40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

あなたの経費毒危険度チェック!日頃どのくらい意識している?

      2018/07/25

1x1.trans あなたの経費毒危険度チェック!日頃どのくらい意識している?

あなたは普段の生活で、どのくらい経費毒の危険を意識しているでしょうか?決して神経質になることをおすすめしているワケではありませんが、経費毒におかされる要因は日常のあちこちに潜んでいるので、気をつけて欲しいポイントがあるのです。

あなたの危険度をチェックして、少しずつ心がけてみましょう!

経費毒危険度チェック

では早速、あなたの経費毒危険度をチェックしてみましょう!質問に、「○」か「×」で答えてください。

1x1.trans あなたの経費毒危険度チェック!日頃どのくらい意識している?

1 □成分を確かめてから商品を購入している
2 □リスク意識の高い企業の製品を購入している
3 □食器類は油を拭き取ってから洗っている
4 □食器用洗剤は、環境にやさしいものを使っている
5 □環境にやさしい洗剤の意味を知っている
6 □合成洗剤の種類を知っている
7 □合成洗剤の皮膚に対する毒性を知っている
8 □化粧品を毎日使っている
9 □ラウリル硫酸ナトリウムという化学物質を知っている
10 □プロピレングリコールという化学物質を知っている
11 □経皮吸収という言葉を知っている
12 □経費毒の意味を知っている
13 □化粧品などに表示されている指定成分の意味を知っている
14 □継世代系世代毒性の意味を知っている

★○が8個以上……日用品に対してかなりリスク意識の高い方です。すでに経費毒を避けて生活しているのでは?

★×が8個以上……危険度80%です。日用品の使い方や健康、環境についてもう少し興味を持ちましょう。

経費毒危険度を下げるために

1x1.trans あなたの経費毒危険度チェック!日頃どのくらい意識している?
まずは、経費毒がいかに危険であるかを知っていただきたいと思います。当サイトでも経費毒とは何かを解説しているので、ぜひ他の記事も読んでください。経費毒の影響を一番受けやすいのは、お腹の赤ちゃんや子どもたちです。

しかも女性が経費毒におかされると、子どもからまたその子どもへと受け継がれてしまう負の財産なのです。関心をもって、自分のこと、家族のことを守り、環境を守っていきましょう。

ひとり一人が気をつければ、地球は美しい姿を取り戻します。みんなで力を合わせ、未来を経費毒から守りましょう。

危険度チェックの結果はいかがでしたか?結構難易度が高い!と思った方もいるかもしれませんね。これからも一緒に勉強していきましょう!

144

 - 経皮毒 ,

『あなたの経費毒危険度チェック!日頃どのくらい意識している?』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?
日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?①

皮膚から有害物質が吸収されてしまうという経皮毒。身体の部位によって、吸収率が違う …

経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?
経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?①

「内分泌攪乱(かくらん)物質」と呼ばれる環境ホルモンは、私たちの身近な製品や食品 …

経費毒を身体の外に追い出すには、どうしたらいいの?
経費毒を身体の外に追い出すには、どうしたらいいの?

どんなに気を使って生活しても、現代の日本に住む限り、100%経費毒を排除すること …

0代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化
30代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化

性の早熟化と同じように、閉経や更年期障害にも若年化が進んでいます。 早くに生理が …

bi_066_01
経皮毒は毎日何度も使う「日用品」から侵入する!!

皮膚から有害物質が入り込む大きな理由は、毎日使う日用品です。 1つだけでなく、朝 …

その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう
その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう

妊娠した理由以外で婦人科を訪れることに抵抗がある女性は少なくありません。 恥ずか …

bi_089_01
薬に経皮毒物質?必ずある副作用と化学物質に注意!

病院で処方される薬、何の疑いもなく飲んでいませんか? もちろん生活や命を脅かす症 …

シャンプーが婦人病の原因に?
シャンプーから毒が入っていくる?

経皮毒とは、皮膚から有害化学物質を吸収してしまうことです。やっかいなことに、痛み …

有害化学物質や経皮毒から身を守るには
有害化学物質や経皮毒から身を守るには

戦後以降に生まれた現代人は、胎児の時に化学物質汚染の影響を受け、生まれながらに婦 …

ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?
ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?

経皮毒(皮膚から有害物質が浸透して蓄積すること)の危険性は、毎日使う「洗浄」する …