40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?①

      2016/11/16

1x1.trans 日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?①

皮膚から有害物質が吸収されてしまうという経皮毒。身体の部位によって、吸収率が違うのです。注意すべき点をご紹介します。

皮膚のしくみ

顔や身体、腕、足、頭皮、口の中や性器などの粘膜と、一口に皮膚といっても、色んな部位があり、部位によって皮膚の機能も性質も違います。

よくあるパッチテストを腕の内側で行うのも、反応が早く現れる場所だからです。しかしながら、腕の内側より更に吸収率が高い部位があるのです。

 

皮膚吸収率の部位による違い

パッチテストを行う二の腕の内側を「1」とすると、

・頭皮…3.5倍

・額…6倍

・あご…13倍

・手の平…0.83倍

・わきの下…3.6倍

・性器など粘膜…42倍

・かかと…0.14倍

なんと!弱いと思っていた腕の内側より、吸収率が高い部位がこんなにあるなんて!

倍率が高ければ高い程、そこに使う日用品はよく考えて使用しなければいけませんね。

 

1x1.trans 日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?①

改めて、使っている日用品を見直してみよう!

頭皮にはシャンプー、顔には化粧品、手の平には台所用洗剤や石けん、ハンドクリーム、わきの下には制汗剤、性器に触れるものとしては生理用ナプキンやタンポン、赤ちゃんのオムツなど、あらゆるものが考えられますね。

その他にも、ボディシャンプーや歯磨き粉、避妊具、洗濯洗剤など、日頃気にもしていないものから経皮毒の可能性が指摘されています。

 

何に気をつけたらいいの?

オムツや生理用ナプキンやタンポンなど、特に吸収率の高い部位に使用する市販の製品は、殺菌効果を得るため漂白剤の使用が義務づけられているのです。多くの製品は塩素系の漂泊剤を使用している為、副生成物としてダイオキシンを発生させるかもしれません。有害なダイオキシンが含まれている可能性がある製品を、一番吸収率の高い性器に使用していることになるのです。

 

このような危険を知っていれば、布製のオムツや酸素系漂白剤で漂泊したナプキンを使用するなどして、リスクを回避することができます。次回は、具体的な注意すべき日用品をご紹介していきます。

 

20

 - 経皮毒 , , ,

『日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?①』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

シャンプーが婦人病の原因に?
シャンプーから毒が入っていくる?

経皮毒とは、皮膚から有害化学物質を吸収してしまうことです。やっかいなことに、痛み …

消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!
消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!

どんなに経皮毒に気をつけても、呼吸することで入ってくる大気汚染や、すべての生き物 …

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?
婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART1】

皮膚から有毒な化学物質が吸収されてしまうことを「経皮毒」と呼んでいますが、この経 …

母親から胎児へ栄養を運ぶ胎盤は、万能ろ過装置ではなかった?!
母親から胎児へ栄養を運ぶ胎盤は、万能ろ過装置ではなかった?!

お母さんと赤ちゃんを繋ぐ大切な胎盤。赤ちゃんが栄養をもらう胎盤にはバリアー機能が …

環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?
環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?

あるアメリカの実験で、子宮内膜症の起こる要因となる衝撃的な事実が明らかになりまし …

卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ
卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ

精子の危機は前にも書きましたが、実は男性だけでなく、女性の卵子も減少傾向の可能性 …

子宮内膜症の治療ってどんなことをするの?
子宮内膜症の治療ってどんなことをするの?

急増している婦人科の病気に「子宮内膜症」がありますが、生理痛が異常にひどいなど月 …

日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?②
日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?②

経皮毒とは、皮膚から有害物質が吸収されてしまうことですが、身体の場所によってその …

性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?
性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?

世界的に見て、婦人病が増えているのは明確ですが、特に気になるのは性の早熟化です。 …

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】
婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】

PART1でご紹介したように、経皮毒の危険性は得体が知れないだけに、知らないうち …