40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

経皮毒をうけないための、安全な使い方を考えよう!

      2018/04/18

1x1.trans 経皮毒をうけないための、安全な使い方を考えよう!
経皮毒の影響は、計り知れないほど深くて怖いことがわかってきました。では、わたしたちはどうすればいいのでしょうか?

それには、まず安全な日用品を選べるようになることです。そして、より安全な使い方を知ることです。経皮吸収のしくみを理解して、安全に使える方法を考えていきましょう!

身体の部位によって違う吸収率を知ろう!

化学物質の経皮吸収率というものがあります。身体の場所によって、吸収される量が違うということですね。吸収率が高い部分に使うものは、より注意が必要です。
次に、前腕の経皮吸収率を1.0とした場合の吸収率の違いを挙げてみます。

・頭皮…4.4〜32.1倍
・性器…36.2〜101.6倍
・粘膜(口の中、肛門内部、膣内部など)…10〜20倍

という風に、同じ日用品を使っても、化学物質を吸収する量が違ってくるのです。

吸収率の高い部位は要注意!

1x1.trans 経皮毒をうけないための、安全な使い方を考えよう!
頭皮に使用するシャンプーやリンス、性器周辺で使用する石けんやボディシャンプー、口の中に使用する歯磨き粉や口内洗浄剤と、思いつくだけでも吸収率の高い部位に使う日用品はたくさんあります。しかも、毎日といわず、一日数回も使うことがあり、その危険度の高さはおわかりですね!

意外に見落としがちなのが、赤ちゃんのおむつや生理用品です。性器に直接触れる製品ですよね。これらは殺菌を目的とした漂白剤の使用が義務づけられており、水分を吸収するための高分子ポリマーが使われています。いずれも毒性の強い化学物質なので、注意してください。

怪我や炎症部位も吸収率が高い!

1x1.trans 経皮毒をうけないための、安全な使い方を考えよう!
怪我や火傷、かぶれや湿疹などの炎症があるところは、角質層がはがれていたりして、バリア機能が弱まっています。つまり、経皮吸収されやすく、普段アレルギー反応など起こさない人でも、炎症を起こしたりして、余計にバリア機能が落ちたりしてしまいます。

肌にトラブルがある時も、そこを避けて使うなど、慎重に使用してください。

経皮吸収のしくみを知れば、どの日用品に気を使うべきかよくわかりますね!

ぜひ参考にして、経皮吸収をなるべく避けて生活してみましょう!

111

 - 経皮毒 , ,

『経皮毒をうけないための、安全な使い方を考えよう!』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?②
日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?②

経皮毒とは、皮膚から有害物質が吸収されてしまうことですが、身体の場所によってその …

経皮毒を知って、次の世代を守りましょう!
経皮毒を知って、次の世代を守りましょう!

環境ホルモンが、母親から胎児に移行し、その胎児が母親になった時にもその子どもに移 …

女性ホルモンってどんな働きをしているの?いまさら聞けない女性ホルモンのお話
女性ホルモンってどんな働きをしているの?いまさら聞けない女性ホルモンのお話

女性ホルモンって、一生のうちにスプーン一杯分しか分泌されないらしいのです。 そん …

更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性
更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性

平均年齢で起こってもいろいろな症状を引き起こす閉経ですが、それが若年で起こればそ …

経費毒を身体の外に追い出すには、どうしたらいいの?
経費毒を身体の外に追い出すには、どうしたらいいの?

どんなに気を使って生活しても、現代の日本に住む限り、100%経費毒を排除すること …

経皮毒は体内に長く残留する!毎日使う日用品の危険
経皮毒は体内に長く残留する!毎日使う日用品の危険

強力な皮膚バリアーを打ち破り、経皮毒は容赦なく体内に侵入してきます。 日用品であ …

経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?
経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?②

前回は、私たちの体内に化学物質が取り込まれる3つのパターンをご紹介しました。この …

その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう
その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう

妊娠した理由以外で婦人科を訪れることに抵抗がある女性は少なくありません。 恥ずか …

有害化学物質や経皮毒から身を守るには
有害化学物質や経皮毒から身を守るには

戦後以降に生まれた現代人は、胎児の時に化学物質汚染の影響を受け、生まれながらに婦 …

もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情
もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情

日本は、水道水がそのまま飲める、世界でもまれにみる水質を誇っています。 が、もう …