40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

皮膚から、毒が侵入する「経皮毒」とは?

      2016/11/16

1x1.trans 皮膚から、毒が侵入する「経皮毒」とは?

普段何気なく使っているもので、肌に直接触れるものって、結構たくさんありませんか?実はその中に、肌を通過して侵入し、毒となる物質があるとしたら…「経皮毒」についてご説明します。

「経皮毒」って何?

端的に言えば“皮膚から有害化学物質が吸収されること”を言います。そう、皮膚からも、色んな物質を体内に吸収してしまうのですね。

日々肌に触れるものの中に、もしも有害な化学物質が含まれていたら…考えただけでもゾッとしますが、正しく知っておけば注意することができます。

 

どんな「経皮毒」があるの?

衣類を洗う洗剤、化粧品、シャンプー、プラスチック製のおもちゃなど、直接肌に触れるものから、間接的なものまで、様々な「経皮毒」の可能性が指摘されています。心配な方はそれらに含まれる原材料など、よく確かめた上で使用しましょう。

 

実際に起きた「経皮毒」の悲しい事件

1x1.trans 皮膚から、毒が侵入する「経皮毒」とは?

夏によく使用する虫除けスプレーによって、起こった悲しい事故をご紹介いたします。

虫除けスプレーに含まれる「昆虫忌避剤DEET(ディート)」が経皮吸収され、3歳、5歳の子どもがいずれも脳障害を引き起こす事故となってしまったというのです。

3歳の子どもは、ディートを含んだ虫除けスプレーを、2週間毎日使用したとのこと。

5歳の子は、同じく虫除けスプレーを全身に2回塗布後、突然けいれんを起こしてしまったのだそうです。

 

昆虫忌避剤DEETの害とは?

DEETは、口からの吸収による毒性は少ないと言われていましたが、経皮吸収、つまり皮膚からの吸収が早いと言われています。DEETは、神経毒性があると懸念されてきましたが、通常の使用では問題ないと思われてきたのです。

ところが、上記のような事件をきっかけに、2005年8月、生後半年以下の乳児には使わないことを促す注意書きが表示されることになりました。

ですが、実際に事故に遭ったのは3歳と5歳の子ども。食べ物ではないからと軽視されがちなので注意が必要です。今回のこの事故によって、経皮から吸収される経皮毒の恐ろしさが判ります。大人がしっかりした知識を持ち、正しく判断して欲しいところです。

 

正しい知識を持つことは、大切な子どもを守ることにつながります。知っていれば防げることですから、これからも一緒に勉強していきましょう!

※参考
昆虫忌避剤DEET(ディート)【Wikipediaより】

ディート (DEET) は昆虫などの忌避剤(虫よけ剤)として用いられる化合物である。IUPAC名は N,N-ジエチル-3-メチルベンズアミドだが、N,N-ジエチル-m-トルアミドとも呼ばれる。分子量 191.27。融点 −45 ℃、沸点 285 ℃で、常温では無色液体である。水には溶けにくくアルコールなどの有機溶媒によく溶ける。CAS登録番号 [134-62-3]。

【Wikipedia】昆虫忌避剤DEET(ディート)

19

 - 経皮毒 , , , , ,

『皮膚から、毒が侵入する「経皮毒」とは?』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

あなたの経費毒危険度チェック!日頃どのくらい意識している?
あなたの経費毒危険度チェック!日頃どのくらい意識している?

あなたは普段の生活で、どのくらい経費毒の危険を意識しているでしょうか?決して神経 …

経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?
経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?

皮膚の強力なバリアをくぐり抜け、皮膚から浸入する経皮毒。ただし、この経皮吸収は、 …

その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう
その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう

妊娠した理由以外で婦人科を訪れることに抵抗がある女性は少なくありません。 恥ずか …

経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?
経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?②

前回は、私たちの体内に化学物質が取り込まれる3つのパターンをご紹介しました。この …

bi_048_01
環境ホルモンが女性ホルモンのバランスを崩す?

環境ホルモンが女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするということが、近年叫 …

性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?
性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?

世界的に見て、婦人病が増えているのは明確ですが、特に気になるのは性の早熟化です。 …

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?
婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART1】

皮膚から有毒な化学物質が吸収されてしまうことを「経皮毒」と呼んでいますが、この経 …

乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。
乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。

環境ホルモンが、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持っていることは、何度もご …

子宮内膜症ってどんな病気なの?そのしくみを知りましょう
子宮内膜症ってどんな病気なの?そのしくみを知りましょう 

よく耳にする病気ではあるけど、どんな病気かよく知らない「子宮内膜症」。 どんなし …

経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?
経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?①

「内分泌攪乱(かくらん)物質」と呼ばれる環境ホルモンは、私たちの身近な製品や食品 …