40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART1】

   

1x1.trans 胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART1】
母親から子どもへ受け継がれる環境ホルモンの被害のことを「継世代毒性」としてご紹介してきましたが、さまざまな実験や研究から、胎児の時に受ける有害物質が、一番リスクが高いことがわかってきました。

どうして胎児が危険なのか、詳しくみていきましょう。

赤ちゃんの不可逆的反応とは?

1x1.trans 胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART1】

ホルモンは分泌されると対応するレセプターと結合して対象の組織に作用します。ホルモンが出なくなると、組織は元の状態に戻ります。

ただし、胎児期から新生児期の赤ちゃんは、ホルモンとレセプターが1度くっつくと、ホルモンが出なくなっても組織が元の状態に戻らないことがあるのです。

このことを不可逆的反応と呼びます。胎児期に胎盤から分泌されるホルモンが、ほんの少し崩れただけでも、赤ちゃんには大きな影響があるのです。

先天的に生殖機能や臓器、器官の形成異常、神経系の障害や脳の発達障がいは、この不可逆的反応が原因ではないかと考えられています。

妊娠2〜4ヶ月に性が決まる

1x1.trans 胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART1】
おなかの中の赤ちゃんは、妊娠6〜12週目には生殖器ができあがります。

そして10〜18週目には脳機能がつくられるという大事な時期です。この時期に母親の胎盤から、本来のホルモンではない環境ホルモンが影響を及ぼすと、不可逆的反応を起こして性分化に影響を及ぼす可能性があるというのです。

生殖器の発育不全や性同一性障害などもこの時期の影響のせいではないかと考えられています。

しかも、妊娠18日以前に化学物質の影響を受けた場合には、流産になるか完全に修復されて正常分娩になるか、はっきりと分かれるのだそうです。

赤ちゃんの大切な時期に、母親が環境ホルモンの影響を受けるかどうかは、赤ちゃんの将来を大きく左右するのですね。

妊娠前から妊娠初期は、母親でさえ妊娠気付かない時期です。

知らないとはいえ、赤ちゃんは成長する上で大きな影響を与えられているのです。子どもを持とうと考えている女性は、環境ホルモンに本当に注意して欲しいと思います。

PART2に続く

参考文献:経皮毒からの警告

93

 - 環境ホルモン ,

『胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART1】』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?
環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?

あるアメリカの実験で、子宮内膜症の起こる要因となる衝撃的な事実が明らかになりまし …

環境ホルモンが脳に与える影響とは?
環境ホルモンが脳に与える影響とは?

カップラーメン=環境ホルモンと記憶している方も多いのではないでしょうか? 一時期 …

女性ホルモンと同じ作用を持つ環境ホルモンとは?
女性ホルモンと同じ作用を持つ環境ホルモンとは?

すでに叫ばれて久しい「環境ホルモン」ですが、耳にしたことはあっても、本当にその恐 …

脳の発達障がいが増えているのは、環境ホルモンの影響?
脳の発達障がいが増えているのは、環境ホルモンの影響?

アメリカ五大湖のPCB汚染で明らかになった、子どもたちの知能低下や発達障がい。こ …

身近なところに潜む環境ホルモンに注意!
身近なところに潜む環境ホルモンに注意!

そもそも環境ホルモンって何? 体に有害だと言われることが多い「環境ホルモン」 よ …

性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?
性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?

世界的に見て、婦人病が増えているのは明確ですが、特に気になるのは性の早熟化です。 …

ヒトの精子が減少している?!環境ホルモンの関与とは?
ヒトの精子が減少している?!環境ホルモンの関与とは?

ここ数十年で、婦人病が増えていることは何度も書いてきましたが、実は男性の方へも環 …

bi_085_01
胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART2】

さて、PART1で述べたように、性分化の時期をすぎても、胎児はまだまだ危険にさら …

bi_078_01
アメリカ五大湖汚染は、人へも影響している?その影響とは?

「奪われし未来」を書いたシーア・コルボーン氏は、アメリカ五大湖に生息する野生動物 …

環境ホルモンって結局なに?ほんの少しが命取りになる?
環境ホルモンって結局なに?ほんの少しが命取りになる?

1997年に出版された「奪われし未来」で注目を浴びた環境ホルモン。 日本でもかな …