40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性

      2016/11/16

1x1.trans 更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性
平均年齢で起こってもいろいろな症状を引き起こす閉経ですが、それが若年で起こればその弊害は甚大になります。
閉経後にかかりやすい病気と更年期を快適に過ごすポイントをご紹介し、若いうちから予防することの重要性を知っていただきたいと思います。

閉経後にかかりやすい病気とは?

1x1.trans 更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性
閉経後の女性は、同年代の男性にくらべると骨粗しょう症と高脂血症の発症率がはるかに高いのです。

骨粗しょう症とは、骨の中からカルシウムが溶け出し、骨が軽石のようにスカスカして、もろい状態になる病気です。

また、高脂血症とは、血中のコレステロールや中性脂肪が多くなる病気です。
これによって高血圧や狭心症、心筋梗塞、脳卒中などの命にかかわる病気に発展しないとも限りませんので、予防や早めの検査・治療が大切になります。

更年期の快適な過ごし方

大変な症状が出て何年も悩み苦しむ人がいる一方で、60歳を過ぎてもほぼ症状が出ずに快適に更年期を過ごす人がいます。

このように更年期障害は個人差が大きいのが特徴ですが、これには精神的ストレスと食生活を含む生活習慣が大きく関係していると言われています。閉経前からの生活習慣が大切ということですね。

【更年期予防のポイント】
・カルシウム、ビタミン、ミネラル豊かな食事
・喫煙や飲酒を控える
・有害化学物質が入った日用品を使わない生活をする
・環境ホルモンを体内に取り込まないように気をつける

生活習慣の見直しを

1x1.trans 更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性
美容や健康の面から、食事や生活に気をつけることは予防にもなっていることはよく知られていますね。

ところが、普段使っているシャンプーやせっけん、洗剤などの成分にまで気を使っているでしょうか?普段使っている日用品の中には、意外に肌に触れるものがたくさんあります。

肌に触れている=肌から成分が吸収されると認識し、今一度、環境ホルモンや有害化学物質が使われていない、安全な製品であるかを確認しましょう。

閉経後を快適に過ごしたいなら、若い頃から健康的な生活を心がけるのが一番の早道なのですよ!

バランスの取れた食事と有害物質を遠ざけた生活がいかに大切か、よくわかりますね!やがてやってくる更年期も、不安に思わず過ごしていきたいものですね!

55

 - 更年期障害, 経皮毒 , , , ,

『更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?
環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?

あるアメリカの実験で、子宮内膜症の起こる要因となる衝撃的な事実が明らかになりまし …

bi_066_01
経皮毒は毎日何度も使う「日用品」から侵入する!!

皮膚から有害物質が入り込む大きな理由は、毎日使う日用品です。 1つだけでなく、朝 …

性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?
性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?

世界的に見て、婦人病が増えているのは明確ですが、特に気になるのは性の早熟化です。 …

bi_081_01
現代人に見られる異常は「継世代毒性」?

母親から子どもへ引き継がれてしまう毒性は、孫の代にまで及んでいます。 特に環境ホ …

0代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化
30代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化

性の早熟化と同じように、閉経や更年期障害にも若年化が進んでいます。 早くに生理が …

経皮毒をうけないための、安全な使い方を考えよう!
経皮毒をうけないための、安全な使い方を考えよう!

経皮毒の影響は、計り知れないほど深くて怖いことがわかってきました。では、わたした …

コラーゲンやケラチンは、肌に塗って栄養になるの?
コラーゲンやケラチンは、肌に塗って栄養になるの?

なんとなく肌によさそうな「コラーゲン」や「ケラチン」。確かに皮膚にコラーゲンは存 …

皮膚から、毒が侵入する「経皮毒」とは?
皮膚から、毒が侵入する「経皮毒」とは?

普段何気なく使っているもので、肌に直接触れるものって、結構たくさんありませんか? …

経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?
経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?②

前回は、私たちの体内に化学物質が取り込まれる3つのパターンをご紹介しました。この …

経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?
経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?①

「内分泌攪乱(かくらん)物質」と呼ばれる環境ホルモンは、私たちの身近な製品や食品 …