40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!

      2018/05/06

1x1.trans 消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!

どんなに経皮毒に気をつけても、呼吸することで入ってくる大気汚染や、すべての生き物に循環している水の汚染からは逃げられません。

結局はみんなで少しずつ、環境を良くする方向に向けていくしかないのです。洗剤や化粧品などの日用品は、わたしたち消費者が買わなければ、製品の在り方も変わるはずです。今こそ、意識を高めていきましょう!

危険度の高いものから安全なものへ

1x1.trans 消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!
高度経済成長期において、わたしたちは「安く、大量に、便利に使い捨て」ということをくり返し、環境を破壊するだけでなく、周囲の動植物やひいては人間にも、多大な影響を与えてきました。

環境を破壊した大きな原因は、合成界面活性剤にあると言われています。合成界面活性剤は石油由来のもので、生分解性が低いため廃棄しても土に還りにくく、おまけに毒性が残りやすいという特徴があります。

便利であることを手に入れる一方で、どんどん環境は汚染され、わたしたちの健康までをも害しているのです。早くこのことに気付き、安全な日用品を使うことへ切り替えていかなければなりません。

もはや問題は自分だけではない

アトピーや婦人病、乳ガンなどの増加は、この便利で危険な日用品に少なくとも原因がありそうです。合成界面活性剤の入った日用品をやめただけで、アトピーが治ったという人の話もあるくらいです。

いち早く経皮毒に気付いた婦人科の医師などが、経皮毒の危険性と有害性を訴え続けたおかげで、社会的にも認知度があがり、安全性を意識した食品や日用品も多く出回るようになりました。

つまり、消費者側から見ると選択肢が広がった訳で、正しい判断さえできれば、安全な商品を選んで買うことができるということです。

買わない・使わない・つくらせない

1x1.trans 消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!

企業がつくる製品を、より安全なものにするためには、「危険な製品は売れない」という方程式を作ってしまうことです。

それには、消費者がよりかしこくなり、安全な製品を見抜く力を身につけることです。多様性が増した分、選ぶ能力も必要ですが、選択肢が広がったということは、危険な製品を作らせないことの第一歩です。

日用品や化粧品を買う時、しっかり成分表を見て、安全性の高いものを選びましょう!

環境をよくしなければ、どんなに個人でがんばっても安心して住める環境にはなりません。みんなの意識が上がれば、危険な製品は売れなくなり、やがて作られなくなりますね!

 
117

 - 経皮毒 ,

『消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

母親から胎児へ栄養を運ぶ胎盤は、万能ろ過装置ではなかった?!
母親から胎児へ栄養を運ぶ胎盤は、万能ろ過装置ではなかった?!

お母さんと赤ちゃんを繋ぐ大切な胎盤。赤ちゃんが栄養をもらう胎盤にはバリアー機能が …

あなたの経費毒危険度チェック!日頃どのくらい意識している?
あなたの経費毒危険度チェック!日頃どのくらい意識している?

あなたは普段の生活で、どのくらい経費毒の危険を意識しているでしょうか?決して神経 …

乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。
乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。

環境ホルモンが、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持っていることは、何度もご …

経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?
経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?①

「内分泌攪乱(かくらん)物質」と呼ばれる環境ホルモンは、私たちの身近な製品や食品 …

経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?
経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?②

前回は、私たちの体内に化学物質が取り込まれる3つのパターンをご紹介しました。この …

0代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化
30代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化

性の早熟化と同じように、閉経や更年期障害にも若年化が進んでいます。 早くに生理が …

女性ホルモンってどんな働きをしているの?いまさら聞けない女性ホルモンのお話
女性ホルモンってどんな働きをしているの?いまさら聞けない女性ホルモンのお話

女性ホルモンって、一生のうちにスプーン一杯分しか分泌されないらしいのです。 そん …

環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?
環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?

あるアメリカの実験で、子宮内膜症の起こる要因となる衝撃的な事実が明らかになりまし …

bi_066_01
経皮毒は毎日何度も使う「日用品」から侵入する!!

皮膚から有害物質が入り込む大きな理由は、毎日使う日用品です。 1つだけでなく、朝 …

bi_089_01
薬に経皮毒物質?必ずある副作用と化学物質に注意!

病院で処方される薬、何の疑いもなく飲んでいませんか? もちろん生活や命を脅かす症 …