40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情

   

1x1.trans もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情
日本は、水道水がそのまま飲める、世界でもまれにみる水質を誇っています。

が、もうすでに「いました」と、過去形に言い換えるべきかもしれません。

もはや水道水が安全とは言えない理由を、ご紹介していきます。

汚染の上塗り、合成界面活性剤の罪

1x1.trans もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情

家庭排水には、合成洗剤など多くの化学物質が含まれています。家庭から排水された水は、河川に放出され、最後は海へ流れ着きます。

一人が使った量は、海の水に比べたらわずかでも、毎日毎日、大勢の人間が、それだけの水を合成界面活性剤まみれにして汚染しているのです。

今や、メダカが絶滅の危機に瀕していることはみなさんもご存知でしょう。わたしたちが普段食べている魚たちも、汚染された水の中で生きているのです。

壊される生態系

1x1.trans もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情
汚染された水は、水中の微生物も死滅させているそうです。

汚水処理場では、汚水を浄化するのにバクテリアを使っていますが、そのバクテリアが、合成界面活性剤の有害化学物質によって死滅し、浄化作用をしなくなっているという話もあります。

となると、カルキの使用を増やさざるを得なくなります。最近の水道水がカルキ臭いと感じるなら、それは有害物質を取り除くため、カルキの量を増やしているからなのです。

こうして年々有害性が増える水……、生態系が壊されていくのは、自明の理に見えますね。

日本の水道水が危ない

最近では、水は買って飲むことが当たり前になりました。家庭でも、飲用には浄水器の水かミネラルウォーターを使っていることが多いでしょう。

過敏症やアレルギーの人は、水道水で皮膚炎や肌荒れを起こすこともあるそうです。

水道水で米を洗ったとぎ汁にメダカを放したら、全滅したという恐ろしい報告もあります。水道水そのものの毒性と、米についていた農薬のダブルパンチだと考えられています。

水は1度汚染されると、浄化するのに600倍の水を必要とします。現代は汚染の上に汚染を重ねている状態なのです。なんとかして打破したい現状です。

日本の水道水神話が壊れてしまう話、怖いですよね。アレルギーがあるなら、水道水も疑ってみる必要があるなんて……。安心して生活できる社会を、作っていきたいものです。

参考文献:経皮毒

95

 - 経皮毒 , , ,

『もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

経皮毒をうけないための、安全な使い方を考えよう!
経皮毒をうけないための、安全な使い方を考えよう!

経皮毒の影響は、計り知れないほど深くて怖いことがわかってきました。では、わたした …

月経前緊張症(PMS)ってなに?知って上手につき合おう
月経前緊張症(PMS)ってなに?知って上手につき合おう

ほとんどの女性が、生理前になんらかの身体または精神的な変化を感じているのではない …

経皮毒は体内に長く残留する!毎日使う日用品の危険
経皮毒は体内に長く残留する!毎日使う日用品の危険

強力な皮膚バリアーを打ち破り、経皮毒は容赦なく体内に侵入してきます。 日用品であ …

コラーゲンやケラチンは、肌に塗って栄養になるの?
コラーゲンやケラチンは、肌に塗って栄養になるの?

なんとなく肌によさそうな「コラーゲン」や「ケラチン」。確かに皮膚にコラーゲンは存 …

シャンプーは経皮吸収されやすいってホント?!
シャンプーは経皮吸収されやすいってホント?!

日本では、ほとんどの女性が毎日髪を洗っていますね。 特に若い頃は1日2回シャンプ …

bi_066_01
経皮毒は毎日何度も使う「日用品」から侵入する!!

皮膚から有害物質が入り込む大きな理由は、毎日使う日用品です。 1つだけでなく、朝 …

スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ
スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ

米国生殖生理学会評議員や日本薬理学会学術評議員など歴任する稲津教久氏は、数々の著 …

0代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化
30代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化

性の早熟化と同じように、閉経や更年期障害にも若年化が進んでいます。 早くに生理が …

bi_075_01
UVケアと香りケアに潜む経皮毒。ここに注意!

今や光老化は美容の常識となり、一年中紫外線対策をするのは当たり前となりました。 …

環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?
環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?

あるアメリカの実験で、子宮内膜症の起こる要因となる衝撃的な事実が明らかになりまし …