40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

身体を有害物質の侵入から守る皮膚バリアー。そのしくみとは?

      2018/03/10

1x1.trans 身体を有害物質の侵入から守る皮膚バリアー。そのしくみとは?
経皮毒とは、皮膚から有害物質が吸収されることです。

しかし、本来皮膚には、強力なバリアー機能が備わっているのです。今回は、その皮膚のしくみを知り、どうして経皮毒が起こるのかを理解しましょう。

メカニズムがわかれば、何に気をつけるべきか、自分で判断できるようになります。

ターンオーバーとは?

1x1.trans 身体を有害物質の侵入から守る皮膚バリアー。そのしくみとは?
皮膚は生きている限り新陳代謝をくり返します。皮膚の底の方「基底層」でつくられた皮膚細胞が、徐々に平たくなって上の層へ押し上げられ、細胞自体は死に「角質層」になります。

そして、一番外側まで押し上げられると、垢となって剥がれ落ちていきます。

これがターンオーバー。

このサイクルは通常28日です。加齢や何らかのトラブルでターンオーバーのサイクルが乱れると、肌荒れが起こるのです。

角質層の重要な働き

表皮の中でも、角質層は外界からの強力なバリアーとして働いています。

水分は20%しか含みませんが、10〜15層にも重なっており、表面は皮脂で覆われていて、これが外からの異物を侵入させないシステムとなっているのです。

また、角質層には水分などに異物をためておき、後から入って来ようとする異物を遮断する働きもあります。

つまり、水分と一緒に異物が入ってきた場合、角質細胞は水分を吸収してふくらみ、ターンオーバーで上に押し上げられる時、異物の一緒に押し上げられ、剥がれ落ちていくのです。

皮膚バリアーを突破するもの

1x1.trans 身体を有害物質の侵入から守る皮膚バリアー。そのしくみとは?

通常の異物であれば、皮膚のターンオーバーと、角質層の働きでシャットアウトされるか、排出されるかですが、それでも完璧に遮断されている訳ではありません。

接触した物質の0.5%はバリアーをくぐり抜けて皮膚の内部にまで侵入すると言います。

そして、合成界面活性剤によって皮膚バリアーに穴が空いた状態になっていれば、異物はどんどん侵入してしまいます。もちろん、それらは血液やリンパ液にのって全身に運ばれてしまいます。皮膚のバリアー機能に、充分働いてもらうためにも、合成界面活性剤を使用しないよう、気をつけましょう。

皮膚バリアーってすごいメカニズムなのですね!

せっかく備わった強力な防壁を、わざわざ日用品を使って壊すなんて、もったいないですよね!毎日使う日用品だからこそ、気をつけたいものです。

98

 - 化学物質 ,

『身体を有害物質の侵入から守る皮膚バリアー。そのしくみとは?』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

保湿効果のある合成化学物質、実は危険なんです
しっかり知りたい!有害化学物質の分類と主な物質

有害化学物質って、結局どんなことに気をつけたらいいか、漠然としてわからない方も多 …

家庭用洗剤はコワい?!実際に表示されている有害化学物質を紹介
家庭用洗剤はコワい?!実際に表示されている有害化学物質を紹介

肌のバリア機能を破壊し、経皮吸収されて毒が蓄積されてしまうという、コワいコワい合 …

化学物質過敏症ってどんな病気?経皮毒との関係性
化学物質過敏症ってどんな病気?経皮毒との関係性

アレルギーやアトピーが増えている昨今でも、聞き慣れない「化学物質過敏症」という病 …

母親から胎児へ?「継世代毒性」って何?
母親から胎児へ?「継世代毒性」って何?

母親が妊娠中にあるウイルスにかかると産まれてくる赤ちゃんの耳や心臓に先天的な障が …

化学物質の汚染から逃れるのは、経皮毒を見直すことから!
化学物質の汚染から逃れるのは、経皮毒を見直すことから!

大気汚染や水質汚染など、汚染された環境は、個人の力ではどうすることもできません。 …

しっかり知りたい!有害化学物質の分類と主な物質
保湿効果のある合成化学物質、実は危険なんです

今や保湿はスキンケアの常識。お肌の健康を保つには、乾燥を防ぎ保湿することが大切な …

1950年代の流産防止薬が、化学物質の影響を明らかにした!
1950年代の流産防止薬が、化学物質の影響を明らかにした!

すでに60年前になりますが、アメリカで爆発的に流行した流産防止薬(DES)と、そ …

bi_083_01
継世代毒性は、孫の代まで?!妊娠前から気をつけたいこと

お腹にいる赤ちゃんや、生まれたての赤ちゃんは化学物質に弱く、特にお腹の中にいる時 …

ちょっと待って!使用感がいいのは、有害化学物質のせいかも?
ちょっと待って!使用感がいいのは、有害化学物質のせいかも?

「髪がつやつや、サラサラに」「肌をきめ細やかに」など、宣伝広告の謳い文句に、つい …