40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

婦人病の原因は、母親から受け継いだ有害物質かも?!

      2016/11/16

1x1.trans 婦人病の原因は、母親から受け継いだ有害物質かも?!

 

妊活中、妊娠中の方にぜひ知っておいていただきたいことがあります。それは、赤ちゃんはお腹の中にいる時からすでに母親からの有害化学物質の影響を受けているかもしれない、ということです。大切な赤ちゃんのために、知識と予防を心がけましょう。

お腹の赤ちゃんの方が、影響を受けやすい?

婦人病や女性特有のガンなどは、生後の生活習慣や使用している日用品からの影響よりも、母親の胎内にいた時に、すでに母親が摂取し、溜めてしまっていた化学物質の影響を受けることが、少なからずあるようなのです。

アメリカで行われたアカゲザルの実験では、直接ダイオキシンを与えられたサルそのものよりも、妊娠中にダイオキシンを与えられたサルの子供の方が多く子宮内膜症を発症したという結果が残っています。

このように、胎児の時に受けた環境ホルモンによってホルモン異常を起こし、近年若年化している婦人病や早発月経の原因になっているのでは、と言われているのです。

 

大人とは違う!胎児のホルモン反応

1x1.trans 婦人病の原因は、母親から受け継いだ有害物質かも?!

ホルモンとは、元々必要に応じて分泌され、働きが終わると分泌されなくなるものです。健康な大人の場合、ホルモンが分泌されなくなると、ホルモンが作用していた組織も元に戻るのです。

ところが胎児の場合、一度ホルモンが結びついてしまうと、ホルモンの分泌が止まっても、組織が元の状態に戻らないことがあるというのです。胎盤から分泌されるホルモンが少し多かったり、時期が少しずれたりしただけでも、赤ちゃんは大きな影響を受けてしまうということなのです。

 

生まれながらに蓄積してしまった化学物質

1x1.trans 婦人病の原因は、母親から受け継いだ有害物質かも?!

戦後の経済成長とともに、わたしたちは便利な生活と引き替えに、化学物質にさらされて生活してきました。現代の子どもたちは、生まれた時にはすでに多くの化学物質を身体に溜め込んでいると言えます。それらが、婦人病やその他の障がいを引き起こす原因と考えられています。

これから妊娠を希望する方や、妊娠中の方は、このことをよく知り、生まれてくる赤ちゃんのために、生活の中からできる限り有害化学物質を排除しましょう。

 

直接触れた母親より、お腹の赤ちゃんの方が影響が大きいとは、衝撃ですね!目を背けず、正しい知識を持って、赤ちゃんのために日頃の食べ物や日用品は、安全でよいものを選びたいですね!

 

 

29

 - 経皮毒 , , ,

『婦人病の原因は、母親から受け継いだ有害物質かも?!』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ
スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ

米国生殖生理学会評議員や日本薬理学会学術評議員など歴任する稲津教久氏は、数々の著 …

乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。
乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。

環境ホルモンが、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持っていることは、何度もご …

月経前緊張症(PMS)ってなに?知って上手につき合おう
月経前緊張症(PMS)ってなに?知って上手につき合おう

ほとんどの女性が、生理前になんらかの身体または精神的な変化を感じているのではない …

消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!
消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!

どんなに経皮毒に気をつけても、呼吸することで入ってくる大気汚染や、すべての生き物 …

有害化学物質や経皮毒から身を守るには
有害化学物質や経皮毒から身を守るには

戦後以降に生まれた現代人は、胎児の時に化学物質汚染の影響を受け、生まれながらに婦 …

皮膚から、毒が侵入する「経皮毒」とは?
皮膚から、毒が侵入する「経皮毒」とは?

普段何気なく使っているもので、肌に直接触れるものって、結構たくさんありませんか? …

有効成分や植物エキスは、肌の中へしみ込まない!
有効成分や植物エキスは、肌の中へしみ込まない!

最近は、コマーシャルであたかも肌の奥へいい成分がしみ込んで届くような表現を多く見 …

環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?
環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?

あるアメリカの実験で、子宮内膜症の起こる要因となる衝撃的な事実が明らかになりまし …

日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?②
日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?②

経皮毒とは、皮膚から有害物質が吸収されてしまうことですが、身体の場所によってその …

経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?
経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?②

前回は、私たちの体内に化学物質が取り込まれる3つのパターンをご紹介しました。この …