40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

UVケアと香りケアに潜む経皮毒。ここに注意!

      2017/01/26

1x1.trans UVケアと香りケアに潜む経皮毒。ここに注意!

今や光老化は美容の常識となり、一年中紫外線対策をするのは当たり前となりました。

また、香りに気を使う人も、男女問わず多くなっています。

今回は、その紫外線ケア化粧品と、香水などに潜む有害化学物質についてご紹介していきます。

UVカット化粧品の経皮毒

1x1.trans UVケアと香りケアに潜む経皮毒。ここに注意!
UVとはultraviolet(ウルトラバイオレット)の略で、紫外線という意味です。

そして、紫外線にはA、B、Cの3種類があり、それぞれ肌へ与える影響が違います。

Aはメラニン色素に働きかけ、肌を黒くし、老化を進行させます。

Bは皮膚を赤くさせ、シミやそばかすの原因に、Cは地表にはほとんど届きません。

紫外線化粧品のSPFはUV-Bを、PAはUV-Aを防止する効果を現しています。ただし、数字が高いほど紫外線吸収剤が使われている可能性が高いので、成分表をよく確かめましょう。

・ウロカニン酸エチル
・ベンゾフェノン

が特に危険な紫外線吸収剤です。肌に直接毎日塗るものですから、経皮毒に注意しましょう。

香料の経皮毒

1x1.trans UVケアと香りケアに潜む経皮毒。ここに注意!
香料となる芳香剤は、化粧品だけでなく家庭用品全般に使われています。

シャンプー、コンディショナーや洗濯洗剤、柔軟剤は特に香りのいいものを選んでいませんか?

実は、この芳香剤の原料に要注意なんです。以前の芳香剤の原料は、植物や動物、鉱物から直接抽出していました。

しかしこれでは生産に限界があり、安価で大量に生産できる人工合成物質で香りを作ることになりました。

・オイゲノール
・イソオイゲノール
・桂皮アルデヒド
・桂皮アルコール
・安息香酸 
・クマリン
・マスクキシレン など

がありますが、これらは経皮吸収によってアレルギーを引き起こすことがあるとして知られています。
特に12歳以下の子どもは、芳香性化学物質に対して感受性が強く、アレルギーが起こりやすいと言われています。

いずれにしても、直接皮膚に触れると経皮吸収されてしまうので、香りのついた日用品には注意が必要です。

UVカットも香料も、美容と身だしなみには必要ですよね!

しかしながら、危険な有害化学物質から守るためには、成分表をしっかり確認して、有害なものが含まれない商品を選ぶようにしましょう!

参考文献:経皮毒

78

 - 経皮毒 ,

『UVケアと香りケアに潜む経皮毒。ここに注意!』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

bi_048_01
環境ホルモンが女性ホルモンのバランスを崩す?

環境ホルモンが女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするということが、近年叫 …

日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?②
日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?②

経皮毒とは、皮膚から有害物質が吸収されてしまうことですが、身体の場所によってその …

月経前緊張症(PMS)ってなに?知って上手につき合おう
月経前緊張症(PMS)ってなに?知って上手につき合おう

ほとんどの女性が、生理前になんらかの身体または精神的な変化を感じているのではない …

bi_089_01
薬に経皮毒物質?必ずある副作用と化学物質に注意!

病院で処方される薬、何の疑いもなく飲んでいませんか? もちろん生活や命を脅かす症 …

経皮毒をうけないための、安全な使い方を考えよう!
経皮毒をうけないための、安全な使い方を考えよう!

経皮毒の影響は、計り知れないほど深くて怖いことがわかってきました。では、わたした …

消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!
消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!

どんなに経皮毒に気をつけても、呼吸することで入ってくる大気汚染や、すべての生き物 …

その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう
その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう

妊娠した理由以外で婦人科を訪れることに抵抗がある女性は少なくありません。 恥ずか …

乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。
乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。

環境ホルモンが、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持っていることは、何度もご …

もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情
もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情

日本は、水道水がそのまま飲める、世界でもまれにみる水質を誇っています。 が、もう …

日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?
日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?①

皮膚から有害物質が吸収されてしまうという経皮毒。身体の部位によって、吸収率が違う …