40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

有害化学物質や経皮毒から身を守るには

      2016/11/16

1x1.trans 有害化学物質や経皮毒から身を守るには

戦後以降に生まれた現代人は、胎児の時に化学物質汚染の影響を受け、生まれながらに婦人病の発症要因を持っている可能性があります。

どうしたら有害な化学物質から身を守り、子どもたちやその次の世代を守ることができるのでしょうか?

これ以上化学物質を取り入れない

1x1.trans 有害化学物質や経皮毒から身を守るには
すでに不安要素を持って生まれたわたしたち。身を守り、子どもたちを守るためには「これ以上身体の中に有害な化学物質を取り入れない」生活をするしかありません。

ところが、洗剤や化粧品などの日用品、大気汚染や食物汚染など、身の回りには化学物質が蔓延しているのです。

食べ物に気をつけるのは言うまでもないのですが、同時に、1日に何度も何度も使用する日用品にも注意が必要です。合成界面活性剤が配合された日用品は驚くほど多く、これらの使用をやめることが望ましいです!

毎日繰り返し使用する日用品には、経皮毒の危険性が高い化学物質が、いまだに平然と使用されています。

なぜ経皮毒が危険なのか?

現在、医療の現場で「経皮吸収型」の治療薬が注目されています。
これは、シール状のものや塗布するものなどで、つまり薬剤を皮膚から吸収させるという投薬の仕方なのです。

皮膚から吸収されるということは医療の現場でも認められていることですので、有害化学物質が皮膚から入り込むことも容易に推測できますね!

しかも合成界面活性剤は皮膚のバリア機能を破って侵入します。皮膚に触れるものすべてを、一度見直してみましょう。

1x1.trans 有害化学物質や経皮毒から身を守るには

子どもが使うものにも化学物質が!

子どもは大人に比べて有害化学物質に対する抵抗力が低いです。
また、体重から吸収の割合をみても、子どもの方がはるかに割合が高くなってしまいます。

ところが、子ども用食器やおもちゃ、シャンプーや歯磨き粉など、見回してみるとたくさんの合成界面活性剤や有害化学物質が何種類も使われているのです!

日用品を選ぶことができる大人が、化学物質の影響をよく考慮して、しっかり安全なものを選んでください。

自分で選ぶことのできる安全な日用品を選んで、化学物質を身体に入れない生活をしたいものですね!

子どもたちを守り、次の世代を守ることにも繋がっていますよ!

参考文献:女性を悩ませる経皮毒

68

 - 経皮毒 ,

『有害化学物質や経皮毒から身を守るには』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

経皮毒は体内に長く残留する!毎日使う日用品の危険
経皮毒は体内に長く残留する!毎日使う日用品の危険

強力な皮膚バリアーを打ち破り、経皮毒は容赦なく体内に侵入してきます。 日用品であ …

ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?
ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?

経皮毒(皮膚から有害物質が浸透して蓄積すること)の危険性は、毎日使う「洗浄」する …

月経前緊張症(PMS)ってなに?知って上手につき合おう
月経前緊張症(PMS)ってなに?知って上手につき合おう

ほとんどの女性が、生理前になんらかの身体または精神的な変化を感じているのではない …

子宮内膜症ってどんな病気なの?そのしくみを知りましょう
子宮内膜症ってどんな病気なの?そのしくみを知りましょう 

よく耳にする病気ではあるけど、どんな病気かよく知らない「子宮内膜症」。 どんなし …

性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?
性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?

世界的に見て、婦人病が増えているのは明確ですが、特に気になるのは性の早熟化です。 …

0代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化
30代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化

性の早熟化と同じように、閉経や更年期障害にも若年化が進んでいます。 早くに生理が …

経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?
経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?

皮膚の強力なバリアをくぐり抜け、皮膚から浸入する経皮毒。ただし、この経皮吸収は、 …

子宮内膜症の治療ってどんなことをするの?
子宮内膜症の治療ってどんなことをするの?

急増している婦人科の病気に「子宮内膜症」がありますが、生理痛が異常にひどいなど月 …

シャンプーが婦人病の原因に?
シャンプーから毒が入っていくる?

経皮毒とは、皮膚から有害化学物質を吸収してしまうことです。やっかいなことに、痛み …

経費毒を身体の外に追い出すには、どうしたらいいの?
経費毒を身体の外に追い出すには、どうしたらいいの?

どんなに気を使って生活しても、現代の日本に住む限り、100%経費毒を排除すること …