40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

日用品に潜むガンの危険?!具体的な発がん性物質とは?

      2018/04/27

1x1.trans 日用品に潜むガンの危険?!具体的な発がん性物質とは?
洗剤や化粧品には、添加剤がたくさん配合されていますが、その中には発がん性を指摘される成分があることをご存知でしょうか?

添加剤は石油からつくられた合成化学物質であることが多く、しかも合成界面活性剤によって皮膚から浸入し、全身をめぐったうえに、脂肪組織に堆積してしまうのです。

では、その危険性と、具体的な発がん性物質をご紹介しましょう。

経皮毒の危険性

1x1.trans 日用品に潜むガンの危険?!具体的な発がん性物質とは?
洗顔やシャンプー、化粧品といった日用品のほとんどに、合成界面活性剤が使われています。その上、石油系の合成化学物質も添加剤として多く使われており、合成界面活性剤で皮膚バリアを破られたところに、それらが侵入してきます。

こうして経皮吸収された化学物質は、血液やリンパ液に乗って全身をかけめぐり、居心地のいい場所を探すのです。

発がん性を持つと言われる化学物質は、脂肪組織が大好き。長時間留まることで、ガン発生の危険性が高まってしまいます。

食べ物と経皮毒、どっちが危険?

健康でいたい方は、食べ物など口から入れるものには気を使っていますね。でも、皮膚からの毒性物質の侵入のことは知らない、もしくは気にしていない人が多く、あんなに食生活に気をつけて生活していたのにガンになった……、ということになるのです。

経皮毒によるガンの発症までは、10〜30年かかると言われています。経費吸収した化学物質は、食べ物から吸収したものより体内に留まることが多く、溜まってしまうため、危険性が高いのです。

多くの人に、食べ物だけでなく、日頃使う日用品にも目を向けて欲しいと思います。

1x1.trans 日用品に潜むガンの危険?!具体的な発がん性物質とは?

【日用品に含まれる発がん性物質】

・ジエタノールアミン(DEA)…乳化剤、湿潤剤
・トリエタノールアミン(TEA)…乳化剤、湿潤剤
・ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)…酸化防止剤
・ブチルヒドロキシアニソール(BHA)…酸化防止剤
・オルトフェニルフェノール(OPP)…防腐剤、保存料
・トリクロサン…防腐剤、保存料
・トリクロロカルバニリド(トリクロカルバン)…防腐剤、保存料
・パラフェニレンジアミン(PPD)…染毛剤
・ウロカニン酸エチル…紫外線吸収剤
・タール色素…着色料
・蛍光増白剤…蛍光剤

日用品にガン発症の危険があるなんて、知らない人も多いのでは?

何に気をつけたらいいのか、しっかりした知識が必要ですね!

114

 - 発ガン物質 ,

『日用品に潜むガンの危険?!具体的な発がん性物質とは?』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

気をつけるべき、化粧品やパーソナルケア製品に含まれる発がん物質
気をつけるべき、化粧品やパーソナルケア製品に含まれる発がん物質

明らかな発ガン性が認められているのに未だに使用されている化学物質があると聞いたら …

危険物質から、あなたの大切な赤ちゃんを守ろう
危険な日用品から赤ちゃんを守るために知っておきたいこと2

危険物質から、あなたの大切な赤ちゃんを守ろう!② お母さん達にとって、赤ちゃんは …

化粧品やパーソナルケア製品の発ガンリスクを知っていますか?
化粧品やパーソナルケア製品の発ガンリスクを知っていますか?

様々な化粧品やパーソナルケア製品に、合計70種類もの発ガン性が疑われる物質が?? …

危険物質から、あなたの大切な赤ちゃんを守ろう
危険な日用品から赤ちゃんを守るために知っておきたいこと4

危険物質から、あなたの大切な赤ちゃんを守ろう!④ 赤ちゃんにも使われる製品を通し …

危険物質から、あなたの大切な赤ちゃんを守ろう
危険な日用品から赤ちゃんを守るために知っておきたいこと3

危険物質から、あなたの大切な赤ちゃんを守ろう!③ 当たり前に使っていた商品に有害 …