40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

子宮内膜症の治療ってどんなことをするの?

      2016/11/16

1x1.trans 子宮内膜症の治療ってどんなことをするの?

急増している婦人科の病気に「子宮内膜症」がありますが、生理痛が異常にひどいなど月経困難症の方は子宮内膜症の可能性を指摘してきました。

実際にどんな治療が行われるのでしょうか?一般的な治療法をご紹介します。

大きく分けると4つの方法

子宮内膜症は、病巣の位置や病気の進行具合によって、症状が違うのが特徴です。
癒着がどこで起こり、どの程度進行しているのか、また将来出産を希望するのかによっても治療の方法が違ってきます。大きく分けると

・ホルモン療法
・外科手術
・東洋医学療法
・プロゲステロンクリーム療法

と、4つの方法があります。以下に詳しくご紹介しますので、専門医とよく相談して治療方法を決めていきましょう。

ホルモン療法

毎月起こる月経によって病巣が発生する子宮内膜症。放っておくと悪化します。
そこで、月経を起こすエストロゲンとプロゲステロンの調節をして、症状を徐々に軽減していくのがホルモン療法。

身体にメスを入れないのが利点ですが、副作用や再発などのデメリットもあります。

①偽妊娠療法…ピルを使用し、妊娠中と同じような状態にする(排卵を起こさない)
②偽閉経療法…エストロゲンの働きを抑えて月経と止め、閉経状態にする

外科手術

1x1.trans 子宮内膜症の治療ってどんなことをするの?
ホルモン療法が合わなかったり、効果が得られなかったりした場合、または癒着がひどく重症化している場合などは外科的な手術が必要になります。

症状によっては卵巣や子宮自体を摘出することにもなりかねませんので、そうなる前に、早目に婦人科を受診してください。

また、腹腔鏡手術という方法は、お腹に2〜3㎝の穴を開けて管を差し込み、病巣を取り除いたり、癒着部分をはがしたりする手術で、発症している臓器を温存して将来の妊娠に備えることも可能です。

しかし、再発のデメリットも覚えておきましょう。

東洋医学療法

1x1.trans 子宮内膜症の治療ってどんなことをするの?
東洋医学的に子宮内膜症をとらえると、「於血」という状態によって発症するとされます。於血とは、血液の流れが停滞すること。

つまり、ストレスや食生活、日常生活の乱れによって身体のバランスを崩していることが原因だと考えています。漢方薬やハリ治療などを行うことによって、バランスを整えていく治療法です。

プロゲステロンクリーム療法

これもホルモンバランスを整えるために、天然型プロゲステロンクリームを皮膚に塗る療法です。

クリームが皮膚から吸収され、ホルモンバランスが整えられていきますが、量が多すぎると乳房が張ったり、不正出血することもあります。副作用はほとんどありませんが、皮膚からの吸収や効果は個人差が大きいようです。

即効性というよりゆっくりホルモンバランスを整えるので、再発予防や症状を緩和するのに最適な方法と言われているようです。

それぞれの治療法にメリット・デメリットがあり、副作用や再発のリスクもよく考えなくてはいけませんね。子宮内膜症には、とにかく早目の治療が最も効果的です。

癒着や症状がひどくなる前に、婦人科を受診しましょう。

61

 - 子宮内膜症, 経皮毒 , , , , ,

『子宮内膜症の治療ってどんなことをするの?』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】
婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】

PART1でご紹介したように、経皮毒の危険性は得体が知れないだけに、知らないうち …

女性ホルモンってどんな働きをしているの?いまさら聞けない女性ホルモンのお話
女性ホルモンってどんな働きをしているの?いまさら聞けない女性ホルモンのお話

女性ホルモンって、一生のうちにスプーン一杯分しか分泌されないらしいのです。 そん …

乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。
乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。

環境ホルモンが、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持っていることは、何度もご …

その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう
その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう

妊娠した理由以外で婦人科を訪れることに抵抗がある女性は少なくありません。 恥ずか …

経皮毒を知って、次の世代を守りましょう!
経皮毒を知って、次の世代を守りましょう!

環境ホルモンが、母親から胎児に移行し、その胎児が母親になった時にもその子どもに移 …

シャンプーは経皮吸収されやすいってホント?!
シャンプーは経皮吸収されやすいってホント?!

日本では、ほとんどの女性が毎日髪を洗っていますね。 特に若い頃は1日2回シャンプ …

経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?
経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?①

「内分泌攪乱(かくらん)物質」と呼ばれる環境ホルモンは、私たちの身近な製品や食品 …

bi_089_01
薬に経皮毒物質?必ずある副作用と化学物質に注意!

病院で処方される薬、何の疑いもなく飲んでいませんか? もちろん生活や命を脅かす症 …

有害化学物質や経皮毒から身を守るには
有害化学物質や経皮毒から身を守るには

戦後以降に生まれた現代人は、胎児の時に化学物質汚染の影響を受け、生まれながらに婦 …

急激に増加中?!「子宮内膜症」の原因とは?
急激に増加中?!「子宮内膜症」の原因とは?

「子宮内膜症」という病名を聞いたことがあると思います。不妊症の代名詞のように言わ …