40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

プラスチックに潜む、経皮毒の危険性

      2017/01/27

1x1.trans プラスチックに潜む、経皮毒の危険性

もはやプラスチックなしの生活は考えられないというくらい、わたしたちの生活はプラスチック製品に囲まれています。

一度も使わない日はないと言っても過言ではありません。

そのプラスチック製品が、経皮毒の危険があるとしたら、どうでしょう?何に注意すべきかを見ていきましょう。

プラスチックに含まれる危険な成分

1x1.trans プラスチックに潜む、経皮毒の危険性
プラスチックそのものから経皮吸収されるというのは考えにくいそうです。

ただし、プラスチックは生分解性が悪く、そのままでは自然に帰ることができません。

燃やすとダイオキシンを発生するものもあるので、注意が必要です。

また、食器やバスタブなどに使われるポリカーボネート樹脂に含まれる「ビスフェノールA」は、70度前後の温度で溶けだし、経皮吸収されます。

食器に熱いスープなどを入れると、ビスフェノールAが溶けだしている可能性があるのです。

バスタブはそんなに高温にはなりませんが、合成界面活性剤を使用する可能性の高い場所なので、その相互作用で経皮吸収されることは充分に考えられるのです。

発砲スチロールにも有害物質

1x1.trans プラスチックに潜む、経皮毒の危険性

発泡スチロールやカップ麺の容器にはポリスチレンが使用されていますが、これも発がん性や環境ホルモンを誘発する「スチレンモノマー」や「スチレンダイマー」が含まれています。

これらは脂溶性で、高温になると溶け出すという研究結果が報告されています。

電子レンジの使用や熱湯を注ぐなどは危険性が高いといっていいでしょう。溶けだしたスチレンは口から吸収されるでしょうし、スチレンが溶けだした液体に触れると、経皮吸収の危険性もあります。

有害物質が引き起こす障害

ビスフェノールAは、発がん性物質であることが知られています。

また、環境ホルモンとしても認定を受けており、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用をするとして注意が必要です。

婦人病や男性の女性化など、性的発達に重大な障害を起こす可能性があります。

また、スチレンにも発がん性や環境ホルモンを誘発する働きがあります。いずれも高温で溶け出すので、使用する時には注意しましょう。

日用品は、洗剤類だけでなく、プラスチック製のものにも注意が必要なのですね!

本当に、私たちの身の回りには、有害物質があふれています。上手につきあっていきたいものです。

参考文献:経皮毒

79

 - 経皮毒 , ,

『プラスチックに潜む、経皮毒の危険性』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

0代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化
30代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化

性の早熟化と同じように、閉経や更年期障害にも若年化が進んでいます。 早くに生理が …

経皮毒を知って、次の世代を守りましょう!
経皮毒を知って、次の世代を守りましょう!

環境ホルモンが、母親から胎児に移行し、その胎児が母親になった時にもその子どもに移 …

有効成分や植物エキスは、肌の中へしみ込まない!
有効成分や植物エキスは、肌の中へしみ込まない!

最近は、コマーシャルであたかも肌の奥へいい成分がしみ込んで届くような表現を多く見 …

日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?
日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?①

皮膚から有害物質が吸収されてしまうという経皮毒。身体の部位によって、吸収率が違う …

経皮毒をうけないための、安全な使い方を考えよう!
経皮毒をうけないための、安全な使い方を考えよう!

経皮毒の影響は、計り知れないほど深くて怖いことがわかってきました。では、わたした …

bi_081_01
現代人に見られる異常は「継世代毒性」?

母親から子どもへ引き継がれてしまう毒性は、孫の代にまで及んでいます。 特に環境ホ …

経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?
経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?①

「内分泌攪乱(かくらん)物質」と呼ばれる環境ホルモンは、私たちの身近な製品や食品 …

卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ
卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ

精子の危機は前にも書きましたが、実は男性だけでなく、女性の卵子も減少傾向の可能性 …

スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ
スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ

米国生殖生理学会評議員や日本薬理学会学術評議員など歴任する稲津教久氏は、数々の著 …

bi_048_01
環境ホルモンが女性ホルモンのバランスを崩す?

環境ホルモンが女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするということが、近年叫 …