40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

皮膚から、毒が侵入する「経皮毒」とは?

      2016/11/16

1x1.trans 皮膚から、毒が侵入する「経皮毒」とは?

普段何気なく使っているもので、肌に直接触れるものって、結構たくさんありませんか?実はその中に、肌を通過して侵入し、毒となる物質があるとしたら…「経皮毒」についてご説明します。

「経皮毒」って何?

端的に言えば“皮膚から有害化学物質が吸収されること”を言います。そう、皮膚からも、色んな物質を体内に吸収してしまうのですね。

日々肌に触れるものの中に、もしも有害な化学物質が含まれていたら…考えただけでもゾッとしますが、正しく知っておけば注意することができます。

 

どんな「経皮毒」があるの?

衣類を洗う洗剤、化粧品、シャンプー、プラスチック製のおもちゃなど、直接肌に触れるものから、間接的なものまで、様々な「経皮毒」の可能性が指摘されています。心配な方はそれらに含まれる原材料など、よく確かめた上で使用しましょう。

 

実際に起きた「経皮毒」の悲しい事件

1x1.trans 皮膚から、毒が侵入する「経皮毒」とは?

夏によく使用する虫除けスプレーによって、起こった悲しい事故をご紹介いたします。

虫除けスプレーに含まれる「昆虫忌避剤DEET(ディート)」が経皮吸収され、3歳、5歳の子どもがいずれも脳障害を引き起こす事故となってしまったというのです。

3歳の子どもは、ディートを含んだ虫除けスプレーを、2週間毎日使用したとのこと。

5歳の子は、同じく虫除けスプレーを全身に2回塗布後、突然けいれんを起こしてしまったのだそうです。

 

昆虫忌避剤DEETの害とは?

DEETは、口からの吸収による毒性は少ないと言われていましたが、経皮吸収、つまり皮膚からの吸収が早いと言われています。DEETは、神経毒性があると懸念されてきましたが、通常の使用では問題ないと思われてきたのです。

ところが、上記のような事件をきっかけに、2005年8月、生後半年以下の乳児には使わないことを促す注意書きが表示されることになりました。

ですが、実際に事故に遭ったのは3歳と5歳の子ども。食べ物ではないからと軽視されがちなので注意が必要です。今回のこの事故によって、経皮から吸収される経皮毒の恐ろしさが判ります。大人がしっかりした知識を持ち、正しく判断して欲しいところです。

 

正しい知識を持つことは、大切な子どもを守ることにつながります。知っていれば防げることですから、これからも一緒に勉強していきましょう!

※参考
昆虫忌避剤DEET(ディート)【Wikipediaより】

ディート (DEET) は昆虫などの忌避剤(虫よけ剤)として用いられる化合物である。IUPAC名は N,N-ジエチル-3-メチルベンズアミドだが、N,N-ジエチル-m-トルアミドとも呼ばれる。分子量 191.27。融点 −45 ℃、沸点 285 ℃で、常温では無色液体である。水には溶けにくくアルコールなどの有機溶媒によく溶ける。CAS登録番号 [134-62-3]。

【Wikipedia】昆虫忌避剤DEET(ディート)

19

 - 経皮毒 , , , , ,

『皮膚から、毒が侵入する「経皮毒」とは?』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ
スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ

米国生殖生理学会評議員や日本薬理学会学術評議員など歴任する稲津教久氏は、数々の著 …

卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ
卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ

精子の危機は前にも書きましたが、実は男性だけでなく、女性の卵子も減少傾向の可能性 …

女性ホルモンってどんな働きをしているの?いまさら聞けない女性ホルモンのお話
女性ホルモンってどんな働きをしているの?いまさら聞けない女性ホルモンのお話

女性ホルモンって、一生のうちにスプーン一杯分しか分泌されないらしいのです。 そん …

入浴時には経皮毒の危険がいっぱい!気をつけたいこと5点
入浴時には経皮毒の危険がいっぱい!気をつけたいこと5点

経皮毒を吸収しやすい部位があることは、以前にご紹介しました。それだけではなく、経 …

経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?
経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?①

「内分泌攪乱(かくらん)物質」と呼ばれる環境ホルモンは、私たちの身近な製品や食品 …

消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!
消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!

どんなに経皮毒に気をつけても、呼吸することで入ってくる大気汚染や、すべての生き物 …

ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?
ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?

経皮毒(皮膚から有害物質が浸透して蓄積すること)の危険性は、毎日使う「洗浄」する …

bi_075_01
UVケアと香りケアに潜む経皮毒。ここに注意!

今や光老化は美容の常識となり、一年中紫外線対策をするのは当たり前となりました。 …

有害化学物質や経皮毒から身を守るには
有害化学物質や経皮毒から身を守るには

戦後以降に生まれた現代人は、胎児の時に化学物質汚染の影響を受け、生まれながらに婦 …

bi_066_01
経皮毒は毎日何度も使う「日用品」から侵入する!!

皮膚から有害物質が入り込む大きな理由は、毎日使う日用品です。 1つだけでなく、朝 …