40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

お肌を守ってくれる常在菌とは?その働きと機能について

      2016/11/16

1x1.trans お肌を守ってくれる常在菌とは?その働きと機能について

わたしたちの肌には「常在菌」と呼ばれる菌たちが棲んでいるのをご存知ですか?「肌に菌が棲んでるなんて気持ち悪い!」と思わないで。常在菌たちは、お肌を大切に守ってくれているのです。

常在菌ってなに?

常在菌とは、わたしたちの肌に棲み、皮膚の表面の脂質や角質層のはがれたものなどを食べてくれているお肌の守り手です。約200種類、皮膚や頭皮1㎠あたり20万個もの常在菌がいるとされており、皮膚の健康を保つために役立っていると考えられています。

常在菌の良い働き

常在菌の役割について、まだはっきりとわかっていないことも多いのですが、ここでは2つ挙げてみます。

①皮脂膜の生産
常在菌が出す酵素「リパーゼ」が、油脂の一部を分解して皮脂となります。それによって、お肌のバリアである皮脂膜を作ると考えられています。

②新しい角質層の誕生
皮膚の中で死んだ細胞である角質層は、レンガのようにバリア機能を発揮します。その皮膚の角化に役立っているのが常在菌であると言われています。

常在菌の主な働き

1x1.trans お肌を守ってくれる常在菌とは?その働きと機能について

常在菌は、皮脂を食べています。エサを消化することによって脂肪酸に変え、肌を弱酸性に保ってくれるのです。つまり除菌効果のあるお肌にしてくれ、悪玉菌の繁殖を防いでくれているのです。
また、紫外線やほこりなど外部の刺激からお肌を守る役割もあり、善玉菌と悪玉菌がバランスよくお肌に存在することで、肌のバリア機能が高まるのです。

合成洗剤で常在菌がいなくなる?

お肌にとって、必要不可欠な常在菌。洗顔フォームやクレンジング、ボディシャンプーやシャンプーなどに含まれている合成洗剤が、常在菌のエサである皮脂をキレイに洗い流してしまうと、常在菌は皮膚に棲めなくなってしまいます。合成洗剤の他に、常在菌が食べられない合成ポリマーでできたジェルやクリームもお肌にはNGです。

常在菌がいないとお肌はどうなる?

常在菌の役割でお話ししたように、常在菌がいなくなると、お肌を守ってくれる存在がいなくなるので、肌のバリア機能が低下し、あらゆる皮膚のトラブルが起こる可能性があります。洗いすぎによる皮膚トラブルが起こるのは、常在菌が減ってしまっているからかもしれません。

合成洗剤や合成ポリマーに注意して、お肌から常在菌を減らさないように気をつけていきましょう。

35

 - 化粧品業界 , ,

『お肌を守ってくれる常在菌とは?その働きと機能について』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

皮膚バリアを破壊する、シャンプーやクレンジングとは?
皮膚バリアを破壊する、シャンプーやクレンジングとは?

最強のバリアである皮膚。表皮は、料理用ラップ2枚分の薄さでありながら、外からの侵 …

化粧品の効果は、配合された成分のおかげじゃなかった?
化粧品の効果は、配合された成分のおかげじゃなかった?

シワ、シミは女性のエイジングケアとして最大の関心事です。巷では大々的に「シワが消 …

危険物質から、あなたの大切な赤ちゃんを守ろう
危険な日用品から赤ちゃんを守るために知っておきたいこと4

危険物質から、あなたの大切な赤ちゃんを守ろう!④ 赤ちゃんにも使われる製品を通し …

「試験管の実験」で効果があっても、本当に肌に効果はあるの?
「試験管の実験」で効果があっても、本当に肌に効果はあるの?

肌にはバリア機能があると、くり返し書いてきました。水が肌に浸透しないように、外か …

お肌の「不全角化」って何?化粧品によって起こる不健康な肌
お肌の「不全角化」って何?化粧品によって起こる不健康な肌

スキンケアには、とにかく保湿が大切!化粧水で潤して、クリームでフタをしてください …

皮膚は最大最強のバリア
皮膚は最大最強のバリア。どんな役割をしてくれているの?

私たちの身体を覆っている皮膚。この皮膚は、最大で最強のバリア機能を持っています。 …

bi_080_01
化粧品「成分全表示」の落とし穴とは?

2001年に化粧品の使用成分はすべて表示するように法律改定されてから15年が経ち …

時代とともに変わる、化粧品の法制度とは?
時代とともに変わる、化粧品の法制度とは?

クレオパトラがメイクをしていたことは有名ですが、古代から化粧の歴史は続いています …