40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

身近にある環境ホルモン!その名前を詳しく知ろう!

   

1x1.trans 身近にある環境ホルモン!その名前を詳しく知ろう!
環境ホルモンと言われても、一体何に気をつけたらいいかわかりませんよね?

そこで、わたしたちの日常生活に身近に存在する環境ホルモンをご紹介します。

中には経皮吸収されるおそれがあるものもありますので、充分に注意していただきたいところです。

身近な環境ホルモンたち

1x1.trans 身近にある環境ホルモン!その名前を詳しく知ろう!
では、早速環境ホルモンと認定される身近な化学物質をご紹介しましょう。すぐ近くにある、ということを忘れないでください。

・ダイオキシン

「人類が生み出した最強の猛毒」として知られる化学物質で、その中でもTCDDの毒性は青酸カリの1000倍とも言われています。

ダイオキシンの一番の特徴は、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用をすること。子宮内膜症や尿道下裂、免疫機能の低下、アレルギー症の原因だとする説もあります。

ダイオキシンはプラスチック製品を焼却したり、合成する時に生成されます。塩素系漂白剤、農薬(殺虫剤)、化学肥料、洗剤などの副生成物としても発生することがあるので、日用品には注意が必要です。

1x1.trans 身近にある環境ホルモン!その名前を詳しく知ろう!

・ビスフェノールA

かつて、合成エストロゲンを生成しようとしていたビスフェノールAは、もちろんエストロゲンと同じような作用を持ちます。
食器や哺乳瓶、CDなどのディスク、電子機器によく使用されるポリカーボネート樹脂やエポキシ樹脂の原料になります。高温になると溶け出すため、口に入るものには注意が必要です。

・フタル酸エステル

塩化ビニル樹脂のおもちゃ、セロハン、人造皮革などの可塑剤として、また化粧品、ラッカー、接着剤、染料などの揮発剤に使われています。これもエストロゲンと同様の作用を示すとされ、身近にあります。

・ノニルフェノール

最初に発見された環境ホルモンです。合成界面活性剤として洗剤やシャンプー、洗剤や石油製品の酸化防止剤として広く用いられています。エストロゲンと同様様の作用があります。

・スチレン

発泡スチロールの原料になります。以前カップラーメンの容器からこれが溶け出すとして一時期カップラーメン容器が変わりました。これもエストロゲン同様の作用があると考えられます。

他にもPCBやDDTといった、すでに生産中止になったものもあります。

しかしながら、それらは生産中止から数十年経っても環境中や人体、人の胎盤から検出され続けています。できるかぎり、疑いのあるものは排除して生活したいものですね。

参考文献:経皮毒からの警告
 
88

 - 環境ホルモン , , , , ,

『身近にある環境ホルモン!その名前を詳しく知ろう!』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

女性ホルモンと同じ作用を持つ環境ホルモンとは?
女性ホルモンと同じ作用を持つ環境ホルモンとは?

すでに叫ばれて久しい「環境ホルモン」ですが、耳にしたことはあっても、本当にその恐 …

ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?
ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?

経皮毒(皮膚から有害物質が浸透して蓄積すること)の危険性は、毎日使う「洗浄」する …

環境ホルモンがわずかで作用する、そのわずかはどのくらい?
環境ホルモンがわずかで作用する、そのわずかはどのくらい?

「ほんの少し」で私たちの身体に影響を与えてしまう環境ホルモン。 身体の中にはいろ …

これだけは知っておきたい!代表的な環境ホルモン~PART3~
これだけは知っておきたい!代表的な環境ホルモン~PART3~

知らないうちに、忍び寄る環境ホルモンの影響。病気になってから後悔しても遅いのです …

ヒトの精子が減少!原因は環境ホルモンかも?
ヒトの精子が減少!原因は環境ホルモンかも?

少子化が問題とされていますが、実は成人男性の精子数が減っているという衝撃的な事実 …

bi_078_01
アメリカ五大湖汚染は、人へも影響している?その影響とは?

「奪われし未来」を書いたシーア・コルボーン氏は、アメリカ五大湖に生息する野生動物 …

環境ホルモンが生殖異常に影響を与えているカラクリ
環境ホルモンが生殖異常に影響を与えているカラクリ

少子化が叫ばれていますが、これは若い世代の結婚観だけとは限らない、環境ホルモンの …

胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART1】
胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART1】

母親から子どもへ受け継がれる環境ホルモンの被害のことを「継世代毒性」としてご紹介 …

脳の発達障がいが増えているのは、環境ホルモンの影響?
脳の発達障がいが増えているのは、環境ホルモンの影響?

アメリカ五大湖のPCB汚染で明らかになった、子どもたちの知能低下や発達障がい。こ …

環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?
環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?

あるアメリカの実験で、子宮内膜症の起こる要因となる衝撃的な事実が明らかになりまし …