40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

入浴時には経皮毒の危険がいっぱい!気をつけたいこと5点

      2018/04/30

1x1.trans 入浴時には経皮毒の危険がいっぱい!気をつけたいこと5点
経皮毒を吸収しやすい部位があることは、以前にご紹介しました。それだけではなく、経皮毒を吸収しやすい「時」があるのです。

それがお風呂。どうして入浴時には経皮吸収しやすいのか、何に気をつければいいのかをご紹介します。

なぜ入浴時が吸収しやすいの?

経皮吸収率は、皮膚の表面温度が高いほど高くなります。お風呂の温度は一般的に40℃前後。体温より高いお湯につかるので、もちろん体温は上昇して汗もかきます。
しかも、入浴時はシャンプーやリンス、ボディソープや入浴剤といった、日用品を使う機会が一日の中で最も多いのです。

経皮吸収しやすくなったところに、合成界面活性剤の配合された日用品をたくさん使うと……。考えなくても、もうおわかりですね。

入浴時の経皮毒注意点

とは言っても、入浴は心身をリラックスさせ、新陳代謝を促してくれるとても有意義なもの。しかし、経皮毒にさらされる危険も一日のうちで一番高いのです。

どんなことに注意して入浴すればいいのでしょうか?

1x1.trans 入浴時には経皮毒の危険がいっぱい!気をつけたいこと5点

①シャンプー、リンス、ボディシャンプー、洗顔など、お風呂で使う日用品の成分をチェックする
②入浴剤の保湿剤や保存料にも気をつける
③身体はナイロン製などのボディタオルを使わず、手でなでるように洗う
④髪も身体もすすぎをとにかく充分に行う
⑤入浴後すぐにつける化粧水やボディクリームなどの成分表もチェックして確認する

1x1.trans 入浴時には経皮毒の危険がいっぱい!気をつけたいこと5点

特に経皮吸収しやすい粘膜あたりには、せっけんなどを使わず、優しく手でさするなどして汚れを落としましょう。

汚れが気になるからと、ゴシゴシこすると、皮膚を痛めるだけでなく、乾燥をまねくことになるのでやめてくださいね。お湯につかりながら優しくなでるようにするだけで8割の汚れは落ちます。とにかく、入浴時に使う合成界面活性剤は、吸収されやすいということをよく覚えておいてください。

毎日お風呂を楽しみにしている人も多いと思いますが、お風呂では一番日用品を使います。成分表をよく見て、配合されている成分に注意してください。

115

 - 経皮毒 , , ,

『入浴時には経皮毒の危険がいっぱい!気をつけたいこと5点』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

bi_076_01
プラスチックに潜む、経皮毒の危険性

もはやプラスチックなしの生活は考えられないというくらい、わたしたちの生活はプラス …

bi_081_01
現代人に見られる異常は「継世代毒性」?

母親から子どもへ引き継がれてしまう毒性は、孫の代にまで及んでいます。 特に環境ホ …

有害化学物質や経皮毒から身を守るには
有害化学物質や経皮毒から身を守るには

戦後以降に生まれた現代人は、胎児の時に化学物質汚染の影響を受け、生まれながらに婦 …

子宮内膜症ってどんな病気なの?そのしくみを知りましょう
子宮内膜症ってどんな病気なの?そのしくみを知りましょう 

よく耳にする病気ではあるけど、どんな病気かよく知らない「子宮内膜症」。 どんなし …

経皮毒は体内に長く残留する!毎日使う日用品の危険
経皮毒は体内に長く残留する!毎日使う日用品の危険

強力な皮膚バリアーを打ち破り、経皮毒は容赦なく体内に侵入してきます。 日用品であ …

bi_048_01
環境ホルモンが女性ホルモンのバランスを崩す?

環境ホルモンが女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするということが、近年叫 …

bi_089_01
薬に経皮毒物質?必ずある副作用と化学物質に注意!

病院で処方される薬、何の疑いもなく飲んでいませんか? もちろん生活や命を脅かす症 …

シャンプーが婦人病の原因に?
シャンプーから毒が入っていくる?

経皮毒とは、皮膚から有害化学物質を吸収してしまうことです。やっかいなことに、痛み …

0代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化
30代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化

性の早熟化と同じように、閉経や更年期障害にも若年化が進んでいます。 早くに生理が …

乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。
乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。

環境ホルモンが、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持っていることは、何度もご …