40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。

      2016/11/16

1x1.trans 乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。
環境ホルモンが、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持っていることは、何度もご紹介しました。これらが体内に蓄積されることで、エストロゲン依存の婦人病が増えていると提唱しているドクターもいます。では、どう気をつけたらいいのか?ご紹介しましょう。

どうして婦人病、乳がんの原因となるの?

経皮毒=皮膚から環境ホルモンが侵入して蓄積されることですが、環境ホルモンと定義されていないものでも、有害な化学物質はわたしたちの身の回りにたくさんあります。

例えば、石油由来の合成化学物質は、脂肪組織に蓄積されやすい性質があると言われており、ほとんどが脂肪でできている乳房に乳ガンが増えている事実から、経皮毒との関係性を疑わざるを得ません。

環境ホルモンと指摘されていない成分でも、石油から合成された化学物質には気をつけましょう。

危険な日用品は、どう見分けるの?

1x1.trans 乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。

石油から合成される化学物質のひとつに「合成界面活性剤」があります。油を溶かす性質から、リン脂質という脂でできた細胞膜を破壊し、化学物質の経皮吸収を促進する成分です。ほとんど「洗浄」する日用品に含まれています。つまり、

・シャンプー、リンス
・ボディシャンプー
・洗顔料
・台所用洗剤
・洗濯用洗剤

といったものに、合成界面活性剤が使われている可能性が高く、危険性が高い日用品なのです。しかも、毎日何度も肌に触れるものですから、気をつけたいところですね!

合成界面活性剤の見分け方

1x1.trans 乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。
これらの「洗浄」する日用品を買う時には、特にラベルの成分表に気をつけましょう。

たくさんある成分をすべて覚える必要はありません。特に毒性の強いものは5つ!そして、これらに似た名前のものは合成界面活性剤と疑ってください。
・アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム
・アルキル硫酸エステルナトリウム
・ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸エステルナトリウム
・ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル
・ポリオキシエチレンアルキルエーテル

ちょっと覚えにくいですね・・。「ベンゼン」「スルホ」「エステル」「硫酸」「ポリ」など、いかにも石油化学的な文字が並んでいますね。ふと思い出したときにこちらのページを見るか検索されると自然と覚えられるでしょう。

また、オーガニックや自然と謳っているものでも、合成界面活性剤を使用していることがあるので、自分でしっかり確かめましょう。

いかがでしたか?毎日何度も使うものに、こんな危険が潜んでいるとは!でも、ちょっと知っていれば防ぐことができます!あなたとあなたの大切な人のために、買い物をする時、少しだけ気をつけてみましょう。

47

 - 乳がん, 経皮毒 , , ,

『乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ
卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ

精子の危機は前にも書きましたが、実は男性だけでなく、女性の卵子も減少傾向の可能性 …

bi_048_01
環境ホルモンが女性ホルモンのバランスを崩す?

環境ホルモンが女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするということが、近年叫 …

コラーゲンやケラチンは、肌に塗って栄養になるの?
コラーゲンやケラチンは、肌に塗って栄養になるの?

なんとなく肌によさそうな「コラーゲン」や「ケラチン」。確かに皮膚にコラーゲンは存 …

経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?
経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?①

「内分泌攪乱(かくらん)物質」と呼ばれる環境ホルモンは、私たちの身近な製品や食品 …

スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ
スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ

米国生殖生理学会評議員や日本薬理学会学術評議員など歴任する稲津教久氏は、数々の著 …

有害化学物質や経皮毒から身を守るには
有害化学物質や経皮毒から身を守るには

戦後以降に生まれた現代人は、胎児の時に化学物質汚染の影響を受け、生まれながらに婦 …

性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?
性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?

世界的に見て、婦人病が増えているのは明確ですが、特に気になるのは性の早熟化です。 …

更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性
更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性

平均年齢で起こってもいろいろな症状を引き起こす閉経ですが、それが若年で起こればそ …

日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?
日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?①

皮膚から有害物質が吸収されてしまうという経皮毒。身体の部位によって、吸収率が違う …

ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?
ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?

経皮毒(皮膚から有害物質が浸透して蓄積すること)の危険性は、毎日使う「洗浄」する …