40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

有効成分や植物エキスは、肌の中へしみ込まない!

      2018/03/28

1x1.trans 有効成分や植物エキスは、肌の中へしみ込まない!
最近は、コマーシャルであたかも肌の奥へいい成分がしみ込んで届くような表現を多く見かけますね。

でもこれ、よく見ると※印で「浸透とは肌の角層まで」などと書いてあります。これはどういう意味なのでしょうか?
化粧品の宣伝文句の裏側に迫ってみましょう。

皮膚のバリア機能

私たちが皮膚と言っている表皮とは、0.2㎜程度の薄さで、上から順に角層→顆粒層→有棘層→基底層で構成されています。

この表皮の下に真皮と呼ばれる皮膚のハリと弾力を保つ中心的な部分があり、さらにその下が皮下組織となります。
表皮は、一番外側で外からの刺激や物質の侵入を阻止するためのバリア機能があります。このバリア機能はかなり強力で、一部の毒ガスや植物毒を除いて、皮膚から毒が侵入するのを防いでくれるのです。

日用品で自らバリアを壊している?

1x1.trans 有効成分や植物エキスは、肌の中へしみ込まない!
例えばプラセンタのように、水溶性と油溶性のものがある成分。油溶性のものは、皮膚バリア機能に阻まれて肌内部には侵入できません。また水溶性のものも、皮膚バリアはさらに強力にブロックするので皮膚には浸透しないのです。

つまり、肌内部に届けるためには、皮膚のバリアを破壊しなればならないのです。合成界面活性剤の入った化粧品を使うと、有効成分や植物エキスが肌に届きはしますが、同時に皮膚バリアが機能していないため、刺激の強いものや毒性のある成分が一緒に肌の内部に侵入しているということなのです。

合成界面活性剤の入った日用品を使っていると、それをつけなければ肌が乾燥したり、シワになってりしてしまいます。

浸透しないのは肌にはいいこと

1x1.trans 有効成分や植物エキスは、肌の中へしみ込まない!
肌のバリア機能は本当に優秀です。本当は、肌に浸透しないようにバリア機能があるから、化粧品を顔に塗ることができるのです。

ですから、合成界面活性剤の入った洗顔料や化粧品を使うことは、有効成分だけでなく、一緒に毒性の強いものも肌内部に侵入させていることになってしまいます。

優れた機能である肌バリアを取り戻せるよう、今一度化粧品の成分を見直してみましょう。

肌の奥まで届くのは、いいことじゃなかったのですね!逆に自分でせっかくのバリアを効かなくしていたなんて…。

今すぐ、日用品に合成界面活性剤が含まれていないか確かめてみましょう。

104

 - 経皮毒 ,

『有効成分や植物エキスは、肌の中へしみ込まない!』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

経費毒を身体の外に追い出すには、どうしたらいいの?
経費毒を身体の外に追い出すには、どうしたらいいの?

どんなに気を使って生活しても、現代の日本に住む限り、100%経費毒を排除すること …

婦人病の原因は、母親から受け継いだ有害物質かも?!
婦人病の原因は、母親から受け継いだ有害物質かも?!

  妊活中、妊娠中の方にぜひ知っておいていただきたいことがあります。そ …

0代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化
30代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化

性の早熟化と同じように、閉経や更年期障害にも若年化が進んでいます。 早くに生理が …

有害化学物質や経皮毒から身を守るには
有害化学物質や経皮毒から身を守るには

戦後以降に生まれた現代人は、胎児の時に化学物質汚染の影響を受け、生まれながらに婦 …

bi_048_01
環境ホルモンが女性ホルモンのバランスを崩す?

環境ホルモンが女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするということが、近年叫 …

bi_076_01
プラスチックに潜む、経皮毒の危険性

もはやプラスチックなしの生活は考えられないというくらい、わたしたちの生活はプラス …

乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。
乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。

環境ホルモンが、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持っていることは、何度もご …

卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ
卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ

精子の危機は前にも書きましたが、実は男性だけでなく、女性の卵子も減少傾向の可能性 …

性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?
性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?

世界的に見て、婦人病が増えているのは明確ですが、特に気になるのは性の早熟化です。 …

もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情
もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情

日本は、水道水がそのまま飲める、世界でもまれにみる水質を誇っています。 が、もう …