40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

これだけは知っておきたい!代表的な環境ホルモン~PART2~

      2016/11/16

1x1.trans これだけは知っておきたい!代表的な環境ホルモン~PART2~

環境ホルモンと呼ばれる物質は、私たちの生活するごくごく身近に存在しています。「知らず知らずのうちに」それらを体内に入れことほど恐ろしいことはありません。大袈裟に騒ぐ必要はありませんが、注意すべきものをご紹介していきます。

【フタル酸エステル】

以前、医療用ビニール製の管(チューブ)や袋から、フタル酸エステルが溶け出していることがわかり、大変な問題となりました。

フタル酸エステルは、女性ホルモン「エストロゲン」と似た作用を起こすと言われ、塩ビ製のおもちゃ、セロハン、人造皮革などに対し、固い樹脂を柔らかくする為の「可塑剤(かそざい)」として使われています。

また、化粧品やラッカー、接着剤、染料などの「揮発剤」にも使用されます。これらの日用品を買う時、特に子ども用品を買う時には気をつけてチェックしましょう。

フタル酸エステルが及ぼす影響

エストロゲンと似た作用を引き起こすと考えられるため、特に胎児に注意が必要です。もしも胎児が吸収すると、
・生殖器障がい
・発達障がい
などを引き起こす可能性が高くなると言われているので、妊娠中やこれから妊娠を考えている方は、できる限り触れたくない物質です。

【ノニルフェノール】

洗剤やシャンプーなど、合成界面活性剤の成分としてよく含まれており、石油製品や洗剤の酸化防止剤としても使われることの多い化学物質です。

女性ホルモン「エストロゲン」と似た作用を持つと考えられており、乳ガン細胞を増殖させるのではないかと言われています。

洗剤やシャンプー、石油製品を買う場合は、よく使われている成分を調べましょう。

【スチレン】

1x1.trans これだけは知っておきたい!代表的な環境ホルモン~PART2~

一時期、カップラーメン=環境ホルモンと騒がれたのがこの「スチレン」です。発泡スチロールの原料となり、これも女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをすると言われています。

特に乳ガンの発症に関係があると言われているだけに、食品の梱包、形状にも気をつけたいものです。

いずれも、必ず影響があると実証されてはいませんが、可能性がある以上は、自分と家族から遠ざけたい物質たちです。本当に安全なものを見極める目を育てましょう。

これだけは知っておきたい!代表的な環境ホルモン~PART1~
これだけは知っておきたい!代表的な環境ホルモン~PART3~

45

 - 環境ホルモン , , , ,

『これだけは知っておきたい!代表的な環境ホルモン~PART2~』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

1兆分の1グラムで障がいを引き起こす?!環境ホルモン
1兆分の1グラムで障がいを引き起こす?!環境ホルモン

月経周期によって、体調や気分までも左右される女性。これが女性ホルモンの働きによる …

ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?
ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?

経皮毒(皮膚から有害物質が浸透して蓄積すること)の危険性は、毎日使う「洗浄」する …

身近なところに潜む環境ホルモンに注意!
身近なところに潜む環境ホルモンに注意!

そもそも環境ホルモンって何? 体に有害だと言われることが多い「環境ホルモン」 よ …

環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?
環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?

あるアメリカの実験で、子宮内膜症の起こる要因となる衝撃的な事実が明らかになりまし …

ヒトの精子が減少している?!環境ホルモンの関与とは?
ヒトの精子が減少している?!環境ホルモンの関与とは?

ここ数十年で、婦人病が増えていることは何度も書いてきましたが、実は男性の方へも環 …

人間にもあてはまる?世界各地の野生動物に生殖異常?!
人間にもあてはまる?世界各地の野生動物に生殖異常?!

わたしたちの身体は、ホルモンが分泌されることによって、身体の代謝や神経伝達など生 …

胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART1】
胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART1】

母親から子どもへ受け継がれる環境ホルモンの被害のことを「継世代毒性」としてご紹介 …

bi_082_01
環境ホルモンが関係しているかもしれない?健康被害

アカゲザルの実験で、ダイオキシンが子宮内膜症を引き起こす危険因子かもしれないとい …

bi_085_01
胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART2】

さて、PART1で述べたように、性分化の時期をすぎても、胎児はまだまだ危険にさら …

環境ホルモンがわずかで作用する、そのわずかはどのくらい?
環境ホルモンがわずかで作用する、そのわずかはどのくらい?

「ほんの少し」で私たちの身体に影響を与えてしまう環境ホルモン。 身体の中にはいろ …