが、異常行動を起こしたという研究結果が報告されており、その危険性から、日用品への使用は少なくなっているということです。

ですが、外用薬には使用されているので、長期間使うとよくないと言えるでしょう。

薬にも有害化学物質が添加されているなんて、ショックですよね。しかも日用品より危険な場合も!

もちろん薬には効能があるのですが、そのリスクも覚えておきたいですね。用法・用量をきちんと守り、なるべく薬に頼らないでよい生活にしましょう。

参考文献:経皮毒

91

 - 経皮毒 ,

『薬に経皮毒物質?必ずある副作用と化学物質に注意!』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

子宮内膜症ってどんな病気なの?そのしくみを知りましょう
子宮内膜症ってどんな病気なの?そのしくみを知りましょう 

よく耳にする病気ではあるけど、どんな病気かよく知らない「子宮内膜症」。 どんなし …

あなたの経費毒危険度チェック!日頃どのくらい意識している?
あなたの経費毒危険度チェック!日頃どのくらい意識している?

あなたは普段の生活で、どのくらい経費毒の危険を意識しているでしょうか?決して神経 …

bi_076_01
プラスチックに潜む、経皮毒の危険性

もはやプラスチックなしの生活は考えられないというくらい、わたしたちの生活はプラス …

子宮内膜症の治療ってどんなことをするの?
子宮内膜症の治療ってどんなことをするの?

急増している婦人科の病気に「子宮内膜症」がありますが、生理痛が異常にひどいなど月 …

更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性
更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性

平均年齢で起こってもいろいろな症状を引き起こす閉経ですが、それが若年で起こればそ …

女性ホルモンってどんな働きをしているの?いまさら聞けない女性ホルモンのお話
女性ホルモンってどんな働きをしているの?いまさら聞けない女性ホルモンのお話

女性ホルモンって、一生のうちにスプーン一杯分しか分泌されないらしいのです。 そん …

経皮毒をうけないための、安全な使い方を考えよう!
経皮毒をうけないための、安全な使い方を考えよう!

経皮毒の影響は、計り知れないほど深くて怖いことがわかってきました。では、わたした …

入浴時には経皮毒の危険がいっぱい!気をつけたいこと5点
入浴時には経皮毒の危険がいっぱい!気をつけたいこと5点

経皮毒を吸収しやすい部位があることは、以前にご紹介しました。それだけではなく、経 …

もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情
もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情

日本は、水道水がそのまま飲める、世界でもまれにみる水質を誇っています。 が、もう …

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】
婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】

PART1でご紹介したように、経皮毒の危険性は得体が知れないだけに、知らないうち …