40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?①

      2016/11/16

「内分泌攪乱(かくらん)物質」と呼ばれる環境ホルモンは、私たちの身近な製品や食品にも含まれています。それらはすでに、様々な経路で体内に侵入し、私たちの身体に蓄積しているといわれています……。まずは、それらの化学物質が体内に入ってくる経路を知りましょう。

【経路1】経口吸収

1x1.trans 経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?①

食物や飲み物と一緒に、口から体内へ吸収される場合です。ほとんどの有害物質は、口から吸収すると思っていいでしょう。

危険な食品については、叫ばれて久しいですが、やはり合成化学物質から作られた添加物は注意したいですね。

その他にも、肉や魚、野菜など、作られる過程(家畜や養殖ならえさや抗生物質、野菜なら農薬や化学肥料)をよく知り、化学物質の影響の少ないものを選びましょう。

飲料水にもダイオキシンが含まれている場合があるので、要注意です。

 

【経路2】吸入して吸収

1x1.trans 経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?①

呼吸することで、空気と一緒に有害物質を吸い込んでしまい、体内に吸収されてしまいます。

一時期はダイオキシン騒動もありましたし、ホルムアルデヒドが引き起こすシックハウス症候群や、アスベストなども吸入することによる健康被害でした。

現在ではPM2.5の有害物質が社会的にも大きな問題となっていますね。

呼吸による吸収は、代謝臓器を通らずに直接血液中へ吸収されるため、危険性が高い経路なのです。

呼吸は誰もがすることですから、自分なりに防御しなくてはいけません。

 

【経路3】経皮吸収

1x1.trans 経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?①

皮膚に触れたり、塗ったりすることで皮膚から吸収されてしまうのが経皮吸収です。

つまり、着ている服や毎日使う化粧品、シャンプーやせっけんなどの日用品から、知らない内に体内に侵入していることになります。

経皮吸収されると、毒素を取り除いてくれる臓器を通ることなく、直接血液やリンパ液に取り込まれ、全身に有毒な物質が運ばれて蓄積します。

経路から見ると、体外に排出される量が、非常に少ないのです。

確かに皮膚からの吸収はごく微量ですが、シャンプーなどの日用品は毎日使いますよね。少しずつでも、蓄積されれば脅威になるということを、覚えておきましょう。

 

今回は、化学物質が私たちの体内に侵入する3種類の経路をご紹介しました。

次回は、その有毒物質が体内でその後どうなるのか?をご紹介していきます。

 

22

 - 経皮毒 , , , ,

『経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?①』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう
その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう

妊娠した理由以外で婦人科を訪れることに抵抗がある女性は少なくありません。 恥ずか …

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】
婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】

PART1でご紹介したように、経皮毒の危険性は得体が知れないだけに、知らないうち …

bi_089_01
薬に経皮毒物質?必ずある副作用と化学物質に注意!

病院で処方される薬、何の疑いもなく飲んでいませんか? もちろん生活や命を脅かす症 …

経費毒を身体の外に追い出すには、どうしたらいいの?
経費毒を身体の外に追い出すには、どうしたらいいの?

どんなに気を使って生活しても、現代の日本に住む限り、100%経費毒を排除すること …

日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?
日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?①

皮膚から有害物質が吸収されてしまうという経皮毒。身体の部位によって、吸収率が違う …

子宮内膜症の治療ってどんなことをするの?
子宮内膜症の治療ってどんなことをするの?

急増している婦人科の病気に「子宮内膜症」がありますが、生理痛が異常にひどいなど月 …

bi_075_01
UVケアと香りケアに潜む経皮毒。ここに注意!

今や光老化は美容の常識となり、一年中紫外線対策をするのは当たり前となりました。 …

有害化学物質や経皮毒から身を守るには
有害化学物質や経皮毒から身を守るには

戦後以降に生まれた現代人は、胎児の時に化学物質汚染の影響を受け、生まれながらに婦 …

有効成分や植物エキスは、肌の中へしみ込まない!
有効成分や植物エキスは、肌の中へしみ込まない!

最近は、コマーシャルであたかも肌の奥へいい成分がしみ込んで届くような表現を多く見 …

シャンプーが婦人病の原因に?
シャンプーから毒が入っていくる?

経皮毒とは、皮膚から有害化学物質を吸収してしまうことです。やっかいなことに、痛み …