40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

脳の発達障がいが増えているのは、環境ホルモンの影響?

      2018/04/24

1x1.trans 脳の発達障がいが増えているのは、環境ホルモンの影響?
アメリカ五大湖のPCB汚染で明らかになった、子どもたちの知能低下や発達障がい。これは、血液—脳関門ができあがっていない胎児の時に環境ホルモンの影響を受けると起きると言われています。

注意欠陥多動性障害発達障がいが増えているのは、環境ホルモンと何か関係があるのでしょうか?

増えている脳の発達障がい

アメリカでは、小学生の40人に1人が注意欠陥性多動性障害(ADHD)と報告されていますが、日本でも明らかによく聞く障がいになってきました。

もちろん昔からクラスに1人程度はいましたが、今やADHDの行動異常で学級崩壊が起きたりすることも少なくないようです。脳の病気という社会的な認識はまだまだ低く、ひとりで悩む子どもも多いようです。

また、特定の教科だけが不得意な学習障害(LD)自閉症などの脳の発達障がいからくるものと考えられており、胎児期に受けた何らかの刺激によって、脳のドーパミン神経の発達が阻害され起こるのではないかという説があります。

ニートと脳の発達障がい

1x1.trans 脳の発達障がいが増えているのは、環境ホルモンの影響?
ニートとは、近年社会問題にもなった仕事をしない若者たちのことですが、これについて厚生労働省が行った調査報告があります。

2006年に行われた調査によると、ニートの若者155人のうち36人の23.6%には、行動の特徴や成育歴、指導記録などから脳の発達障がい、またはその疑いがあると明らかにされたのです。

これまで本人の自覚の問題とされてきた社会性の欠如が、実は脳の障害である可能性が出てきたため、就労支援の内容を見直すという方針に決められたそうです。

継世代毒性の可能性

1x1.trans 脳の発達障がいが増えているのは、環境ホルモンの影響?

脳の発達障がいは継世代毒性の影響を強く受けることは知られています。また、近年の発症数の多さも考えてみると、母親となる女性が化学物質に汚染されているのではないかと疑わざるを得ません。

もちろん、これは母親だけの責任ではなく、女性が化学物質の影響を受けやすく、それが胎児にまで受け継がれることを認識し、社会全体で改善していくべきものです。

経皮毒を含めた化学物質が、どのような悪影響をもたらしているのか、一刻も早い解明が待たれます。

近年、発達障がいやADHDという言葉をよく耳にします。脳の発達障がいであるという認識を、社会全体が持ち、その大元を断つように取り組んでいきたいですね。

113

 - 環境ホルモン , ,

『脳の発達障がいが増えているのは、環境ホルモンの影響?』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART1】
胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART1】

母親から子どもへ受け継がれる環境ホルモンの被害のことを「継世代毒性」としてご紹介 …

ヒトの精子が減少!原因は環境ホルモンかも?
ヒトの精子が減少!原因は環境ホルモンかも?

少子化が問題とされていますが、実は成人男性の精子数が減っているという衝撃的な事実 …

環境ホルモンが脳に与える影響とは?
環境ホルモンが脳に与える影響とは?

カップラーメン=環境ホルモンと記憶している方も多いのではないでしょうか? 一時期 …

ヒトの精子が減少している?!環境ホルモンの関与とは?
ヒトの精子が減少している?!環境ホルモンの関与とは?

ここ数十年で、婦人病が増えていることは何度も書いてきましたが、実は男性の方へも環 …

性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?
性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?

世界的に見て、婦人病が増えているのは明確ですが、特に気になるのは性の早熟化です。 …

1兆分の1グラムで障がいを引き起こす?!環境ホルモン
1兆分の1グラムで障がいを引き起こす?!環境ホルモン

月経周期によって、体調や気分までも左右される女性。これが女性ホルモンの働きによる …

bi_078_01
アメリカ五大湖汚染は、人へも影響している?その影響とは?

「奪われし未来」を書いたシーア・コルボーン氏は、アメリカ五大湖に生息する野生動物 …

食物連鎖のトップは人間。濃縮汚染から守るためには
食物連鎖のトップは人間。濃縮汚染から守るためには

食べ物には気をつけていても、知らず知らず汚染されたものを口にしていることがありま …

ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?
ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?

経皮毒(皮膚から有害物質が浸透して蓄積すること)の危険性は、毎日使う「洗浄」する …

身近なところに潜む環境ホルモンの影響
身近なところに潜む環境ホルモンの影響

化粧品やパーソナルケア製品にも使われていることも! 体に有害なことが知られている …