40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

コラーゲンやケラチンは、肌に塗って栄養になるの?

      2018/10/15

1x1.trans コラーゲンやケラチンは、肌に塗って栄養になるの?

なんとなく肌によさそうな「コラーゲン」「ケラチン」。確かに皮膚にコラーゲンは存在しますし、ケラチンも爪や皮膚の角質層を作っている成分のことですね。

しかし、それらを配合した化粧品をお肌に塗って、本当に効果が得られるのでしょうか?一緒に考えてみましょう。

皮膚からは何者も入らない

1x1.trans コラーゲンやケラチンは、肌に塗って栄養になるの?

本来、わたしたちの皮膚にはかなり頑丈な皮膚バリアがあります。内部の水分などを外に出さないためと、外部からの異物の侵入を防ぐためです。このバリアはかなり強力で、特に外からはこのバリアが壊れない限り、何者も侵入させないようにしているのです。

ところが、コラーゲンはペプチドという低分子かされたものにし、皮膚から浸透させるという化粧品が搭乗しました。そもそも、タンパクは皮膚から浸透しませんし、表皮に入れて栄養にもなりません。

たとえばアミノ酸でも、肌から入れてタンパク質に再合成されることもありません。ちなみに、コラーゲンを飲んでも消化の段階でアミノ酸に分解されるため、肌にコラーゲンとしてそのまま届くこともないのです。ケラチンも同様に、イメージ先行の売り言葉でしょう。

化粧品のコラーゲンとは?

化粧品に使われるコラーゲンは、加水分解コラーゲンや水溶性コラーゲン、マリンコラーゲンなどですが、これらはウシなどのほ乳類、鳥類、魚類などから作られたものです。

もっといえば、魚のウロコや皮のコラーゲンを加工して作っているのですね!

これをお肌の一番外側の角質層に塗って、本当に有効でしょうか?もし肌に浸透したとしたら、界面活性剤によって肌バリアが破壊されていると疑わざるを得ません。

化粧品は肌の栄養ではない!

1x1.trans コラーゲンやケラチンは、肌に塗って栄養になるの?

お肌の本当の健康とは、ターンオーバーを正常に促して、新陳代謝をさせ、表皮を新しい組織に交代させ続けることです。そもそも一番表面の肌は、垢となって剥がれ落ちていく運命なのに、そこに栄養が必要でしょうか?

お肌の表面には保湿剤以外はあまり必要でないことを知り、化粧品が肌のごちそうだという考え方は、見直した方がよさそうです。

化粧品を「栄養クリーム」とは、誰が呼んだのでしょうね?イメージに惑わされず、正しい知識で化粧品を選びましょう。

166

 - 経皮毒 , , , , ,

『コラーゲンやケラチンは、肌に塗って栄養になるの?』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

bi_081_01
現代人に見られる異常は「継世代毒性」?

母親から子どもへ引き継がれてしまう毒性は、孫の代にまで及んでいます。 特に環境ホ …

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】
婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】

PART1でご紹介したように、経皮毒の危険性は得体が知れないだけに、知らないうち …

その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう
その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう

妊娠した理由以外で婦人科を訪れることに抵抗がある女性は少なくありません。 恥ずか …

地下鉄サリン事件に見る、経費毒の恐ろしさとは?
地下鉄サリン事件に見る、経費毒の恐ろしさとは?

1995年3月20日に起こった、地下鉄サリン事件。 ある宗教団体が起こした同時多 …

bi_048_01
環境ホルモンが女性ホルモンのバランスを崩す?

環境ホルモンが女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするということが、近年叫 …

婦人病の原因は、母親から受け継いだ有害物質かも?!
婦人病の原因は、母親から受け継いだ有害物質かも?!

  妊活中、妊娠中の方にぜひ知っておいていただきたいことがあります。そ …

bi_075_01
UVケアと香りケアに潜む経皮毒。ここに注意!

今や光老化は美容の常識となり、一年中紫外線対策をするのは当たり前となりました。 …

卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ
卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ

精子の危機は前にも書きましたが、実は男性だけでなく、女性の卵子も減少傾向の可能性 …

経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?
経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?

皮膚の強力なバリアをくぐり抜け、皮膚から浸入する経皮毒。ただし、この経皮吸収は、 …

環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?
環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?

あるアメリカの実験で、子宮内膜症の起こる要因となる衝撃的な事実が明らかになりまし …