40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

地下鉄サリン事件に見る、経費毒の恐ろしさとは?

      2018/09/17

1x1.trans 地下鉄サリン事件に見る、経費毒の恐ろしさとは?

1995年3月20日に起こった、地下鉄サリン事件。

ある宗教団体が起こした同時多発テロ事件は、大きな被害と傷あとを残しました。実はあまり知られていないことに、サリンの恐ろしさは、経費毒にあったというのです。どういうことか、詳しく見ていきましょう。

サリンとは?

1x1.trans 地下鉄サリン事件に見る、経費毒の恐ろしさとは?

テロに武器として使われたのが「サリン」という化学物質でした。化学兵器として使われることもあるという、強力な毒性を持つもので、世界初のバイオテロとして日本だけでなく世界中に衝撃を与えたのです。

サリンは、吸収した濃度が高ければ高いほどすぐに症状として現れますが、特徴的なのは呼吸器から吸い込んだものだけでなく、皮膚からも吸収されるということ。
ガスマスクだけでは防ぎきれず、特殊な防護服を着なければ防げないのです。

サリン事件の二次被害

事件当日、現場では数十人にも及ぶ方々が、一瞬のうちに犠牲になってしまいました。ところが、有害化学物質サリンの恐ろしさはそれだけではなかったのです。

事件から数日後、一部の被害者家族に、サリン中毒に似た症状が続出したというのです。症状は軽いめまいやしびれといったものでしたが、直接現場に行っていない家族が、どうしてサリン中毒のようになったのでしょうか?

恐ろしい経費毒

1x1.trans 地下鉄サリン事件に見る、経費毒の恐ろしさとは?

現場でサリンを吸ってしまった人は、重大な被害に遭いました。そして高濃度のサリンが溶け込んだ場所にいたため、被害者たちの身体や着衣につき、被害者とともに自宅や病院に運ばれたのです。つまり、汚染された衣服に触れた医療関係者や家族が、経皮吸収によってサリン中毒を起こしたのではないかと考えられるのです。サリンの二次被害とは、まさしく経費毒によるものということができます。

現実には、これほど高濃度の有害物質に触れることはありませんが、もっと薄い濃度の有害物質には常にさらされていることを、忘れないようにしなくてはいけません。

経費毒が目に見える形となって現れたのが「サリン事件」だったのですね。関係ないことと思わずに、いつも気をつけていたいものです。

162

 - 経皮毒 , , ,

『地下鉄サリン事件に見る、経費毒の恐ろしさとは?』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ
卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ

精子の危機は前にも書きましたが、実は男性だけでなく、女性の卵子も減少傾向の可能性 …

有害化学物質や経皮毒から身を守るには
有害化学物質や経皮毒から身を守るには

戦後以降に生まれた現代人は、胎児の時に化学物質汚染の影響を受け、生まれながらに婦 …

子宮内膜症の治療ってどんなことをするの?
子宮内膜症の治療ってどんなことをするの?

急増している婦人科の病気に「子宮内膜症」がありますが、生理痛が異常にひどいなど月 …

bi_066_01
経皮毒は毎日何度も使う「日用品」から侵入する!!

皮膚から有害物質が入り込む大きな理由は、毎日使う日用品です。 1つだけでなく、朝 …

日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?
日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?①

皮膚から有害物質が吸収されてしまうという経皮毒。身体の部位によって、吸収率が違う …

bi_081_01
現代人に見られる異常は「継世代毒性」?

母親から子どもへ引き継がれてしまう毒性は、孫の代にまで及んでいます。 特に環境ホ …

シャンプーは経皮吸収されやすいってホント?!
シャンプーは経皮吸収されやすいってホント?!

日本では、ほとんどの女性が毎日髪を洗っていますね。 特に若い頃は1日2回シャンプ …

その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう
その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう

妊娠した理由以外で婦人科を訪れることに抵抗がある女性は少なくありません。 恥ずか …

もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情
もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情

日本は、水道水がそのまま飲める、世界でもまれにみる水質を誇っています。 が、もう …

経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?
経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?

皮膚の強力なバリアをくぐり抜け、皮膚から浸入する経皮毒。ただし、この経皮吸収は、 …