40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

1950年代の流産防止薬が、化学物質の影響を明らかにした!

   

1x1.trans 1950年代の流産防止薬が、化学物質の影響を明らかにした!

すでに60年前になりますが、アメリカで爆発的に流行した流産防止薬(DES)と、その20年後に次々と起こった子どもたちの病気や異常との関連が明らかになり、使用禁止となりました。

DESというこの薬は、わたしたちに一体何を教えてくれたのでしょうか?

DESってどんな薬?

DESとは、1950年代にアメリカで使われていた流産防止薬で「ジエチルスチルベストロール」というのが正式名称です。

これは化学合成によってつくられた女性ホルモンのひとつで、エストロゲンに似た作用を持っています。

流産の防止には確かに高い効果がありましたが、20年後の1970年代になると、DESを服用した女性から生まれた子どもたちに、若い年齢でのガンの発症が多発したのです。

DESの影響とは?

1x1.trans 1950年代の流産防止薬が、化学物質の影響を明らかにした!
DESを飲んでいた母親から生まれた女の子は、若くして膣がん、男の子は精巣がんや前立腺がんを発症する例が多くありました。

がんの発症する箇所が生殖器であること、この部位のがんは若い世代にはほとんど見られないことから、調査が行われ、がんだけでなく、女の子の先天的ホルモンバランス異常、男の子の精子数の低下、停留精巣、尿管萎縮といった障がいが出やすいこともわかってきました。

これらがDESの影響だとして、使用禁止となりましたが、20年間使用されてきた薬の影響は、今でも続いているといえるでしょう。

なぜ生殖器に影響が出たのか?

DESでなぜ生殖器のがんが多発したのかは、現在でも結論の出ないところですが、考えられるのは「合成ホルモン剤」だったということです。

合成ホルモンが胎児にまで影響し、性機能や生殖器をつくる過程で作用してしまったのではないかと考えられています。

この合成化学物質は、人工的に合成したもので、その昔はプラスチックの原料からもエストロゲンを合成しようとしたほど、化学構造のよく似た物質なのです。

つまり、身近にエストロゲンと似た作用を起こす物質があるということです。もちろん、流産を抑える効果はありましたが、その代償も大きなものだったと言わざるを得ません。

1x1.trans 1950年代の流産防止薬が、化学物質の影響を明らかにした!

DES問題と同じ頃「沈黙の春」という、環境問題に警鐘を鳴らす本が発売され、世界的に話題になりました。

人間だけでなく、自然界の生態系までをも侵す化学物質。便利と引き替えに、たくさんの宿題を残してしまったのですね。

参考文献:経皮毒からの警告

77

 - 化学物質 , ,

『1950年代の流産防止薬が、化学物質の影響を明らかにした!』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

bi_083_01
継世代毒性は、孫の代まで?!妊娠前から気をつけたいこと

お腹にいる赤ちゃんや、生まれたての赤ちゃんは化学物質に弱く、特にお腹の中にいる時 …

家庭用洗剤はコワい?!実際に表示されている有害化学物質を紹介
家庭用洗剤はコワい?!実際に表示されている有害化学物質を紹介

肌のバリア機能を破壊し、経皮吸収されて毒が蓄積されてしまうという、コワいコワい合 …

化学物質過敏症ってどんな病気?経皮毒との関係性
化学物質過敏症ってどんな病気?経皮毒との関係性

アレルギーやアトピーが増えている昨今でも、聞き慣れない「化学物質過敏症」という病 …

母親から胎児へ?「継世代毒性」って何?
母親から胎児へ?「継世代毒性」って何?

母親が妊娠中にあるウイルスにかかると産まれてくる赤ちゃんの耳や心臓に先天的な障が …

保湿効果のある合成化学物質、実は危険なんです
しっかり知りたい!有害化学物質の分類と主な物質

有害化学物質って、結局どんなことに気をつけたらいいか、漠然としてわからない方も多 …

ちょっと待って!使用感がいいのは、有害化学物質のせいかも?
ちょっと待って!使用感がいいのは、有害化学物質のせいかも?

「髪がつやつや、サラサラに」「肌をきめ細やかに」など、宣伝広告の謳い文句に、つい …

化学物質の汚染から逃れるのは、経皮毒を見直すことから!
化学物質の汚染から逃れるのは、経皮毒を見直すことから!

大気汚染や水質汚染など、汚染された環境は、個人の力ではどうすることもできません。 …

しっかり知りたい!有害化学物質の分類と主な物質
保湿効果のある合成化学物質、実は危険なんです

今や保湿はスキンケアの常識。お肌の健康を保つには、乾燥を防ぎ保湿することが大切な …

身体を有害物質の侵入から守る皮膚バリアー。そのしくみとは?
身体を有害物質の侵入から守る皮膚バリアー。そのしくみとは?

経皮毒とは、皮膚から有害物質が吸収されることです。 しかし、本来皮膚には、強力な …