40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!

      2018/05/06

1x1.trans 消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!

どんなに経皮毒に気をつけても、呼吸することで入ってくる大気汚染や、すべての生き物に循環している水の汚染からは逃げられません。

結局はみんなで少しずつ、環境を良くする方向に向けていくしかないのです。洗剤や化粧品などの日用品は、わたしたち消費者が買わなければ、製品の在り方も変わるはずです。今こそ、意識を高めていきましょう!

危険度の高いものから安全なものへ

1x1.trans 消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!
高度経済成長期において、わたしたちは「安く、大量に、便利に使い捨て」ということをくり返し、環境を破壊するだけでなく、周囲の動植物やひいては人間にも、多大な影響を与えてきました。

環境を破壊した大きな原因は、合成界面活性剤にあると言われています。合成界面活性剤は石油由来のもので、生分解性が低いため廃棄しても土に還りにくく、おまけに毒性が残りやすいという特徴があります。

便利であることを手に入れる一方で、どんどん環境は汚染され、わたしたちの健康までをも害しているのです。早くこのことに気付き、安全な日用品を使うことへ切り替えていかなければなりません。

もはや問題は自分だけではない

アトピーや婦人病、乳ガンなどの増加は、この便利で危険な日用品に少なくとも原因がありそうです。合成界面活性剤の入った日用品をやめただけで、アトピーが治ったという人の話もあるくらいです。

いち早く経皮毒に気付いた婦人科の医師などが、経皮毒の危険性と有害性を訴え続けたおかげで、社会的にも認知度があがり、安全性を意識した食品や日用品も多く出回るようになりました。

つまり、消費者側から見ると選択肢が広がった訳で、正しい判断さえできれば、安全な商品を選んで買うことができるということです。

買わない・使わない・つくらせない

1x1.trans 消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!

企業がつくる製品を、より安全なものにするためには、「危険な製品は売れない」という方程式を作ってしまうことです。

それには、消費者がよりかしこくなり、安全な製品を見抜く力を身につけることです。多様性が増した分、選ぶ能力も必要ですが、選択肢が広がったということは、危険な製品を作らせないことの第一歩です。

日用品や化粧品を買う時、しっかり成分表を見て、安全性の高いものを選びましょう!

環境をよくしなければ、どんなに個人でがんばっても安心して住める環境にはなりません。みんなの意識が上がれば、危険な製品は売れなくなり、やがて作られなくなりますね!

 
117

 - 経皮毒 ,

『消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

経皮毒をうけないための、安全な使い方を考えよう!
経皮毒をうけないための、安全な使い方を考えよう!

経皮毒の影響は、計り知れないほど深くて怖いことがわかってきました。では、わたした …

卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ
卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ

精子の危機は前にも書きましたが、実は男性だけでなく、女性の卵子も減少傾向の可能性 …

子宮内膜症ってどんな病気なの?そのしくみを知りましょう
子宮内膜症ってどんな病気なの?そのしくみを知りましょう 

よく耳にする病気ではあるけど、どんな病気かよく知らない「子宮内膜症」。 どんなし …

スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ
スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ

米国生殖生理学会評議員や日本薬理学会学術評議員など歴任する稲津教久氏は、数々の著 …

シャンプーが婦人病の原因に?
シャンプーから毒が入っていくる?

経皮毒とは、皮膚から有害化学物質を吸収してしまうことです。やっかいなことに、痛み …

もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情
もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情

日本は、水道水がそのまま飲める、世界でもまれにみる水質を誇っています。 が、もう …

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】
婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】

PART1でご紹介したように、経皮毒の危険性は得体が知れないだけに、知らないうち …

環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?
環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?

あるアメリカの実験で、子宮内膜症の起こる要因となる衝撃的な事実が明らかになりまし …

経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?
経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?

皮膚の強力なバリアをくぐり抜け、皮膚から浸入する経皮毒。ただし、この経皮吸収は、 …

性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?
性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?

世界的に見て、婦人病が増えているのは明確ですが、特に気になるのは性の早熟化です。 …