40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

身近なところに潜む環境ホルモンの影響

      2016/11/16

化粧品やパーソナルケア製品にも使われていることも!

体に有害なことが知られている環境ホルモン。なんと、化粧品やパーソナルケア製品にも使われていることがあります。具体的には、防腐剤として使われている一部のパラベン、日焼け止めメチルベンジリデンカンファーやオキシベンソン、界面活性剤のフェノールエトキシレート類、可塑剤のフタル酸ジメチル、制汗剤のアルミニウム塩などがそれにあたります。

ドキッとして思わず成分表示一覧をチェックされた方もいるのはないでしょうか?それくらい、環境ホルモンが私たちの慣れ親しんだものにも使われているから驚きですよね><

1x1.trans 身近なところに潜む環境ホルモンの影響

なかなかやっかいな環境ホルモン

環境ホルモンは、人のホルモンと似ていて、さまざまなホルモンの作用をかく乱する合成化学物質です。体内の天然のホルモンがもっている合成、放出、結合、代謝といった働きを模倣したり、変性したり、妨害したりする可能性があります。

そして、広く一般に知られているように環境ホルモンの怖いところは、生殖器への影響やがんを誘発することです。特に、DDT(有機塩素化合物)は、ハクトウワシを使った実験で、女性ホルモンのエストロゲンに作用し、殻が薄くて孵化しない卵を産むようになった、という結果が出ているそうです。

米国環境保護庁は、このような事実を憂慮して、特にガンに対するリスクを懸念して、1971年にDDTの使用を禁止したようです。こうした影響は、後から詳しく調査しないと分からない、ということがありますよね。環境ホルモンは生殖異常や骨格の異常など雛にも影響がでるといわれているんです。

1x1.trans 身近なところに潜む環境ホルモンの影響

生殖機能への影響

また、化学物質に環境ホルモンとしての作用があるか調べるために、さまざまな方法も開発されてきました。そして、環境ホルモンの影響は、実験動物では広く確認されています。そして、それらの実験で確認された異常はヒトで増えているさまざまな異常と一致しています。

たとえば、先進諸国では精子数の減少、アメリカ人男性では停留睾丸や精巣ガンのリスクも増加しているのです。さらに、胎児、とくに男児が環境ホルモンに敏感に反応し、ダメージを受けやすいということが認められています。

環境ホルモン作用のある化学物質が含まれた日用品を使い続け、体内に蓄積されてゆけば、そうしたリスクにさらされることは必至といえるのではないでしょうか。冒頭で紹介した通り、環境ホルモンは身近な日用品にも含まれています。

日々新しい化学物質が開発されている中、なかなか後の影響まで予測するのは難しいですよね。影響が出て禁止されてから気づいても遅い、という場合もあります。安易に便利な日用品に手を出さないよう、知識を蓄えて成分表示をよくチェックしたいですね。

09

 - 環境ホルモン

『身近なところに潜む環境ホルモンの影響』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?
ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?

経皮毒(皮膚から有害物質が浸透して蓄積すること)の危険性は、毎日使う「洗浄」する …

環境ホルモンが脳に与える影響とは?
環境ホルモンが脳に与える影響とは?

カップラーメン=環境ホルモンと記憶している方も多いのではないでしょうか? 一時期 …

産婦人科の現場、肌で感じる化学物質の影響とは?
産婦人科の現場、肌で感じる化学物質の影響とは?

環境省は、1998年以来発表してきた環境ホルモンのリストを「社会不安をあおる」な …

これだけは知っておきたい!代表的な環境ホルモン~PART2~
これだけは知っておきたい!代表的な環境ホルモン~PART2~

環境ホルモンと呼ばれる物質は、私たちの生活するごくごく身近に存在しています。「知 …

環境ホルモンがわずかで作用する、そのわずかはどのくらい?
環境ホルモンがわずかで作用する、そのわずかはどのくらい?

「ほんの少し」で私たちの身体に影響を与えてしまう環境ホルモン。 身体の中にはいろ …

ヒトの精子が減少している?!環境ホルモンの関与とは?
ヒトの精子が減少している?!環境ホルモンの関与とは?

ここ数十年で、婦人病が増えていることは何度も書いてきましたが、実は男性の方へも環 …

性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?
性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?

世界的に見て、婦人病が増えているのは明確ですが、特に気になるのは性の早熟化です。 …

食物連鎖のトップは人間。濃縮汚染から守るためには
食物連鎖のトップは人間。濃縮汚染から守るためには

食べ物には気をつけていても、知らず知らず汚染されたものを口にしていることがありま …

bi_048_01
環境ホルモンが女性ホルモンのバランスを崩す?

環境ホルモンが女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするということが、近年叫 …

ヒトの精子が減少!原因は環境ホルモンかも?
ヒトの精子が減少!原因は環境ホルモンかも?

少子化が問題とされていますが、実は成人男性の精子数が減っているという衝撃的な事実 …