40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

人間にもあてはまる?世界各地の野生動物に生殖異常?!

      2016/11/16

1x1.trans 人間にもあてはまる?世界各地の野生動物に生殖異常?!

わたしたちの身体は、ホルモンが分泌されることによって、身体の代謝や神経伝達など生体活動のあらゆる調節機能を持っています。そこに環境ホルモンと呼ばれるものが介入すると、身体はどうなるのでしょうか?動物たちの異常が発見されています。

環境ホルモンってどういうもの?

まだわかっていない部分も多い環境ホルモンですが、現在は環境ホルモンの多くが女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」によく似た作用を持つことがわかっています。

その他、副腎皮質ホルモンや男性ホルモンに似た働きをするものなどがあり、少なからずともわたしたちの身体に影響を与えていると言えます。

ホルモンの作用にはレセプター(受容体)が必要

1x1.trans 人間にもあてはまる?世界各地の野生動物に生殖異常?!

ホルモンは、それだけで作用しません。ホルモンを受け入れるレセプター(受容体)があってはじめて、そこにある組織や器官に作用するのです。

では、本来身体から出していない、エストロゲンに似た環境ホルモンが体内に入ってきたら、どうなるでしょう?環境ホルモンは、エストロゲン受容体と結びつき、本物のエストロゲン活動の邪魔をしてしまうのです。

エストロゲン(女性ホルモン)は男性にもある!

1x1.trans 人間にもあてはまる?世界各地の野生動物に生殖異常?!

エストロゲンというと、女性だけのものかと思いがちですが、男性にもあります。人間以外の動物にも、両方の性でエストロゲンとその受容体は存在しているのです。

前にも書いたように、(1兆分の1グラムで障がいを引き起こす?!環境ホルモン)女性でもその分泌は一生にたったのスプーン一杯分!だから、少量で影響を受けることは言うまでもなく、女性ホルモンに似た環境ホルモンが干渉してくることで、想像もできない影響があることは容易に想像がつくでしょう。

野生動物に発見された生殖異常

シーア・コルボーン著『奪われし未来』では、アメリカ五大湖周辺の野生動物たちの生殖異常が報告されました。その後も世界各地で野生動物に

・メスがオスになる
・オスのペニスが小さくなる

などの生殖機能の異常が見つかっているのです。原因は、その地域を汚染している化学物質ではないかと考えられており、その化学物質こそが環境ホルモンではないかと疑われているのです。

野生動物たちの絶滅の危機は、どんどん報告されています。動物の一種である人間にも、影響がないとは言い切れませんよね。どうすれば身を守れるのか、一緒に勉強していきましょう!

39

 - 環境ホルモン

『人間にもあてはまる?世界各地の野生動物に生殖異常?!』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

これだけは知っておきたい!代表的な環境ホルモン~PART2~
これだけは知っておきたい!代表的な環境ホルモン~PART2~

環境ホルモンと呼ばれる物質は、私たちの生活するごくごく身近に存在しています。「知 …

これだけは知っておきたい!代表的な環境ホルモン~PART3~
これだけは知っておきたい!代表的な環境ホルモン~PART3~

知らないうちに、忍び寄る環境ホルモンの影響。病気になってから後悔しても遅いのです …

胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART1】
胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART1】

母親から子どもへ受け継がれる環境ホルモンの被害のことを「継世代毒性」としてご紹介 …

食物連鎖のトップは人間。濃縮汚染から守るためには
食物連鎖のトップは人間。濃縮汚染から守るためには

食べ物には気をつけていても、知らず知らず汚染されたものを口にしていることがありま …

bi_078_01
アメリカ五大湖汚染は、人へも影響している?その影響とは?

「奪われし未来」を書いたシーア・コルボーン氏は、アメリカ五大湖に生息する野生動物 …

これだけは知っておきたい!代表的な環境ホルモン
これだけは知っておきたい!代表的な環境ホルモン~PART1~

日本では、環境省が67種類の化学物質を環境ホルモンとしてリストアップしていました …

ヒトの精子が減少!原因は環境ホルモンかも?
ヒトの精子が減少!原因は環境ホルモンかも?

少子化が問題とされていますが、実は成人男性の精子数が減っているという衝撃的な事実 …

環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?
環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?

あるアメリカの実験で、子宮内膜症の起こる要因となる衝撃的な事実が明らかになりまし …

bi_085_01
胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART2】

さて、PART1で述べたように、性分化の時期をすぎても、胎児はまだまだ危険にさら …

ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?
ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?

経皮毒(皮膚から有害物質が浸透して蓄積すること)の危険性は、毎日使う「洗浄」する …