40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?

      2016/11/16

1x1.trans ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?
経皮毒(皮膚から有害物質が浸透して蓄積すること)の危険性は、毎日使う「洗浄」する商品に多く含まれていることをご紹介しました。

実は、プロに頼むクリーニングにも落とし穴はあります。また残念なことに化粧品にも合成界面活性剤を使用した商品はたくさんあるのです。そのカラクリをご紹介します。

合成界面活性剤が化粧品に使われるわけ

1x1.trans ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?
界面活性剤は、水と油を混ぜて乳化させることで油汚れをとるので、洗浄剤に使われることが多いです。が、化粧品にも、乳化剤として使われているのです。しかも、石油由来の合成界面活性剤が使われている可能性もあります。

化粧品に界面活性剤が使われるのは、
・保湿剤
・乳化剤
・防腐剤
・クレンジング剤
・浸透剤

の役割で添加されますが、化粧品は有効成分が肌に浸透しやすいように作られているので、より経皮毒の危険性が高いと言えます。
「肌の内部にしみ込んでぷるるん肌」、「中からキレイに」といったうたい文句・・。有害な物質を体内に??とちょっと怖い気もしますが。。

クリーニングにも環境ホルモン?

何気なく出しているクリーニングにも、実は環境ホルモンの危険が潜んでいます。

ドライクリーニングや蛍光増白剤、柔軟仕上げ剤などにはダイオキシンなどの環境ホルモンが入っている可能性があるというのです。

もちろんそれらは衣服に残留しますので、揮発した成分が呼吸器官から、また服を着ることによって皮膚から、有害成分が侵入する可能性はゼロではないのです!

合成界面活性剤は、洗濯物にも残留?

1x1.trans ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?
アレルギーやアトピーの方は、洗濯洗剤や柔軟剤にも気をつけてください。合成界面活性剤は、洗濯した後も衣類に残り、アレルギーやアトピー性皮膚炎の原因にもなります。

つまり、これは洗濯物が肌に触れることで、経皮毒の危険性があるということです。肌に直接触れるものには、本当に気をつけたいですね!

最近では経皮毒の危険性を知った美容院やクリーニング店では安全な製品を使用しているところも増えているようです。家の中以外にも目を向けて、より安全なお店を選びましょう!

48

 - ダイオキシン, 環境ホルモン, 経皮毒 , , ,

『ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

ヒトの精子が減少!原因は環境ホルモンかも?
ヒトの精子が減少!原因は環境ホルモンかも?

少子化が問題とされていますが、実は成人男性の精子数が減っているという衝撃的な事実 …

その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう
その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう

妊娠した理由以外で婦人科を訪れることに抵抗がある女性は少なくありません。 恥ずか …

皮膚から、毒が侵入する「経皮毒」とは?
皮膚から、毒が侵入する「経皮毒」とは?

普段何気なく使っているもので、肌に直接触れるものって、結構たくさんありませんか? …

有効成分や植物エキスは、肌の中へしみ込まない!
有効成分や植物エキスは、肌の中へしみ込まない!

最近は、コマーシャルであたかも肌の奥へいい成分がしみ込んで届くような表現を多く見 …

スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ
スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ

米国生殖生理学会評議員や日本薬理学会学術評議員など歴任する稲津教久氏は、数々の著 …

環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?
環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?

あるアメリカの実験で、子宮内膜症の起こる要因となる衝撃的な事実が明らかになりまし …

食物連鎖のトップは人間。濃縮汚染から守るためには
食物連鎖のトップは人間。濃縮汚染から守るためには

食べ物には気をつけていても、知らず知らず汚染されたものを口にしていることがありま …

あなたの経費毒危険度チェック!日頃どのくらい意識している?
あなたの経費毒危険度チェック!日頃どのくらい意識している?

あなたは普段の生活で、どのくらい経費毒の危険を意識しているでしょうか?決して神経 …

胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART1】
胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART1】

母親から子どもへ受け継がれる環境ホルモンの被害のことを「継世代毒性」としてご紹介 …

有害化学物質や経皮毒から身を守るには
有害化学物質や経皮毒から身を守るには

戦後以降に生まれた現代人は、胎児の時に化学物質汚染の影響を受け、生まれながらに婦 …