40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

経費毒を身体の外に追い出すには、どうしたらいいの?

      2018/06/23

1x1.trans 経費毒を身体の外に追い出すには、どうしたらいいの?
どんなに気を使って生活しても、現代の日本に住む限り、100%経費毒を排除することはできそうにもありません。

経費毒は蓄積されやすいという性質があるので、できるだけ早く身体の外に出さなくてはなりません。では、どうしたらいいのでしょうか?

経費毒を身体から追い出せ!4つのポイント

経費毒は特に脂肪の部分に溜まりやすいと言われているので、入ってきた化学物質はなるべく早く、体外に排出する必要があります。それには、代謝や解毒機能を高めて、血液に流れている化学物質を尿として外に出すのが一番効果的なのです。

代謝・解毒機能を高める4つのポイントをご紹介しましょう。

①肝臓の機能を高める

1x1.trans 経費毒を身体の外に追い出すには、どうしたらいいの?
肝臓の主な仕事は解毒作用ですが、この機能を高めるには良質のタンパク質を摂ることが必要です。肝臓で行われる解毒では、タンパク質からできた多くの酵素が働いているためです。

ただし、タンパク質を摂りたいからと、肉食にしてしまっては別の弊害が起きてしまいます。1日に必要なタンパク質は成人で60〜80gが推奨されているので、肉や魚を食べる時の目安にしましょう。

また、マグネシウム、亜鉛、クロムなどの必須ミネラルは、肝臓で酵素の働きを助ける作用があるので、これらもバランスよく摂りましょう。

②血液のめぐりを良くする

中性脂肪や糖などでドロドロになった血液は、流れにくく詰まりやすくなってしまいます。そればかりか、同時に血管をも傷めてしまいます。また、血液がドロドロだと尿になりにくく、化学物質が排泄されることの妨げになってしまいます。

普段から動物性脂肪や糖分の摂りすぎには注意しましょう。

血流を促進するには、水分を十分に補給し、軽く汗をかく程度の運動が効果的です。

③腎臓の機能を高める

腎臓はろ過システムがあり、流れてくる血液を必要・不必要なものに分け、不要なものを尿と一緒に排泄します。言うなれば血液のクリーニングをする場所なので、血流の流れが良くないと、腎臓もよく働けません。

④自律神経のバランスを整える

1x1.trans 経費毒を身体の外に追い出すには、どうしたらいいの?
不規則な生活や睡眠不足は、自律神経を乱す大敵です。寝ている時と起きている時の身体の機能を調節できなくなり、代謝や解毒作用がうまく働かなくなってしまいます。
肝臓や腎臓にしっかり働いてもらうためにも、規則正しい生活と十分な睡眠を心がけましょう。

いわゆる「健康的な生活」を送ることで、経費毒も排出しやすくなるのですね!それだけではなく、健康にも美容にも効きそうですね!心がけてみてくださいね!

 
133

 - 経皮毒 , , , , , , , ,

『経費毒を身体の外に追い出すには、どうしたらいいの?』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

bi_075_01
UVケアと香りケアに潜む経皮毒。ここに注意!

今や光老化は美容の常識となり、一年中紫外線対策をするのは当たり前となりました。 …

環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?
環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?

あるアメリカの実験で、子宮内膜症の起こる要因となる衝撃的な事実が明らかになりまし …

0代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化
30代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化

性の早熟化と同じように、閉経や更年期障害にも若年化が進んでいます。 早くに生理が …

経皮毒は体内に長く残留する!毎日使う日用品の危険
経皮毒は体内に長く残留する!毎日使う日用品の危険

強力な皮膚バリアーを打ち破り、経皮毒は容赦なく体内に侵入してきます。 日用品であ …

コラーゲンやケラチンは、肌に塗って栄養になるの?
コラーゲンやケラチンは、肌に塗って栄養になるの?

なんとなく肌によさそうな「コラーゲン」や「ケラチン」。確かに皮膚にコラーゲンは存 …

有害化学物質や経皮毒から身を守るには
有害化学物質や経皮毒から身を守るには

戦後以降に生まれた現代人は、胎児の時に化学物質汚染の影響を受け、生まれながらに婦 …

子宮内膜症の治療ってどんなことをするの?
子宮内膜症の治療ってどんなことをするの?

急増している婦人科の病気に「子宮内膜症」がありますが、生理痛が異常にひどいなど月 …

経皮毒を知って、次の世代を守りましょう!
経皮毒を知って、次の世代を守りましょう!

環境ホルモンが、母親から胎児に移行し、その胎児が母親になった時にもその子どもに移 …

スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ
スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ

米国生殖生理学会評議員や日本薬理学会学術評議員など歴任する稲津教久氏は、数々の著 …

皮膚から、毒が侵入する「経皮毒」とは?
皮膚から、毒が侵入する「経皮毒」とは?

普段何気なく使っているもので、肌に直接触れるものって、結構たくさんありませんか? …