40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

危険な日用品から赤ちゃんを守るために知っておきたいこと4

      2016/11/16

1x1.trans 危険な日用品から赤ちゃんを守るために知っておきたいこと4

危険物質から、あなたの大切な赤ちゃんを守ろう!④

赤ちゃんにも使われる製品を通して、私たちの体に害になる成分について、前回より数回に分けてご紹介してきました。実は、危険な成分は、いずれも安全な代替成分が容易に入手できるのです。今回は、どうして危険な成分が使われ続けるという事態が起こっているのか、日本がお手本にしているといっても過言ではない、アメリカの動きをご紹介します。

 

化粧品業界は、安全性より利益を優先している><

どうして、数十億ドル規模の化粧品やバスルーム製品の業界は、安全な代替成分を使わないのでしょう?それは、業界団体の最優先事項が、企業間の競争に勝つことにあるからです。アメリカのエドワード・M・ケネディ上院議員が述べたように「国民の健康よりも自分たちの利益を優先している」ということのようです。

 

公的機関も責任放棄!?

食品医薬品局は、権限があるにもかかわらず、規制することを放棄し、業界の利益に加担している状況だそうです。さらに、国立ガン研究所と「非営利」の米国ガン協会は、ベビー用品を使うことで生じるガンのリスクを一般市民に知らせていないという無責任ぶり。最近の数十年で小児ガンの発生率が急上昇しているにもかかわらずにです。これは、多数の化粧品やバスルーム製品の大手企業から、毎年10万ドルを超える献金を受けているためと言われています。

1x1.trans 危険な日用品から赤ちゃんを守るために知っておきたいこと4

安全な製品が普及するための動きも

この状態を改善するために、化粧品のなかの発ガン成分と、ホルモン作用や他の毒性をもつ成分の開示を求める画期的な法案が提出されたそうです。

結果的にこの法案は、強大な力をもつ大手企業の関係者らの反対にあい、成立しなかったとのことですが、アメリカか全土で、情報が明らかにされていない危険な製品や成分から消費者とその子どもを守ろうとする取り組みの先駆けとなっていったようです。

 

今では、有機製品をはじめとする安全な代替製品や成分が、だんだん入手しやすくなってきているとのことです。このように有志の動きが活発になり、より安全な製品が市場に増えてくるといいですよね。

以前はTVCM、新聞、雑誌などはスポンサー企業がついているので、製品の悪い部分を指摘されることがなかったですが、今ではインターネットでスポンサーなど気にせずさまざまな情報が公開できますので、私たちも多くの事実を知ることができるようになりました。

えっっ???今まで知らずに使ってしまってた・・・といった事も知ってしまいますが、今後は本当にいいもの、安全なものを使っていきたいですし、伝えていきたいと思います!!

 

16

 - ベビー用品, 化粧品業界, 発ガン物質

『危険な日用品から赤ちゃんを守るために知っておきたいこと4』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

皮膚バリアを破壊する、シャンプーやクレンジングとは?
皮膚バリアを破壊する、シャンプーやクレンジングとは?

最強のバリアである皮膚。表皮は、料理用ラップ2枚分の薄さでありながら、外からの侵 …

お肌の「不全角化」って何?化粧品によって起こる不健康な肌
お肌の「不全角化」って何?化粧品によって起こる不健康な肌

スキンケアには、とにかく保湿が大切!化粧水で潤して、クリームでフタをしてください …

化粧品やパーソナルケア製品の発ガンリスクを知っていますか?
化粧品やパーソナルケア製品の発ガンリスクを知っていますか?

様々な化粧品やパーソナルケア製品に、合計70種類もの発ガン性が疑われる物質が?? …

危険物質から、あなたの大切な赤ちゃんを守ろう!
危険な日用品から赤ちゃんを守るために知っておきたいこと1

危険物質から、あなたの大切な赤ちゃんを守ろう!① 赤ちゃんが生まれると、お母さん …

お肌を守ってくれる常在菌とは?
お肌を守ってくれる常在菌とは?その働きと機能について

わたしたちの肌には「常在菌」と呼ばれる菌たちが棲んでいるのをご存知ですか?「肌に …

化粧品の効果は、配合された成分のおかげじゃなかった?
化粧品の効果は、配合された成分のおかげじゃなかった?

シワ、シミは女性のエイジングケアとして最大の関心事です。巷では大々的に「シワが消 …

ベビー用品にもちょっと待った!経皮毒の可能性
ベビー用品にもちょっと待った!経皮毒の可能性

ベビー用品に限らず「弱酸性」「低刺激」という文言を信じ切っていませんか? ベビー …

bi_080_01
化粧品「成分全表示」の落とし穴とは?

2001年に化粧品の使用成分はすべて表示するように法律改定されてから15年が経ち …

皮膚は最大最強のバリア
皮膚は最大最強のバリア。どんな役割をしてくれているの?

私たちの身体を覆っている皮膚。この皮膚は、最大で最強のバリア機能を持っています。 …

気をつけるべき、化粧品やパーソナルケア製品に含まれる発がん物質
気をつけるべき、化粧品やパーソナルケア製品に含まれる発がん物質

明らかな発ガン性が認められているのに未だに使用されている化学物質があると聞いたら …