40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ

      2016/11/16

1x1.trans 卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ
精子の危機は前にも書きましたが、実は男性だけでなく、女性の卵子も減少傾向の可能性があると指摘されています。そのために女性の身体に何が起こっているのでしょうか?そのメカニズムや原因を探ってみましょう。

初潮から閉経までのメカニズム

1x1.trans 卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ

【胎児から初潮まで】

卵子は、どのようなメカニズムを持っているのでしょう?卵子は卵巣という部分にありますが、その数はなんと胎児の5~6ヶ月がピークで約700万個も存在するのだそうです!

お腹にいる時にすでに最高値だなんて、驚きですね。その後、出生時までに約200万個までに減り、初潮を迎えるまでには20~30万個にまで減っていきます。

ここまで「減数分裂」という細胞分裂の途中となり、月経が起こる排卵の直前までは休止しているということなのです。

【初潮から閉経まで】

月経には周期がありますが、1回の周期の中で、成長を開始して妊娠しないと排出される卵子の数は数個から200個。

卵子は新しく生産されることはありませんので、月経が来る、または妊娠すると卵子は減り続けるのですね。そして、卵子は残り約2000個になったところで、排卵が停止し、閉経になります。

妊娠、出産による月経停止期間を考慮せず単純に計算してみると、
13歳~53歳までの40年間月経があるとして、排卵の起こる回数は約400~500回。一回の排卵で100個の卵子が減るとすると、一生で4万個の卵子が必要…という計算になるのです。

早期閉経や若年性更年期障害の理由

月経が40歳未満で終わってしまう早期閉経が増えています。つまり、非常に若い年齢で更年期障害が起こってしまうということにも繋がります。

原因と考えられているのは、卵子が細胞分裂している胎児期に、何らかの理由で遺伝子の損傷を受けているのではないかということです。そのために、本当ならあるはずだった数の原子卵胞そのものが減っている可能性があるというのです。

その後は減数分裂して数が減る卵子なのですから、最初からある数が少なければ、早くなくなるのは当然ですね。

卵子減少の原因とは?

早期閉経が増えているのは、卵子の数が減っているからではないかというメカニズムはわかりました。では、なぜ卵子が減っているのでしょう。

それは“有害化学物質などの外部因子が卵巣で分裂を待っている卵子の遺伝子を傷つけ、それによって排卵できる卵子の数がどんどん減っていっているのではないか”と、著書『女性を悩ませる経皮毒』の中で池川明氏もおっしゃっています。

男性同様、女性も胎児期になんらかの外部的な要因で生殖機能に影響を受けている可能性があるのですね!これから妊娠の予定があるなら、気をつけたいことです。

41

 - 経皮毒 , ,

『卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?
日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?①

皮膚から有害物質が吸収されてしまうという経皮毒。身体の部位によって、吸収率が違う …

経皮毒を知って、次の世代を守りましょう!
経皮毒を知って、次の世代を守りましょう!

環境ホルモンが、母親から胎児に移行し、その胎児が母親になった時にもその子どもに移 …

0代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化
30代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化

性の早熟化と同じように、閉経や更年期障害にも若年化が進んでいます。 早くに生理が …

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?
婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART1】

皮膚から有毒な化学物質が吸収されてしまうことを「経皮毒」と呼んでいますが、この経 …

bi_081_01
現代人に見られる異常は「継世代毒性」?

母親から子どもへ引き継がれてしまう毒性は、孫の代にまで及んでいます。 特に環境ホ …

あなたの経費毒危険度チェック!日頃どのくらい意識している?
あなたの経費毒危険度チェック!日頃どのくらい意識している?

あなたは普段の生活で、どのくらい経費毒の危険を意識しているでしょうか?決して神経 …

日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?②
日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?②

経皮毒とは、皮膚から有害物質が吸収されてしまうことですが、身体の場所によってその …

ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?
ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?

経皮毒(皮膚から有害物質が浸透して蓄積すること)の危険性は、毎日使う「洗浄」する …

経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?
経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?

皮膚の強力なバリアをくぐり抜け、皮膚から浸入する経皮毒。ただし、この経皮吸収は、 …

スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ
スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ

米国生殖生理学会評議員や日本薬理学会学術評議員など歴任する稲津教久氏は、数々の著 …