40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

経皮毒を知って、次の世代を守りましょう!

      2018/03/16

1x1.trans 経皮毒を知って、次の世代を守りましょう!

環境ホルモンが、母親から胎児に移行し、その胎児が母親になった時にもその子どもに移行するという「継世代毒性」をもたらすことがわかってきました。

知らないうちに忍び寄る経皮毒の怖さ。今一度、身の回りの日用品を見直して、次の世代を守りましょう。

継世代毒性とは?

1990年代に環境庁は、環境ホルモン検討会によるへその緒に含まれている化学物質を公表しました。

日本人のへその緒には、なんと

ビスフェノールA、ノニフェノール、ダイオキシン、PCB、DDT、ヘキサクロロシクロヘキサン、クロルデン、カドミウム、鉛、水銀などが含まれていたそうです。

PCBやDDTの農薬類は、以前の調査に比べて濃度が薄くなっていたそうですが、その農薬が使用停止になってから30年経過しているのにへその緒から検出されたことは、少なからずショッキングな事実でもあります。

このように長い間体内に残留し、へその緒を通して胎児に移行してしまうことを、継世代毒性と呼んでいます。

知らないことの罪

1x1.trans 経皮毒を知って、次の世代を守りましょう!

三世代まで遡ってもまだ出てしまう環境ホルモンの毒性。知らないうちに、大切な子ども、孫にまで影響を与えてしまうのです。

情報のあふれる今、与えられる情報を鵜呑みにするのではなく、広告のイメージ戦略に踊らされない知識を持つことは、本当に大切なことなのです。

あまりに気にしすぎても身体に毒ですが、できる範囲で毒を取り込まないようにすることは可能です。

今一度、日用品を見直して、できる限り経皮毒の影響がないものを生活に取り入れましょう。

何を選べばいいの?

1x1.trans 経皮毒を知って、次の世代を守りましょう!
一番注意していただきたいのは、合成界面活性剤です。

これは、シャンプー、台所用洗剤、洗濯洗剤、化粧品、歯磨き粉などあらゆる日用品に含まれています。自然素材でできたものを選びましょう。

合成界面活性剤が肌のバリア機能を破壊してしまうので、経皮毒として皮膚から化学物質が吸収しやすくなってしまうのです。

経皮毒は障害が起こるまでに数年から数十年かかると言われていますが、無自覚にじわじわと侵入します。気付いた時には遅かった…と、ならないようにしたいですね。

自分だけでなく、子どもや孫の世代まで障害を起こす可能性がある経皮毒。知らないで子孫に伝えてしまうなんて、本当に怖いことです。日用品の見直しは、本当に大切なことですね!

100

 - 経皮毒 ,

『経皮毒を知って、次の世代を守りましょう!』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?
経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?②

前回は、私たちの体内に化学物質が取り込まれる3つのパターンをご紹介しました。この …

bi_066_01
経皮毒は毎日何度も使う「日用品」から侵入する!!

皮膚から有害物質が入り込む大きな理由は、毎日使う日用品です。 1つだけでなく、朝 …

経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?
経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?

皮膚の強力なバリアをくぐり抜け、皮膚から浸入する経皮毒。ただし、この経皮吸収は、 …

ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?
ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?

経皮毒(皮膚から有害物質が浸透して蓄積すること)の危険性は、毎日使う「洗浄」する …

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?
婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART1】

皮膚から有毒な化学物質が吸収されてしまうことを「経皮毒」と呼んでいますが、この経 …

スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ
スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ

米国生殖生理学会評議員や日本薬理学会学術評議員など歴任する稲津教久氏は、数々の著 …

経皮毒をうけないための、安全な使い方を考えよう!
経皮毒をうけないための、安全な使い方を考えよう!

経皮毒の影響は、計り知れないほど深くて怖いことがわかってきました。では、わたした …

経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?
経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?①

「内分泌攪乱(かくらん)物質」と呼ばれる環境ホルモンは、私たちの身近な製品や食品 …

消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!
消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!

どんなに経皮毒に気をつけても、呼吸することで入ってくる大気汚染や、すべての生き物 …

更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性
更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性

平均年齢で起こってもいろいろな症状を引き起こす閉経ですが、それが若年で起こればそ …