40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

プラスチックに潜む、経皮毒の危険性

      2017/01/27

1x1.trans プラスチックに潜む、経皮毒の危険性

もはやプラスチックなしの生活は考えられないというくらい、わたしたちの生活はプラスチック製品に囲まれています。

一度も使わない日はないと言っても過言ではありません。

そのプラスチック製品が、経皮毒の危険があるとしたら、どうでしょう?何に注意すべきかを見ていきましょう。

プラスチックに含まれる危険な成分

1x1.trans プラスチックに潜む、経皮毒の危険性
プラスチックそのものから経皮吸収されるというのは考えにくいそうです。

ただし、プラスチックは生分解性が悪く、そのままでは自然に帰ることができません。

燃やすとダイオキシンを発生するものもあるので、注意が必要です。

また、食器やバスタブなどに使われるポリカーボネート樹脂に含まれる「ビスフェノールA」は、70度前後の温度で溶けだし、経皮吸収されます。

食器に熱いスープなどを入れると、ビスフェノールAが溶けだしている可能性があるのです。

バスタブはそんなに高温にはなりませんが、合成界面活性剤を使用する可能性の高い場所なので、その相互作用で経皮吸収されることは充分に考えられるのです。

発砲スチロールにも有害物質

1x1.trans プラスチックに潜む、経皮毒の危険性

発泡スチロールやカップ麺の容器にはポリスチレンが使用されていますが、これも発がん性や環境ホルモンを誘発する「スチレンモノマー」や「スチレンダイマー」が含まれています。

これらは脂溶性で、高温になると溶け出すという研究結果が報告されています。

電子レンジの使用や熱湯を注ぐなどは危険性が高いといっていいでしょう。溶けだしたスチレンは口から吸収されるでしょうし、スチレンが溶けだした液体に触れると、経皮吸収の危険性もあります。

有害物質が引き起こす障害

ビスフェノールAは、発がん性物質であることが知られています。

また、環境ホルモンとしても認定を受けており、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用をするとして注意が必要です。

婦人病や男性の女性化など、性的発達に重大な障害を起こす可能性があります。

また、スチレンにも発がん性や環境ホルモンを誘発する働きがあります。いずれも高温で溶け出すので、使用する時には注意しましょう。

日用品は、洗剤類だけでなく、プラスチック製のものにも注意が必要なのですね!

本当に、私たちの身の回りには、有害物質があふれています。上手につきあっていきたいものです。

参考文献:経皮毒

79

 - 経皮毒 , ,

『プラスチックに潜む、経皮毒の危険性』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

有効成分や植物エキスは、肌の中へしみ込まない!
有効成分や植物エキスは、肌の中へしみ込まない!

最近は、コマーシャルであたかも肌の奥へいい成分がしみ込んで届くような表現を多く見 …

月経前緊張症(PMS)ってなに?知って上手につき合おう
月経前緊張症(PMS)ってなに?知って上手につき合おう

ほとんどの女性が、生理前になんらかの身体または精神的な変化を感じているのではない …

0代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化
30代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化

性の早熟化と同じように、閉経や更年期障害にも若年化が進んでいます。 早くに生理が …

消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!
消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!

どんなに経皮毒に気をつけても、呼吸することで入ってくる大気汚染や、すべての生き物 …

入浴時には経皮毒の危険がいっぱい!気をつけたいこと5点
入浴時には経皮毒の危険がいっぱい!気をつけたいこと5点

経皮毒を吸収しやすい部位があることは、以前にご紹介しました。それだけではなく、経 …

有害化学物質や経皮毒から身を守るには
有害化学物質や経皮毒から身を守るには

戦後以降に生まれた現代人は、胎児の時に化学物質汚染の影響を受け、生まれながらに婦 …

日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?
日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?①

皮膚から有害物質が吸収されてしまうという経皮毒。身体の部位によって、吸収率が違う …

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】
婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】

PART1でご紹介したように、経皮毒の危険性は得体が知れないだけに、知らないうち …

経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?
経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?

皮膚の強力なバリアをくぐり抜け、皮膚から浸入する経皮毒。ただし、この経皮吸収は、 …

もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情
もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情

日本は、水道水がそのまま飲める、世界でもまれにみる水質を誇っています。 が、もう …