40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

婦人病が増加している背景とは?③快適・便利な日用品

      2016/11/16

1x1.trans 婦人病が増加している背景とは?③快適・便利な日用品

生活環境の劇的な変化が、現代の女性たちの婦人病を増やす原因になっているのではないか? と書いてきました。今回は、大きく変わった「日用品」から、わたしたちの健康を見ていきましょう。

日用品は、どんな風に変わったの?

1x1.trans 婦人病が増加している背景とは?③快適・便利な日用品

わたしたちが毎日使う日用品には、どんなものがあるでしょうか?食器や洋服、洗剤や化粧品、シャンプー……ありとあらゆる便利なものが、非常に手頃な値段で売られています。一昔前は、木製、ガラス製、陶器だったものがプラスチック製品に取って代わり、おまけに使い捨てされて大量のゴミとなっています。燃やすと猛毒のダイオキシンが発生するのは周知の通りです。そして、衣服や洗剤、化粧品にいたるまで、プラスチックと同じ「石油」からできる合成化学物質で作られていることに気が付いているでしょうか?

石油依存が定着した1970年代に石油が高騰し「オイルショック」という騒動があったように、現代では日用品は石油なしではありえなくなっています。

 

石油由来の日用品、なにがいけないの?

石油は、読んで字のごとく「油」です。それを加工して作られるのは「合成化学物質」です。この技術によって、大量生産を可能にし、生活はより便利に、安価なものが手に入るようになりましたが、人体にどのような影響があるかは、ほとんど検討されなかったと言います。

また「油」である石油を水と混ぜるために使う「合成界面活性剤」は、化粧品や洗剤、シャンプーなどさまざまな日用品に含まれていますが、わたしたちの健康を害するのではないかと叫ばれて久しいのです。殊に、これらは皮膚から吸収されることもあり、特に女性や子どもたちに害をおよぼす可能性があると、警鐘を鳴らしています。

 

どんな日用品を選べばいいの?

1x1.trans 婦人病が増加している背景とは?③快適・便利な日用品

肌に触れる日用品は、衣服をはじめとして、赤ちゃんのおむつから女性の生理用品まで、とにかく厳しく正しい選択眼で、しっかり選んでください。一番わかりやすいのは、できる限り石油由来の商品を選ばないことです。もちろん、化粧品やシャンプーも同じです。

まずは、身近なクレンジング、洗顔、シャンプーなど、洗浄剤としての「合成界面活性剤」に注意を向けてみましょう。洗浄力が強すぎて、肌のバリア機能までも破壊し、皮膚から有害物質が侵入しやすくなってしまう原因になっていることも。

 

文明や科学技術の向上で、便利になった一方、わたしたちの健康は新しい危険にさらされることになってしまいました。特に女性は、化粧品や衛生用品等、男性よりもずっと化学物質に近い存在です。近年に見られる婦人病の増加が、それを物語っているように感じます。家族の健康の為にも、使用するわたしたちが、賢い目で商品を選んでいきましょう!

26

 - 婦人病 , , ,

『婦人病が増加している背景とは?③快適・便利な日用品』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

シャンプーで婦人病に?!本当は怖い、シャンプーの話 
シャンプーで婦人病に?!本当は怖い、シャンプーの話

数十年の間に、子宮内膜症や子宮筋腫の若年化が進んでいます。これは、昔はほとんどな …

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?
婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART1】

皮膚から有毒な化学物質が吸収されてしまうことを「経皮毒」と呼んでいますが、この経 …

シャンプーが婦人病の原因に?
シャンプーから毒が入っていくる?

経皮毒とは、皮膚から有害化学物質を吸収してしまうことです。やっかいなことに、痛み …

女性の卵子は胎児期に一番多い?早発閉経の原因とは?
女性の卵子は胎児期に一番多い?早発閉経の原因とは?

最近取り沙汰されている生殖異常。男性の精子減少や女性の婦人病増加も、問題視されて …

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】
婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】

PART1でご紹介したように、経皮毒の危険性は得体が知れないだけに、知らないうち …

女性の社会進出と婦人病の増加の関係性とは?
婦人病が増加している背景とは?④女性の社会進出

またまたショッキングなタイトルですが、女性の社会進出が本当の意味で普通になったの …

婦人科を受診するのは勇気がいる?早期発見が重要なカギ!
婦人病が増加している背景とは?①

婦人科系の病気は、年々増えており、しかも10代等、年齢が若いうちから発症すること …

現代の大人は胎児期に汚染の影響を受けている?
現代の大人は胎児期に汚染の影響を受けている?

高度経済成長期の日本、つまり今から30〜40年ほど前は、現在の中国のように大気汚 …