40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

婦人病の原因は、母親から受け継いだ有害物質かも?!

      2016/11/16

1x1.trans 婦人病の原因は、母親から受け継いだ有害物質かも?!

 

妊活中、妊娠中の方にぜひ知っておいていただきたいことがあります。それは、赤ちゃんはお腹の中にいる時からすでに母親からの有害化学物質の影響を受けているかもしれない、ということです。大切な赤ちゃんのために、知識と予防を心がけましょう。

お腹の赤ちゃんの方が、影響を受けやすい?

婦人病や女性特有のガンなどは、生後の生活習慣や使用している日用品からの影響よりも、母親の胎内にいた時に、すでに母親が摂取し、溜めてしまっていた化学物質の影響を受けることが、少なからずあるようなのです。

アメリカで行われたアカゲザルの実験では、直接ダイオキシンを与えられたサルそのものよりも、妊娠中にダイオキシンを与えられたサルの子供の方が多く子宮内膜症を発症したという結果が残っています。

このように、胎児の時に受けた環境ホルモンによってホルモン異常を起こし、近年若年化している婦人病や早発月経の原因になっているのでは、と言われているのです。

 

大人とは違う!胎児のホルモン反応

1x1.trans 婦人病の原因は、母親から受け継いだ有害物質かも?!

ホルモンとは、元々必要に応じて分泌され、働きが終わると分泌されなくなるものです。健康な大人の場合、ホルモンが分泌されなくなると、ホルモンが作用していた組織も元に戻るのです。

ところが胎児の場合、一度ホルモンが結びついてしまうと、ホルモンの分泌が止まっても、組織が元の状態に戻らないことがあるというのです。胎盤から分泌されるホルモンが少し多かったり、時期が少しずれたりしただけでも、赤ちゃんは大きな影響を受けてしまうということなのです。

 

生まれながらに蓄積してしまった化学物質

1x1.trans 婦人病の原因は、母親から受け継いだ有害物質かも?!

戦後の経済成長とともに、わたしたちは便利な生活と引き替えに、化学物質にさらされて生活してきました。現代の子どもたちは、生まれた時にはすでに多くの化学物質を身体に溜め込んでいると言えます。それらが、婦人病やその他の障がいを引き起こす原因と考えられています。

これから妊娠を希望する方や、妊娠中の方は、このことをよく知り、生まれてくる赤ちゃんのために、生活の中からできる限り有害化学物質を排除しましょう。

 

直接触れた母親より、お腹の赤ちゃんの方が影響が大きいとは、衝撃ですね!目を背けず、正しい知識を持って、赤ちゃんのために日頃の食べ物や日用品は、安全でよいものを選びたいですね!

 

 

29

 - 経皮毒 , , ,

『婦人病の原因は、母親から受け継いだ有害物質かも?!』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう
その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう

妊娠した理由以外で婦人科を訪れることに抵抗がある女性は少なくありません。 恥ずか …

経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?
経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?

皮膚の強力なバリアをくぐり抜け、皮膚から浸入する経皮毒。ただし、この経皮吸収は、 …

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?
婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART1】

皮膚から有毒な化学物質が吸収されてしまうことを「経皮毒」と呼んでいますが、この経 …

あなたの経費毒危険度チェック!日頃どのくらい意識している?
あなたの経費毒危険度チェック!日頃どのくらい意識している?

あなたは普段の生活で、どのくらい経費毒の危険を意識しているでしょうか?決して神経 …

地下鉄サリン事件に見る、経費毒の恐ろしさとは?
地下鉄サリン事件に見る、経費毒の恐ろしさとは?

1995年3月20日に起こった、地下鉄サリン事件。 ある宗教団体が起こした同時多 …

0代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化
30代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化

性の早熟化と同じように、閉経や更年期障害にも若年化が進んでいます。 早くに生理が …

子宮内膜症ってどんな病気なの?そのしくみを知りましょう
子宮内膜症ってどんな病気なの?そのしくみを知りましょう 

よく耳にする病気ではあるけど、どんな病気かよく知らない「子宮内膜症」。 どんなし …

経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?
経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?②

前回は、私たちの体内に化学物質が取り込まれる3つのパターンをご紹介しました。この …

消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!
消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!

どんなに経皮毒に気をつけても、呼吸することで入ってくる大気汚染や、すべての生き物 …

シャンプーは経皮吸収されやすいってホント?!
シャンプーは経皮吸収されやすいってホント?!

日本では、ほとんどの女性が毎日髪を洗っていますね。 特に若い頃は1日2回シャンプ …