40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性

      2016/11/16

1x1.trans 更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性
平均年齢で起こってもいろいろな症状を引き起こす閉経ですが、それが若年で起こればその弊害は甚大になります。
閉経後にかかりやすい病気と更年期を快適に過ごすポイントをご紹介し、若いうちから予防することの重要性を知っていただきたいと思います。

閉経後にかかりやすい病気とは?

1x1.trans 更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性
閉経後の女性は、同年代の男性にくらべると骨粗しょう症と高脂血症の発症率がはるかに高いのです。

骨粗しょう症とは、骨の中からカルシウムが溶け出し、骨が軽石のようにスカスカして、もろい状態になる病気です。

また、高脂血症とは、血中のコレステロールや中性脂肪が多くなる病気です。
これによって高血圧や狭心症、心筋梗塞、脳卒中などの命にかかわる病気に発展しないとも限りませんので、予防や早めの検査・治療が大切になります。

更年期の快適な過ごし方

大変な症状が出て何年も悩み苦しむ人がいる一方で、60歳を過ぎてもほぼ症状が出ずに快適に更年期を過ごす人がいます。

このように更年期障害は個人差が大きいのが特徴ですが、これには精神的ストレスと食生活を含む生活習慣が大きく関係していると言われています。閉経前からの生活習慣が大切ということですね。

【更年期予防のポイント】
・カルシウム、ビタミン、ミネラル豊かな食事
・喫煙や飲酒を控える
・有害化学物質が入った日用品を使わない生活をする
・環境ホルモンを体内に取り込まないように気をつける

生活習慣の見直しを

1x1.trans 更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性
美容や健康の面から、食事や生活に気をつけることは予防にもなっていることはよく知られていますね。

ところが、普段使っているシャンプーやせっけん、洗剤などの成分にまで気を使っているでしょうか?普段使っている日用品の中には、意外に肌に触れるものがたくさんあります。

肌に触れている=肌から成分が吸収されると認識し、今一度、環境ホルモンや有害化学物質が使われていない、安全な製品であるかを確認しましょう。

閉経後を快適に過ごしたいなら、若い頃から健康的な生活を心がけるのが一番の早道なのですよ!

バランスの取れた食事と有害物質を遠ざけた生活がいかに大切か、よくわかりますね!やがてやってくる更年期も、不安に思わず過ごしていきたいものですね!

55

 - 更年期障害, 経皮毒 , , , ,

『更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】
婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】

PART1でご紹介したように、経皮毒の危険性は得体が知れないだけに、知らないうち …

スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ
スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ

米国生殖生理学会評議員や日本薬理学会学術評議員など歴任する稲津教久氏は、数々の著 …

コラーゲンやケラチンは、肌に塗って栄養になるの?
コラーゲンやケラチンは、肌に塗って栄養になるの?

なんとなく肌によさそうな「コラーゲン」や「ケラチン」。確かに皮膚にコラーゲンは存 …

子宮内膜症ってどんな病気なの?そのしくみを知りましょう
子宮内膜症ってどんな病気なの?そのしくみを知りましょう 

よく耳にする病気ではあるけど、どんな病気かよく知らない「子宮内膜症」。 どんなし …

乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。
乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。

環境ホルモンが、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持っていることは、何度もご …

女性ホルモンってどんな働きをしているの?いまさら聞けない女性ホルモンのお話
女性ホルモンってどんな働きをしているの?いまさら聞けない女性ホルモンのお話

女性ホルモンって、一生のうちにスプーン一杯分しか分泌されないらしいのです。 そん …

卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ
卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ

精子の危機は前にも書きましたが、実は男性だけでなく、女性の卵子も減少傾向の可能性 …

日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?②
日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?②

経皮毒とは、皮膚から有害物質が吸収されてしまうことですが、身体の場所によってその …

子宮内膜症の治療ってどんなことをするの?
子宮内膜症の治療ってどんなことをするの?

急増している婦人科の病気に「子宮内膜症」がありますが、生理痛が異常にひどいなど月 …

bi_075_01
UVケアと香りケアに潜む経皮毒。ここに注意!

今や光老化は美容の常識となり、一年中紫外線対策をするのは当たり前となりました。 …